圧倒的な通信速度と安定性と充実サポート!ソフトバンク以外からの乗り換えでさらにおトクに!

Y!mobile(ワイモバイル)のオススメ ポイント

  • プラチナバンドを含むソフトバンク通信網を利用、通信速度や安定性は随一の格安SIM!
  • 最大50時間の「通話無料サービス」付きでこの価格はお得すぎる!
  • 他社からの乗り換えで、今なら「月額1,080円割引」+「2年間容量2倍」に!嬉しい割引!
カードサイズ
  • 標準
  • マイクロ
  • ナノ
最安料金プラン

2,138円

初期手数料

3,240円

送料

0円

お届け目安

3日〜1週間程

支払い方法

・クレジットカード
・口座振替

メニュー

端末一覧

スマートフォンスマートフォン

Y!mobile(ワイモバイル)の主な仕様

  • 利用不可能 ・・・利用不可能
  • 追加料金必要 ・・・追加料金必要
  • 利用可能 ・・・利用可能
  • プラン変更

    プラン変更はお申し込みの翌月1日より適用

  • データ量の追加

    500MBで500円/回

  • データ量の繰越し

    利用できません

  • 専用アプリ

    利用できません

  • 高速通信のON/OFF

    利用できません

  • 公衆無線LANサービス

    ソフトバンクWi-Fiスポット

オプションサービス

オプションサービス名 内容 料金
サポートサービス 会員用お問い合わせ窓口から可能 0円/月
データ移行サービス - -
端末交換オプション 万が一のトラブルが発生した場合に備えたサービスです 500円/月
セキュリティオプション あんしん基本パック 500円/月
端末交換+セキュリティセット - -
MMSメールサービス - -
ネットワーク暗証番号変更 契約者窓口から可能です 0円
パケットギフト - -
IP電話 - -
国際ローミングサービス 月額利用料金は0円ですが、使用時に従量課金がされます。※データSIMでは使用できません。 0円
動画配信サービス - -

Y!mobile(ワイモバイル)の詳細

はじめに

1.Y!mobile(ワイモバイル)とは

■ソフトバンクのサブブランド「Y!mobile(ワイモバイル)」

Y!mobile(ワイモバイル)はYahoo!JAPANのブランドで展開しているソフトバンクが運営する格安通信サービス会社です。元は「イー・モバイル」「ウィルコム」という名称でしたが、ソフトバンクグループ傘下になり統合され、社名も「Y!mobile(ワイモバイル)」となりました。「イー・モバイル」「ウィルコム」が比較的安価な料金でサービス提供していたこともあり、それを引き継ぐY!mobileも親会社であるソフトバンクと比べ安価なモバイルサービスを展開しています。

ソフトバンクのサブブランドY!mobile(ワイモバイル)

■Y!mobile(ワイモバイル)はMVNOではない

Y!mobile(ワイモバイル)は厳密には格安SIM業者に多いMVNOではありません。一般的なMVNOのようにdocomoやauから通信回線をレンタルすることで設備投資や維持費をかけず安い月額料金でサービスを提供しているわけではなく、大手キャリアのように自社の通信回線を用い低料金でのサービス提供を実現しています。また、「ソフトバンク」「イー・モバイル」「ウィルコム」の回線を使用しているので、一般的なMVNOよりもより多くのエリアをカバーすることが可能になっており、繋がりやすさや通信速度も大手キャリアに引けをとりません。

■格安SIMなのに「通話し放題」

大手キャリアでは「かけ放題」などの電話料金固定のプランもありますが、格安SIMは無料通話サービスが用意されていないことが多く、通話料は20円/30秒という料金設定がほとんどです。そのため電話をよく利用する方の場合、通話のしすぎで結果的に格安SIMのほうが高くつくなんてこともあり得ます。Y!mobileの場合は、データ通信のみを行う格安SIMとは異なり、音声通話も含めた料金体系となっているので、全体的にプラン料金が高額になっています。
Y!mobile(ワイモバイル)では、月額料金が他社と比べあらかじめ高額に設定されていますが、その代わりに、すべてのプランで「10分以内・月300回まで通話無料」になります。これをフルで使った場合、なんと50時間まで無料通話できることになります。ここまで通話に特化した格安SIMは他になく、「ワンキュッパ割」というキャンペーンを適用すれば、実質1,980円で無料通話もデータ通信も楽しめるので、総合的なおトク度は他社と比べても高いと言えます。他にもオプションで「スーパーだれとでも定額(月額料1,000円)」を利用すると、「だれとでも」「何時間でも」「何回でも」無料でかけ放題になるので、連続通話時間も料金も回数も気にせず通話を楽しむことができます。通話も重視し、データ通信料も安く抑えたい方はY!mobile(ワイモバイル)を選ぶと間違いないでしょう。

