SIM・スマホ情報館

格安SIM・格安スマホ(5) MNP(3) MVNO(3) データ量・データ関連(2) 通話関連(2) 特徴・おすすめ(2) docomo(2) au(2)

棒グラフを赤いサインペンで書く

データ通信の段階定額があるMVNOを紹介・比較!!

毎月のデータ通信量がバラバラで安定せず、月途中にデータの追加チャージをして結局料金が高くなってしまうことってありませんか?せっかく格安SIMへ乗り換えたのに、これでは以前の大手携帯キャリアの時に加入していたパケット定額プランの方が安くなる…など本末転倒になりかねません。ただ毎月の使用料金が違うからプランを選ぶのが難しいという方もいるでしょう。 そこで今回の記事では、データ通信量が段階定額制のプランを用意しているMVNOを紹介・比較していきます。

考える女性

ソフトバンクで買った端末で使えるオススメ格安SIM

MVNO(格安SIMを提供している会社)の通信網として良く使われているのは、docomoの回線です。docomo、auに続き、ソフトバンク回線のMVNOもあるのか気になるところですよね。 そこでこの記事では、ソフトバンク回線の格安SIM・MVNOについて紹介や、どのような手続きが必要なのかについて解説していきたいと思います。

豚の貯金箱

格安SIMの通話料金を抑える方法をご紹介!

格安SIMといえば月額料金が安いことで注目されていますが、デメリットもあります。その一つとして挙げられているのが「通話料金」です。 ほとんどの格安SIM会社の通話料金は、20円/30秒程で大手キャリアと大差はないものの無料通話分が無いことから、ほんの少し割高感があるかもしれません。しかし、格安SIMはちょっとした工夫次第で通話料金を無料、または半額に抑えることが出来ます。 そこで、この記事では格安SIMの通話料金を抑えたいという方にぴったりのMVNO(格安SIMを提供する会社)やその他通話料金を抑える方法をいくつか紹介したいと思います。

落ち込む女性

格安SIMもデメリットがある!対策方法も合わせて紹介!

「月々の携帯電話やスマートフォンなどの支払い代金を安くしたい。」そう思って格安SIMへの変更を考える方も多いと思われます。しかし格安SIMに乗り換えるには、それに伴うデメリットがあります。ここでは格安SIMについてのデメリットや、その対策方法などを紹介してきたいと思います。

タブレット操作

SIMフリータブレットを使うならオススメMVNOを紹介

格安SIMへ変更してスマホの月額料金を安くしたいと思う方も多いでしょう。しかしタブレットも格安SIMへ変更できるって知ってましたか? 今回の記事では主要タブレットで格安SIMへ変更する場合の注意点と、タブレットでオススメしたいMVNOの紹介をします。

スマホを操作

DSDSって何??格安SIMで必要なの??

多くのMVNO(格安SIMを提供する会社)が存在し、格安SIMへ変更後、スマホの月額料金を安く抑えることができるようになってきました。 しかし格安SIMはデータ通信専用の端末として持って、通話の時だけはガラケーを使っているという2台持ちの方もまだいるのではないでしょうか。 今回の記事では端末内にSIMを2枚挿せるデュアルSIM(DS)の種類から、メリットデメリット、使用可能端末の一部紹介まで行っていきます。 SIMが2枚挿せるということは1つをデータ通信用・もう1つを音声通話用と分けることができるので、スマホ・ガラケーの2台持ちにおさらばできるかもしれません!

姉弟がソファでゲームとタブレット

テザリングができる格安SIMとオススメプランをご紹介

ノートパソコンなどの端末を外出先でインターネットにつないで楽しみたい場合、モバイルWi-Fiルーターを使用するか無料Wi-Fiスポットを選ぶなどの方法があると思います。 最近はスマートフォンのテザリング機能経由でインターネット接続をしている方もいるのではないでしょうか。 この記事ではテザリングの意味や種類についての解説から、格安SIMでもテザリングができるかまでをご紹介していきます。

スマホを見て驚く女性

LINEの無料通話はどのくらい通信量を使うのか解説!!

