乗り換えの前にチェック!MNPのやり方・手順、注意点を解説

mnp

MNPとは、モバイル・ナンバー・ポータビリティーの略で、現在利用している携帯・スマートフォンの電話番号のまま他社に乗り換えが行えるサービスです。
ここでは、MNPのやり方・手順、MNPを行う際の注意点について解説をします。MNPを利用して他社乗り換えを考えている方は参考にして下さい。

目次

他社携帯・スマートフォンへの乗り換え(MNP)の流れ MNPを行う際の手数料について MNPを行う際の注意点 まとめ

他社携帯・スマートフォンへの乗り換え(MNP)の流れ

他社携帯・スマートフォンへ番号そのままで乗り換えを行う場合、まずは現在利用している通信会社に連絡をしてMNP予約番号を取得する必要があります。このMNP予約番号は、乗り換えを行う通信会社で申し込み手続きを行う際に必要になります。

ステップ1.MNP予約番号の取得方法

MNP予約番号を取得する場合は、主に電話、インターネット、店頭窓口を利用して簡単に取得する事ができます。

例えば、電話の場合は「MNP予約番号を発行してほしい」と伝えるだけでオペレーターが予約番号の取得手続きを行なってくれます。

また、乗り換え先の通信会社の店舗に行けば、スタッフが予約番号の取得を手伝ってくれるため、申し込みと同時進行で取得する事も可能です。(実店舗がある場合に限る)

大手キャリア3社のMNP予約番号の発行方法
電話 インターネット 店頭窓口

ドコモ

ドコモ携帯からのTEL:151
一般電話から
TEL:0120-800-000
受付時間 9:00~20:00

My docomoから申し込み

ドコモショップ各店
※手続きには、免許証などの本人確認書類が必要

au

au携帯電話・一般電話共通
TEL:0077-75470
受付時間 9:00~21:30

EZwebから。auケータイのみ利用可能
※スマートフォン、iPhoneからは申し込み不可

auショップ、PiPit各店
※手続きには、免許証などの本人確認書類が必要

ソフトバンク

ソフトバンク携帯からのTEL:5533
一般電話から
TEL:0800-100-553
受付時間 9:00~21:30

My SoftBankから。3Gケータイのみ利用可能
※スマートフォン、iPhone、4Gケータイ、AQUOSケータイからは利用不可

ソフトバンクショップ各店
※手続きには、免許証などの本人確認書類が必要

ステップ2.MNP予約番号を取得したら乗り換え先の会社へ申し込み

MNP予約番号を取得したら、乗り換え先の通信会社へ新規申し込みを行います。格安SIMの場合、インターネット申し込みが基本ですが、なかには店舗を設置しているところもあります。そのため、申し込み手続きに不安を覚える方は店舗申込がおすすめです。

MNPを行う際の手数料について

money

MNPを行う場合はMNP転出手数料が必要になる

MNPを行う場合、3大キャリア・格安SIMともに、転出手数料が必要になるということも覚えておきましょう(携帯電話料金の支払い時に請求)。多くの場合、転出手数料は2,000円~3,000円となっていますが、場合によっては1万円を超える事もあります。そのため、転出前には確認しておきましょう。

・大手キャリア3社のMNP転出手数料
ドコモ au ソフトバンク

2,000円

3,000円

3,000円

乗り換え先で契約事務手数料が必要になる

他社携帯・スマートフォンに乗り換えを行う場合、乗り換え先で3,000円程度の契約事務手数料が発生する場合がほとんどです。そのため、前述のMNP転出手数料と合わせると、5,000円~6,000円の手数料が必要になります。

・MNPを行う際の手数料
元々利用している通信会社 これから乗り換える通信会社 合計

MNP転出手数料 2,000円~
3,000円

契約事務手数料 3,000円

5,000円~6,000円

MNPを行う際の注意点

men-sumaho

格安SIMは携帯・スマートフォンが一定期間利用できなくなる場合がある

格安SIMを利用する場合、申し込み後、SIMが自宅に届くまでの数日間、電話などが利用できなくなる場合があります。そのため、これを回避したい場合には、店舗申込またはSIMが届いてから自分で転入を行えるサービス・プランを利用する必要があります。

格安SIMへの乗り換えはクレジットカードが必要

ドコモ、au、ソフトバンクの場合は口座振替を利用する事ができますが、格安SIMは口座振替に対応していない場合がほとんどです。そのため、クレジットカードを持っていない方は、利用可能な格安SIMが制限されてしまいます。

MNP予約番号の有効期限は取得してから15日間

MNP予約番号の有効期限は取得した日を含め15日間となっています。予約番号を取得した場合は、すぐに乗り換えを行う事がほとんどだと思われますが、もし有効期限を過ぎてしまった場合には再取得が必要になるという事を覚えておきましょう。

まとめ

・MNPを行う場合、MNP予約番号の取得が必要になる
・MNPを行う場合、MNP転出手数料と契約事務手数料が発生する
・格安SIMへMNPを行うと、一定期間携帯・スマートフォンの利用ができなくなる場合がある

ページトップ