■全国1,000店舗で安心のサポート体制

一般的なMVNOは、低料金を維持するため実店舗を持たず、電話やネットでのサポートが中心です。しかし、Y!mobile(ワイモバイル)はその2つのサポートの他、ソフトバンクバックアップの元1,000店にのぼる実店舗を展開しています。電話やネットでは解決できないトラブルや急な故障の際に、実店舗で相談することができるY!mobile(ワイモバイル)は、サポートの充実度において一般的なMVNOよりも高いと言えるでしょう。
Y!mobile(ワイモバイル)よりも安い料金で利用できる格安SIMはたくさんありますが、「通話よし」「通信速度よし」「定額プランなどのオプションよし」「サポート体制よし」と、ここまで総合力の高い格安SIMは他にありません。他社と比べてやや高い料金プランだからといって選択肢から外すには惜しい存在でしょう。

Y!mobile(ワイモバイル)はこういう人におすすめ!

Y!mobile(ワイモバイル)はこういう方におすすめ! Y!mobile(ワイモバイル)はこういう方におすすめ!

乗り換え、解約方法

2.Y!mobile(ワイモバイル)へのMNP方法

使用している電話番号をそのままで他社に乗り換えることができるMNP(モバイル・ナンバー・ポータビリティ)ですが、Y!mobile(ワイモバイル)にもMNPで乗り換えることが可能です。

■Y!mobile(ワイモバイル)へのMNPの流れ
  • 1. 現在のキャリアからMNP予約番号を取得する
  • 2. MNP予約番号を使ってY!mobile(ワイモバイル)に申し込む
  • 3. Y!mobile(ワイモバイル)から格安SIMが配送される
  • 4. Y!mobile(ワイモバイル)の公式サイトでMNPの切り替え手続きを行う
  • 5. MNP完了

3.Y!mobile(ワイモバイル)のプラン変更方法

たくさんのプランがあるY!mobile(ワイモバイル)ですが、実際に使ってみてデータ容量が足りなかったり多すぎたり、通話機能が途中から必要になった際にプランを変更することが可能となっています。ただ、いつでもプラン変更ができるわけではないのと、プラン変更時に手順を踏まないといけないこともあるので、下記でプラン変更のタイミングと手順について説明していきます。
まず、Y!mobile(ワイモバイル)でプランを変更する場合、21時までに申し込むと翌月から適用となります。ただ、請求締日の21時以降の申し込みの場合には翌々月からの適用となる場合があるのでご注意ください。
プラン変更の申込みはY!mobile(ワイモバイル)の公式サイト内のマイページから行うことができます。

■プラン変更申込みの流れ
  • 1. Y!mobile(ワイモバイル)公式サイトの「My Y!mobile(ワイモバイル)」にログイン
  • 2. プラン変更メニューへ
  • 3. 変更したいプランを選択する
  • 4. 内容を確認してプラン変更の申込み完了

また、一度申込みしてから、やっぱり今のままで良いとなった場合や、別のプランにしたくなった場合でも25日までならいつでもキャンセルや変更が可能となっているのでご安心ください。

4.Y!mobile(ワイモバイル)の解約方法

Y!mobile(ワイモバイル)は現時点でウェブ上での解約が不可能となっているので、店頭もしくは郵送での解約手続きになります。

■Y!mobile(ワイモバイル)ショップでの解約手続き

①ご契約者様の本人確認書類
②印鑑
③契約中の端末(SIM)
以上3点をご準備のうえY!mobile(ワイモバイル)ショップで解約手続きを行ってください。
※契約者のご家族が代理で手続きを行う場合は、上記に加えて、④来店するご家族の方の本人確認書類⑤ご家族であることが証明できる書類(※本人確認書類に記載された住所が異なる場合のみ)が必要になります。