格安SIMへの乗り換えを考える人が乗り換えに踏み切れない原因の1つに、本当にお得になるか分からない、ということがあげられるでしょう。 実際格安SIMを提供するMVNO(※1)の中には、音声通話のかけ放題プランがないところもあります。大手携帯キャリアではかけ放題プランがあるので、乗り換えたときに「以前の方が安かった…」とならないためにオススメなのがLINEの無料通話です。 この記事ではLINEの無料通話が実際どのくらい通信量を使うのか、他の無料通話サービスとの比較、MVNOのプランを利用すると月額料金はいくらになるのかを紹介・解説していきます。 ※1: MVNOとは… 大手キャリアから通信回線を借り受けており、莫大な初期投資や維持費用を負担せずに運営できている格安SIMを提供している会社のこと。

分岐路に立つ男性

Y!mobileとその他格安SIM提供業者、どっちがお得?

格安SIMを提供する会社の中でも異色の存在のY!mobile。「異色」の理由は自社の通信回線を使用してサービスを展開しているところです。一方で、格安SIMを提供するMVNOは、維持費がかかる自社の通信回線を持たず、大手携帯キャリアのドコモ・au・ソフトバンクの通信回線を借りてサービスを提供しています。そんなY!mobileの強みや他MVNOとの比較を今回紹介していきます。 MVNOについて詳しくはこちらから確認

hi-150

SIMカードの種類・選び方・変更方法について

SIMカードという言葉を初めて聞いたという方も多くいらっしゃるでしょう。 今使っているスマホや携帯電話の多くは通信、通話に必要となっている契約者の情報を含んだSIMカードが差し込まれています。 そして最近では、SIMカードを入れ替えるだけで簡単に機種変更ができ、月額料金もグンと安くなるといった格安SIM事業社が注目されています。しかし、格安SIM事業社の多くは店舗を構えていない為、利用を開始するには自身でプランなどを選択し、設定までを行わなければならない事が多く見受けられます。 自分に合ったプランを選ぶ事と同じように、自分が使いたい機種に合ったSIMカードも選択しなければいけません。「せっかく格安SIMにしたのに使えない」といった事がないようにこの記事ではSIMカードについて解説しています。

handshake-150

KDDIがBIGLOBE買収!これからBIGLOBEはどう変わる?

動画や音楽の通信量を気にせずに楽しみ放題になるエンタメフリー・オプションや、全国86,000カ所のWi-Fiスポットを無料で利用できるモバイルサービス、更にインターネットプロバイダーとしても有名なBIGLOBEですが、2016年12月8日にKDDI株式会社との株式譲渡契約を締結しました。 そこでこの記事ではこれからBIGLOBEの格安SIMはどう変わるのか予想し、現在のBIGLOBEにどういった料金プランなどがあるのかも紹介していきたいと思います。

daytime-150

LINEトークで気軽に質問ができるLINEモバイルのいつでもヘルプ

LINEモバイルは、LINEアプリのトークで質問や問い合わせができるチャットサービス「いつでもヘルプ」の提供を2016年12月14日より開始しています。 これによりLINEモバイルについての質問はLINEのトーク形式で行えるようになり、ユーザーは24時間いつでも回答を得ることができるようになっています。 そこでこの記事では、LINEモバイルのいつでもヘルプの利用方法などを紹介していきたいと思います。 またLINEモバイルのプラン内容も紹介しているので、紹介されているプラン内容で何か分からないことがあれば是非LINEモバイルのいつでもヘルプを使って質問してみましょう。

garaho-150

イオンモバイルが販売開始!SIMフリーガラホって?

