格安SIMのデメリット

2016.05.27 初心者向け
kv

何かと話題の多い格安SIMですが、利用する際や大手キャリアから移転する際にどうしても避ける事が出来ないデメリットもあります。なかには、工夫次第で対策も出来ますが、少し面倒だったり、難しかったりとなかなか大変です。そこで、ここでは格安SIMのデメリットについて紹介していきます。

目次

キャリア並の通信速度は期待できない キャリアメールが使えない 通話料金が高くなってしまう 「スマホ」と「ガラケー」の二台持ち 実店舗が少ない まとめ

キャリア並の通信速度は期待できない

まず、格安SIMで避けては通ることのできないのが通信速度です。
格安SIMは基本的に大手キャリアが保有している通信設備の一部を間借りし、それを分割することによってサービスを提供しています。そのため、大手キャリアと比べると、どうしても通信速度は遅くなってしまいます。
これは格安SIM回線を提供する会社(MVNO)としても公に認めていることであり、キャリアには太刀打ちできなくても満足できるサービスを提供するために、様々な企業努力を行っています。例えば、一時的に高速通信を利用する事で多少読み込みを早くする「初速バースト」や「公衆Wi-Fiサービスのセット提供」、そして、「高速通信と低速通信の使い分けを工夫して利用者の体感速度を上げる」などがあります。

キャリアメールが使えない

大手キャリアから乗り換えする際のデメリットとして、キャリアメールを持ち込む事が出来ないという問題があります。携帯番号においてはMNP制度がありますので、大きなデメリットにはならないかもしれません。
今はSNSやフリーメール、チャットアプリが普及しているため、キャリアメールが無くても困る事があまりなくなったかもしれません。しかし、スパムメール対策としてキャリアメール以外を受け付けないフィルター設定をしている方などにとっては、不都合が生じるでしょう。
一部の格安SIMではオプションでSMSが利用できるものもありますので、どうしても付帯させたい方は検討してみましょう。

大容量のおすすめプランはこれ!

mineo(マイネオ) auプラン デュアルタイプ 5GB

利用可能
サービス

  • ネット利用可能
  • 電話利用可能
  • メール利用可能
  • アプリ利用可能
  • 動画利用可能
通信回線企業: au回線
  • 下り最大速度

    225Mbps

    高速
  • 月額料金(税込)

    2,365円/月

  • 月間データ量

    5GB/月

こちらのプランは株式会社ケイ・オプティコムが展開しているmineoのプランです!
安心のau回線なので日本国内ほとんどのエリアで使用していただくことが可能です、また月のデータ量も5GBあるので月間データ量が8GBなどで今のデータ量では少し余ってしまうという方には特におすすめです。
音声通話機能も付いていてMNPにも対応しているので今お使いの電話番号をそのまま使うことが可能です!

通話料金が高くなってしまう

contents_image

格安SIMはデータ通信自体の基本料金は安くなるMVNOが多いですが、音声電話の利用料金となると大手キャリアと変わらない、もしくは割高になる場合が多いです。大手キャリアにはある通話料金の割引やかけ放題サービスも、MVNOではない場合がほとんどです。そのため、どうしても格安SIMの通話料金は高くなってしまいます。
対策としては、SkypeやLINEなどのチャットアプリで無料通話をするなどがありますが、それだと不便に感じる方もいらっしゃることでしょう。

「スマホ」と「ガラケー」の二台持ち

contents_image

普段からよく通話をする人やキャリアメールがどうしても必要な人は、大手キャリアのガラケーと一緒に利用する2台持ちをオススメします。
ガラケーはスマホよりも料金が低く設定されている上に、キャリアサービスの無料通話も付いています。
そこで通話やキャリアメールについては大手キャリアのガラケーを使い、その他データ通信などは格安SIMでスマホやタブレットを使うと良いでしょう。

実店舗が少ない

contents_image

格安SIMは安価にサービスを提供するために、実店舗を持たずネットのみで受付している会社がほとんどです。そのため、端末やSIMカードは郵送となるためやや時間がかかる場合があります。
最近ではこのような「お客様の声」に応えるように、大手家電量販店と組むなどして実店舗にてサービスを提供するMVNOも増えてきました。また、実店舗を持たない分、これまでの大手キャリアのWEBサイトよりもわかりやすいサイトを用意しているMVNOが多くありますので、その様なさまざまなMVNOのWEBサイト見て回るのも良いでしょう。

まとめ

ポイント1

格安SIMを使うなら、通信速度が大手キャリアよりは劣ることが多い

ポイント2

キャリアメールが使えない場合がある

ポイント3

通話料金は割高になりやすい

大容量のおすすめプランはこれ!

UQ mobile(ユーキューモバイル) データ高速+音声通話プラン

利用可能
サービス

  • ネット利用可能
  • 電話利用可能
  • メール利用可能
  • アプリ利用可能
  • 動画利用可能
通信回線企業: au回線
  • 下り最大速度

    150Mbps

    高速
  • 月額料金(税込)

    1,814円/月

  • 月間データ量

    3GB/月

こちらのプランはUQ-mobileの提供している音声通話SIMのプランです。
au回線を使用しているので全国エリアで快適にウェブやSNSなどを楽しめます。また、即時回線切り替えが可能なので他社からのお乗換えでもスマホをすぐに使用することも可能です!
データ容量のくりこしも可能なので月々余ったデータ容量を翌月に使用できるので無駄なくデータ容量を使うことができます!

ページトップ