■郵送での解約手続き

①Y!mobile(ワイモバイル)のカスタマーセンター(9:00~20:00対応)にお電話いただき、解約手続き書類の請求を行ってください。
②必要事項を記入のうえご返送ください。

■Y!mobile(ワイモバイル)の解約手数料

最低利用期間以内に解約を行う場合、解約手数料が発生することにご注意ください。
スマホプランS/M/Lの場合 9,500円(税抜) 2年以内
データプランS/Lの場合 9,500円(税抜)3年以内
ただし、契約更新月に解約した場合、プラン解約料はかかりません。更新月は「My Y!mobile(ワイモバイル)」にログインすることで、もしくは24時間対応の自動音声応答サービスで確認することができます。

独自サービス、サポート

5.Y!mobile(ワイモバイル)のサービスエリア

格安SIMを契約するにあたって一番気になるポイントは「利用可能エリア」ではないでしょうか。せっかく月額料金が安く抑えられても、通話やデータ通信ができなかったら格安SIMに乗り換えた意味を感じられません。契約前にお住まいの地域がY!mobile(ワイモバイル)対応エリアどうか確認しておくと安心でしょう。

■利用可能エリア

Y!mobile(ワイモバイル)のサービスエリアは、都市部はもちろん、地方都市や離島含め日本全国をワイドに対応できています。Y!mobile(ワイモバイル)は「旧イーモバイル」と「旧ウィルコム」対応エリアに加え、ソフトバンク対応エリアでも使えるので、日本中を広くカバーをすることが可能になっています。スマホやタブレット端末向けの料金プランである「スマホプラン」が旧イーモバイルエリアとソフトバンクエリア、PHS回線を利用したガラケー向けの料金プランである「ケータイプラン」が旧ウィルコムエリアをカバーしているという形です。ソフトバンクユーザーだった方はカバーエリアが同じなので通信環境に関しては抵抗なく乗り換えられるでしょう。
詳しいサービスエリアの情報は、Y!mobile(ワイモバイル)の公式ホームページで地図サービスを利用して確認できるので、契約前に一度チェックすることをお奨めします。

Y!mobile(ワイモバイル)のサービスエリア

■通信環境

スマホやタブレット端末向けの「スマホプラン」は高速データ通信「4G」に対応しています。ソフトバンクは900MHzのプラチナバンドを提供しており、電波塔から離れた場所や、これまで電波の届きにくかった建物の間も縫うように電波を飛ばすことが可能になりました。Y!mobile(ワイモバイル)は、まず、ソフトバンクのプラチナバンド「4G」で都市部エリアをカバーし、さらに、プラチナバンドの弱い場所については山間部等に強い旧イーモバイルがカバーするという仕組みになっています。そうすることによって、日本中のエリアをカバーすることができているわけです。
通信速度に関しては、雑誌などで見かける格安SIM通信速度テスト結果でもY!mobile(ワイモバイル)は1位、もしくは上位にランクインしていることが多いです。「ソフトバンク+旧イーモバイル」を利用した自社回線を使用している点は他社にないY!mobile(ワイモバイル)の強みであると言えます。

通信環境

6.「ワンキュッパ割」利用で通話料とデータ通信料コミコミ月額1980円~

テレビCMでご存じの方も多い「ワンキュッパ割」。通話料もデータ通信料もコミコミで基本使用料が割り引かれるこのキャンペーンは、「新規契約の方」または「docomo、au、ソフトバンクから乗り換えを検討している方」なら是非チェックいただきたい内容です。

まずはY!mobile(ワイモバイル)の月額料金表をご覧ください。

プラン スマホプランS スマホプランM スマホプランL
高速データ通信容量 月1GB 月3GB 月7GB
基本使用料
(ソフトバンクからMNPの場合25か月間)
2,980円
(3,980円)
3,980円
(4,980円)
5,980円
(6,980円)

新規またはMNPを利用した乗り換えで「ワンキュッパ割」キャンペーンの適用となり、毎月の利用料が1年間1000円割り引かれます。新規またはdocomoやauからの乗り換えで「スマホプランS」契約の場合、月額1,980円(ソフトバンクからの乗り換えの場合2,980円)で定額通話と高速データ通信容量1GBのスマホが使えるようになります。

一般的なスマホ利用者平均月額が6,342円*なので、毎月4,362円も安くなり、年換算すると52,344円もお得になります。(*MM総研2016年6月11日発表)