格安スマホが注目されている中、2016年12月11日よりイオンモバイルは通話料が半額になるSIMフリーガラホの販売を開始しました。 ガラケーからなかなかスマートフォンに切り替えられなかったという方は、この記事でスマホの前にガラホデビューしてはいかがでしょうか。

men-sumaho-150

1台で2つの電話番号が使える!モトローラ Moto G4 Plus

2016年7月に発売されたモトローラ Moto G4 Plus(以下、Moto G4 Plus)は、2つのSIMカードが利用できる格安スマホです。 音声通話用とデータ通信用、ビジネス用とプライベート用などといった用途別に使い分ける事ができ、これまで携帯電話を2台持ちしていた方にはオススメの機種です。 記載されている価格は全て税抜き価格となっています。

surprised-150

Alcatel IDOL4なら格安でVRが体験できる!

2016年11月22日に発売されたAlcatel IDOL 4は、業界初のVR BOXを標準搭載した格安スマホです。IDOL 4はVRを体験できるだけでなく、迫力のある音楽を楽しめたり、上下逆さまの状態でも通話ができる、ユニークな独自機能が満載な格安スマホです。 記載されている価格は全て税抜き価格になります。

girls-sumaho150

シャープ AQUOS SH-M04は使いやすさ満点の格安スマホ!

おサイフケータイ、防水防塵機能などに対応したSHARP AQUOS SH-M04(以下、SH-M04)の特長やスペック、購入できるMVNOなどを紹介します。 SH-M04は便利な機能が搭載されているのはもちろんですが、シャープ独自の人口知能「エモパー」を搭載しているので、より愛着を持って楽しめるスマホになるはずです。 記載されている価格は全て税抜き価格となっています。

door-woman-150

片手に収まる簡単スマホ「ZenFone 3 Max」について

Zenfone 3 Maxは、大容量バッテリーが搭載されていながらコンパクトなサイズなので女性にも持ちやすい格安スマホです。 価格は2万円程度で購入でき、簡単モードや使用できるアプリを制限できる機能などもあるので格安スマホ初心者の方からお子様用にも最適な機種です。 ※記事内の値段は全て税抜き表記です。

sumaho-arth150

HUAWEIの最上級スマホ「Mate 9」の特長やスペックを紹介!

2016年12月13日に発売した「HUAWEI(ファーウェイ) Mate 9(以下、Mate 9)」は5.9インチの大画面ディスプレイに、4000mAhの大容量バッテリー、ライカのダブルレンズを備えたカメラなど、高性能な機種となっています。 この記事は、Mate 9の特長やスペック紹介の他にも、前機種「HUAWEI Mate S」との比較や、Mate 9を購入できるMVNOの料金プラン紹介などをまとめています。 ※記載されている価格は全て税抜きとなっています。

男性とスマホ

最新格安スマホKIWAMI 2!特徴やスペックを徹底解説!

FREETELの最新格安スマホ「SAMURAI KIWAMI 極2(以下、KIWAMI 2)」は、10コアCPUを搭載したことで動作状況に合わせて高速処理、省電力を自動で切り替えてくれます。 その他にも、デュアルSIMデュアルスタンバイに対応しているので、1台のスマホでビジネス用・プライベート用に使い分けたいという方にオススメの機種です! この記事はKIWAMI 2の特長やスペック紹介、前作シリーズとの比較、オススメの料金プラン、お得になる最新のキャンペーン情報をまとめた記事となっています。 ※記事内で記載されている価格は全て税抜きとなっています。

woman-jidori

カラフルな6色カバー!「Priori 4」のスペックや利用可能な格安SIMを紹介!

カラフルな6色のバックカバーに、4,000mAhの大容量バッテリーを搭載したFREETELの格安スマホ「Priori 4」。 その他、サブカメラの画素が向上したことから、自撮りもキレイに写せます。またシーンに応じたオートモードに加え、美肌モードやパノラマモードなど様々な撮影機能が充実しているPriori 4の様々な機能など紹介していきます。 Priori 4は2017年1月27日発売予定で、現在は予約販売となっています。(2017年1月12日現在)

ページトップ