格安SIMの手続き、手元に届いてから開通まで

2016.06.03 初心者向け
kv

格安SIMが様々な会社からサービス提供されユーザーは自分に合わせたプランを選択できるようになりました。とはいえキャリア携帯に比べるとその普及率はまだまだです。今回は、これから格安SIMへの切り替えを検討している方や格安SIMに興味を持ち始めた方へ格安SIMの契約から利用までの流れと注意点について解説します

目次

格安SIMの入手 格安SIMに使用する端末の選択 回線サービスの選び方 回線契約の一般的な流れ 手配はスマホを先に まとめ

格安SIMの入手

格安SIMを手に入れるには、MVNOの通信会社と通信サービスを契約します。
MVNOとは、ドコモやau大手通信会社から、回線網を借りて営業されている通信会社です。このMVNOと契約すると、サービス利用のために、MVNOの通信会社からICカードが貸与されます。このICカードが、広く格安SIMと呼ばれています。サービス全体を指して、格安SIMと呼ばれます。

格安SIMに使用する端末の選択

格安SIMを利用するためには端末MVNOでは、SIMフリーのスマホを使用するのが一般的です。SIMロック解除により、対応端末も増え選びやすくなりました。端末を選ぶ際は以下に注意しましょう。

・端末の電波周波数
端末が回線会社の電波周波数に対応していないと利用できない場合があります。事前に端末が利用できる電波周波数を確認しておきましょう

・SIMカードのサイズ
SIMカードにはサイズがあり、サイズが合わないと利用できません。事前のサイズ確認は必須です。もしサイズが違う場合は、携帯会社で交換してもらう方法やSIMカードアダプターやSIMカードカッターなどで調整する方法もありますが、自分で行う場合は失敗のリスクもあるので気をつけましょう。

・そもそもSIMロック解除端末か
古い端末の場合、SIMロック解除の対象でない端末もあります。各携帯会社のHPから確認できるので要確認です。

メールアドレスがもらえるおすすめのプランはこれ!

mineo(マイネオ) auプラン デュアルタイプ 5GB

利用可能
サービス

  • ネット利用可能
  • 電話利用可能
  • メール利用可能
  • アプリ利用可能
  • 動画利用可能
通信回線企業: au回線
  • 下り最大速度

    225Mbps

    高速
  • 月額料金(税込)

    2,365円/月

  • 月間データ量

    5GB/月

こちらのプランは株式会社ケイ・オプティコムが展開しているmineoのプランです!
安心のau回線なので日本国内ほとんどのエリアで使用していただくことが可能です、また月のデータ量も5GBあるので月間データ量が8GBなどで今のデータ量では少し余ってしまうという方には特におすすめです。
音声通話機能も付いていてMNPにも対応しているので今お使いの電話番号をそのまま使うことが可能です!

回線サービスの選び方

contents_image

回線サービスを選ぶ際に、現在のスマホの使い方を把握することが大切です。把握したら、条件と予算に見合うものをピックアップして、絞り込んでいきます。まず、契約する回線で音声通話をするかどうかを考えましょう。MVNOでは、基本料金を安く使える分、大手3社のような通話定額などはありません。音声通話は従量制で、発信した分だけの料金が追加でかかります。使い方によっては、大手3社の定額プランの方が安くなることもあるため慎重に検討しましょう。通話もLINEやSkypeを利用している方はデータ通信での利用となるので音声通話は必要ありません。

次に、SMSが必要かどうかを考えます。LINEやFacebook、mixiなどのSNSを使いたい場合は、SMSサービスは必要になる場合があります。登録時や、設定変更時にSMSで確認コードを受信するので、使用するスマホでこれを受け取れないと利用できなかったりします。

通話の有無、SMSの有無を確認したら、必要な通信量を見積もります。
現在契約している通信サービスの明細があれば、月にどれだけパケット通信を使うか確かめておきます。
確認した通信量に合わせて、契約プランを選びます。目安の通信量がわからない場合、通信量が少なめのプランを契約して使ってみるのもおすすめです。基本料金に含まれた通信量を超えても、通信速度は制限されるものの、基本的にいきなり切れることはありません。

回線契約の一般的な流れ

contents_image

MVNOの回線契約は、各通信会社のWEBから申し込みが出来ます。家電量販店やネット通販などで、手続きに必要なものがパックとして販売もされています。一部の家電量販店で、店頭にカウンターを設け、当日に開通させることが可能なサービスもあります。WEBと通販では本人確認など手続きが別に必要で、時間がかかります。本人確認書類とクレジットカードをあらかじめ準備しておきましょう。
本人確認書類は、運転免許証、健康保健証、パスポート、住民基本台帳カード、在留カードなどです。店頭以外での本人確認は、書類を写真に撮り、その画像を指定の方法で送付するなどの方法で行います。SIMのサイズの選択をしますが、使用する機種に合わせ間違わないようにします。

手配はスマホを先に

contents_image

手配のタイミングで、スマホとSIMが同時に揃わないことがあります。回線契約は、手続きが完了した時点から月額料金がかかってしまいます。SIMが到着した段階でスマホが手元にないと、使えない期間の分が無駄になってしまいます。先行してスマホの手配をする方がよいでしょう。両方が手元に揃ったら、スマホの充電を済ませてSIMを挿入し、正常動作を確認したら無事開通です。

まとめ

ポイント1

SIMカードは端末によって電波周波数やサイズを考慮して検討すること

ポイント2

サービスは多岐に渡るので、サービスを選ぶ際は現在の自分の利用状況を把握してから選択しましょう

ポイント3

契約の際に本人確認資料を準備しておくとスムーズ

メールアドレスがもらえるおすすめのプランはこれ!

UQ mobile(ユーキューモバイル) データ高速+音声通話プラン

利用可能
サービス

  • ネット利用可能
  • 電話利用可能
  • メール利用可能
  • アプリ利用可能
  • 動画利用可能
通信回線企業: au回線
  • 下り最大速度

    150Mbps

    高速
  • 月額料金(税込)

    1,814円/月

  • 月間データ量

    3GB/月

こちらのプランはUQ-mobileの提供している音声通話SIMのプランです。
au回線を使用しているので全国エリアで快適にウェブやSNSなどを楽しめます。また、即時回線切り替えが可能なので他社からのお乗換えでもスマホをすぐに使用することも可能です!
データ容量のくりこしも可能なので月々余ったデータ容量を翌月に使用できるので無駄なくデータ容量を使うことができます!

ページトップ