しかも現在、「新規契約」もしくは「docomo、auからの乗り換え」の方向けに高速データ通信料が2倍になる「データ容量2倍キャンペーン」が実施されています。(2016年8月現在、キャンペーン期限は公表されていませんが、キャンペーン内容は予告なく変更される場合があります)

ワンキュッパ割+データ容量2倍キャンペーン適用(新規もしくはdocomo、auからの乗り換え)
プラン スマホプランS スマホプランM スマホプランL
高速データ通信容量(月)
データ容量2倍キャンペーン適用
1GB
→2GB
3GB
→6GB
7GB
→14GB
基本使用料(月)
ワンキュッパ割適用
2,980円
→1,980円
3,980円
→2,980円
5,980円
→4,980円

通信回線も通話機能も優れたY!mobile(ワイモバイル)は一般的なMVNOと比べ月額料金が高めに設定されていますが、これらの割引サービス適用することで、料金は一般的なMVNOと同等の格安水準に抑えつつ、サービスについては大手キャリア並の満足度を実現できてしまうのです。「安かろう悪かろう」なイメージも持たれがちな「格安SIM」ですが、Yモバイルはその例外であると言えるでしょう。

7.使えるデータ容量が2倍

■新規または乗換で2年間データ通信容量が無料で2倍
新規または乗換で2年間データ通信容量が無料で2倍

高速データ通信容量1GBのスマホプランSを契約している場合、請求締日前に1GBを使い切ると、低速モードに移行し請求締切日の翌日まで高速データ通信を利用できなくなくなります。低速モードから通常速度モードに戻すことは可能ですが、500MB(0.5GB)ごとに500円の追加料金が発生してしまいます。
でも今なら大丈夫!ついつい規定容量を超えてしまいがちな方でも安心なキャンペーンが実施されています。その名も「データ容量2倍キャンペーン」。新規または他社からの乗り換えで加入いただいた方は契約月から2年間、料金そのままでスマホの高速データ通信容量が2倍(契約容量と同じデータ容量を追加)となります。スマホプランSなら1GB→2GB、スマホプランMなら3GB→6GB、スマホプランLなら7GB→14GBまで高速データ通信を利用することができます。低速モードから通常速度モードに戻す場合500MB(0.5GB)ごとに500円の料金が発生することを考えると、スマホプランSが1,000円、スマホプランMが3,000円、スマホプランLにいたっては7,000円もおトクになります。実質2倍もデータ容量が使えるこのキャンペーン、よく外で動画を見る方などデータ容量を多く使う方にとっては断然おトクですね。
※キャンペーンでの追加分は最初低速モードになっているので、ご自身でMY Y!mobile(ワイモバイル)から通常モードに戻す手続きが必要になります。

データ容量2倍キャンペーン
プラン スマホプランS スマホプランM スマホプランL
高速データ通信容量(月)
データ容量2倍キャンペーン適用
1GB
→2GB
3GB
→6GB
7GB
→14GB
■新規や乗換じゃなくてもデータ通信容量2倍に

同じソフトバンクグループのソフトバンクからY!mobile(ワイモバイル)に乗り換えた場合、新規や乗換のキャンペーンは適用されませんが、月額500円プラスすることで同じようにデータ通信容量を2倍にすることができる「データ容量2倍オプション」が設けられています。
低速モードから通常速度モードに戻す場合500MB(0.5GB)ごとに500円の料金が発生することを考えると、スマホプランSで500円、スマホプランMで2,500円、スマホプランLで6,500円もおトクになります。
新規や乗換で適用される「データ容量2倍キャンペーン」期間が終わってしまった方も、「データ容量2倍オプション」に加入することでおトクなデータ通信を続けることができます。

データ容量2倍オプション

データ容量2倍キャンペーン
プラン スマホプランS スマホプランM スマホプランL
高速データ通信容量(月)
データ容量2倍オプション(月額500円)
1GB
→2GB
3GB
→6GB
7GB
→14GB

8.Y!mobile(ワイモバイル)なら全プラン10分以内300回まで通話無料

格安SIMというとデータ通信にスポットが当たりがちですが、大手キャリアからの乗り換えなら通話機能も充実していると安心という方も多いのではないでしょうか。大手キャリアは無料通話や定額かけ放題サービスが充実していますが、一般的な格安SIMの場合、通話料は「20円/30秒」と高額です。無料通話のオプションを設けている格安SIMも存在しますが、通話を重視するユーザーにとって満足度が高いとは言えません。
通話も重視したい方ならY!mobile(ワイモバイル)を選択すると安心です。Y!mobile(ワイモバイル)は、通常の毎月の基本使用料にあらかじめ「1回あたり10分以内の国内通話が月300回まで無料」というサービスが組み込まれています。Y!mobile(ワイモバイル)ユーザー同士だけでなく、他社のスマホ・ケータイも国内の固定電話への通話も無料になるサービスです。連続で通話するには10分毎に一度電話を切ってかけ直さないといけないので多少手間はかかりますが、実質毎月計50時間の無料通話が可能になります。他の格安SIMと比べY!mobile(ワイモバイル)の月額料金は高めに設定されていますが、データ通信もよし、通話機能もよし、定額プランなどサービスも充実しているY!mobile(ワイモバイル)なら、大手キャリアから違和感なく乗り換えできるでしょう。

Y!mobile(ワイモバイル)なら全プラン10分以内300回まで通話無料

9.「スーパーだれとでも定額」で時間も回数も無制限でかけ放題

Y!mobile(ワイモバイル)のスマホプランに組み込まれている「1回あたり10分以内の国内通話が月300回まで無料」という通話サービスは魅力的なのですが、10分超過後の通話料金は20円/30秒と高額なので、連続して長電話をした場合、通話料により料金が高くついてしまうこともあります。
連続して通話を楽しみたい方や1回10分という制限が気になる方向けに、「スーパーだれとでも定額」という通話オプションがあります。「スーパーだれとでも定額」では、スマホプランに月額1,000円加算することで、他社も含めたすべてのスマホ・ケータイ・固定電話への国内通話が「だれとでも」「何時間でも」「何回でも」かけ放題の定額になります。スマホプランの場合、10分超過の通話の料金は20円/30秒ので、連続して35分かけると最初の10分間は無料、それ以降の25分の通話料は1,000円になります。そう考えると、1ヶ月に1回でも35分以上の通話をする可能性があるのならば「スーパーだれとでも定額」に加入している方が圧倒的におトクという計算になります。

10.ソフトバンクから乗り換える際の注意点

■ソフトバンクからの乗り換えは基本使用料が割高に

ソフトバンクからの乗り換えでワイモバイルを契約する場合は基本使用料が通常よりも割高に設定されています。これは、同じソフトバンクグループからソフトバンクグループへの乗り換えはワイモバイルからするとあまりうま味を感じられないためです。通常ですとスマホプランSは月額2,980円ですが、ソフトバンクからの乗り換えの場合、加入月から25ヶ月間は月額3,980円という料金設定になります。26ヶ月目以降は「長期利用割引」が適用され、通常の月額使用料と同じ2,980円で利用できるようになります。

プラン スマホプランS スマホプランM スマホプランL
高速データ通信容量 月1GB 月3GB 月7GB
ソフトバンクから乗換の基本使用料
(新規またはソフトバンク以外からの乗換)
3,980円
(2,980円)
4,980円
(3,980円)
6,980円
(5,980円)
■ソフトバンクからの乗換もワンキュッパ割の対象に

「通話料とデータ通信込で月額1980円~」の項目でご紹介した「ワンキュッパ割」はソフトバンクからの乗換であっても適用されるので、スマホプランSだと1,000円割り引かれた月額2,980円で利用できます。「データ容量2倍キャンペーン」はソフトバンクからの乗り換えだと適用されないのですが、月額500円追加することで「データ容量2倍オプション」を適用させることができるので利用することをおすすめします。

キャンペーン適用後の料金プラン

プラン スマホプランS スマホプランM スマホプランL
高速データ通信容量 月1GB 月3GB 月7GB
ソフトバンクから乗換の基本使用料
ワンキュッパ割適用
3,980円
→2,980円
4,980円
→3,980円
6,980円
→5,980円

11.家族で契約すれば2回線目以降「毎月500円割引」「ガラケーなら無料」

■スマホ・タブレット端末での契約なら毎月500円割引

ご家族で2回線以上契約するのであればY!mobile(ワイモバイル)の「家族割」は知っておいて損はありません。
主契約者と家族であることを書類等で証明できれば、スマホプランの基本使用料が2回目線以降500円割引になります。主回線含め10回線まで契約できるので、ご夫婦やお子様、ご両親でおトクに携帯電話を利用することができます。
他にも2回線目以降なら契約事務手数料(税抜3,000円)、2年未満の解約手数料(税抜9,500円)も無料になります。大手キャリアのプランでは当たり前の「家族割」ですが、格安SIMで「家族割」のオプションが用意されているプランはそう多くありません。家族でご契約される方にとって、Yモバイルの「家族割」は注目ポイントの1つと言えるでしょう。

■ガラケー(PHS回線)なら無料で利用できる

2回線目がガラケー(ケータイ)の場合、なんと基本使用料がなんと0円になります。Y!mobile(ワイモバイル)以外のお手持ちのガラケー端末を持ち込むことができるので、使用さえできればトータル無料で新しく携帯を持つことができます。ガラケーでもOKなおじいちゃんやおばあちゃん、小さいお子様ならこの家族割は利用しない手はないでしょう。

ご家族で2台以上Y!mobile(ワイモバイル)で契約を検討されている方は是非、この「家族割」を利用しておトクにケータイ利用しましょう。

12.店舗数約1000店で故障時も安心のサポート

店舗数約1000店で故障時も安心のサポート

格安SIMの最大のメリットは利用料の安さです。それを実現できている理由の1つに実店舗を持たない、もしくは必要最低限の店舗数に抑えていることがあげられます。実店舗や店頭窓口を増やしてしまうと、当然賃料や人件費がかります。そのため、多くのMVNOはリアル店舗を持たなかったり、存在したとしても都市部の大型量販店の窓口程度で済ませていたりという状況で、電話やインターネットでの対応が主になっています。ネットやモバイル端末に詳しい方なら問題ないでしょうが、格安SIMや格安スマホ初心者の方が電話やインターネットでスマホの不具合の相談をするのはなかなか困難なことです。そもそも、モバイル端末が故障していたら電話もネットも利用できません。
その点、Y!mobile(ワイモバイル)はリアル店舗を全国に多く設置しているので、利用中の不具合や故障を対面で相談できることが強みと言えます。Y!mobile(ワイモバイル)はリアル店舗を都市部たけでなく地方にも多く設置しており、その店舗数は1,000店を超え、Y!mobile(ワイモバイル)公式ホームページで簡単に調べることがきます。故障や不具合の際、電話やネットでのやり取りのみだと不安ですが、リアル店舗が身近にあればいつでも相談できるので安心してスマホを持つことができます。

Y!mobile(ワイモバイル)の店舗には「Y!mobile(ワイモバイル)ショップ」と「Y!mobile(ワイモバイル)取扱店」の2種類が存在することです。この2つでは取り扱える業務の範囲が違うのでご注意ください。

■Y!mobile(ワイモバイル)ショップ

Y!mobile(ワイモバイル)○○のような店舗名で、量販店内ではなく独立店舗として見かけることが多いです。取り扱える業務は多岐にわたっており、新規契約、機種変更、契約内容変更、修理受付、解約、支払などが可能です。修理中は代替機の貸し出しがあるので安心です。

■Y!mobile(ワイモバイル)取扱店

ヨドバシカメラやビックカメラ、イオンモールなど量販店内に店舗を構えていることが多いです。取り扱える業務は限られており、主に契約関係と機種変更に限られています。

万が一の時に備え、お近くのY!mobile(ワイモバイル)の店舗はどちらのタイプになるのか事前に確認しておくことをオススメします。

13.スマホセットなら端末代の割引があっておトク

■バリュースタイル

Y!mobile(ワイモバイル)の格安SIMの申し込みと同時にスマホ端末を同時購入すると、割引が適用される「バリュースタイル」というサービスが存在します。「バリュースタイル」は、スマホ購入時にその場で端末代が割り引かれる訳ではなく、毎月の支払から一定の額を最大24ヶ月または36ヶ月割り引き続けてくれる仕組みです。月額料金はかからず無料で加入することができ、スマホ端末を一括で購入しても、分割で購入しても「バリュースタイル」は適用されます。SIMフリーのスマホ端末をお持ちでない方は「バリュースタイル」を利用するとスマホ端末を割安で手に入れることができるので是非チェックしてみてください。
割引額は取扱い店舗によって異なるので、一律にいくら割り引かれるとは言えません。ただ、Y!mobile(ワイモバイル)公式のオンラインストアから契約すると、自動でバリュースタイルに加入できるうえに、月賦割引額も一番お得になります。スマホ端末や料金プランをゆっくりと選べることからも、Y!mobile(ワイモバイル)のお申込みはオンラインストアをおすすめします。
おすすめのスマホ端末は後述の「Y!mobile(ワイモバイル)で購入できるおすすめのスマホ」でご紹介しています。

14.Y!mobile(ワイモバイル)ならiPhone5Sが割安に購入できる

■毎月1,296円から入手可能

Y!mobile(ワイモバイル)では格安SIMと一緒にiPhone5Sを通常価格よりも割安で購入することができます。
Y!mobile(ワイモバイル)でスマホプランSとiPhone5S(16GBモデル)をセットで新規契約すると、毎月972円が月額料金から割り引かれることになり1,296円×24ヶ月=31,104円で購入できます。SIMフリー版iPhone5S(16GBモデル)を一括で購入すると54,540円なので、一括54,540円-31,104円=23,436円も割安になります。
最新の端末に拘らない方や現行よりも小型なiPhoneを持ちたい方にとってはおトクにiPhone5sを入手できる良い機会ではないでしょうか。

■現行のiPhoneも利用可能
現行のiPhoneも利用可能

現行のiPhone6/6SやiPhone6/6S plus、iPhone SEはY!mobile(ワイモバイル)で販売していませんが、SIMフリー版を自分で用意することで、Y!mobile(ワイモバイル)のSIMを使って通話やデータ通信を利用することもできます。iPhone最新機種のSIMフリー版は、Appleの公式ページから購入することができるので、興味のある方はぜひチェックしてみてください。

15.Yahoo!のサービス利用で容量追加が無料

■パケットマイレージ

パケットマイレージとは「Yahoo!JAPAN」のサービスを利用すればするほどパケットマイルが貯まり、ランクに応じて翌月使える高速データ容量の追加料金が無料になるサービスです。スマホプランの規定容量を超えてしまい、通常モードである「高速データ通信」から「低速モード」に移行してしまった場合、パケットマイレージを使用することで通常モードに戻すことができます。そのため、データ容量を使いすぎてしまった時にも、追加料金を支払わずに済むので安心です。パケットマイレージを利用して通常速度に戻すための手続きは、「My Y!mobile(ワイモバイル)」にログインしてすぐにお申込みいただけます。

獲得マイル数 高速データ通信の追加容量
80~199マイル +0.5GB
200~399マイル +1GB
400~599マイル +5GB
600マイル~ 無制限

だだし、スマホプランによって翌月利用できる容量に違いがあるのでご注意ください。

プラン名 追加できる容量
スマホプランS データ通信1GB(月額2,980円) 1GBまで
スマホプランM データ通信3GB(月額3,980円) 3GBまで
スマホプランL データ通信7GB(月額5,980円) 7GBまで
■パケットマイレージの貯め方

パケットマイレージは「Yahoo!JAPANにトップページにアクセスする」「ネットショップを利用する」「パケくじを利用する」この3つの方法で貯めることができます。

・Yahoo!JAPANにログインしてトップページにアクセスして貯める

Yahoo!JAPANにログイン後、スマホ版のトップページにアクセスするだけでお手軽にマイルが貯まります。
さらにYahoo!JAPANアプリをダウンロードし初回ログインした際には80マイルがもらえる特典があります。

スマホプラン 1日あたりの獲得マイル数
スマホプランS データ通信1GB(月額2,980円) 1マイル
スマホプランM データ通信3GB(月額3,980円) 3マイル
スマホプランL データ通信7GB(月額5,980円) 7マイル
・ネットショッピングを利用して貯める

Yahoo!JAPAN提供のネットショッピングを利用して商品を購入すると1回につきパケットマイルが10マイル獲得できます。パケットマイルだけでなくTポイントも獲得でき、Y!mobile(ワイモバイル)会員なら2倍になります。

Yahoo!ショッピング

国内最大級の総合インターネットショッピングモールで、ファッションから日用品、食品、本・CD・DVDまで
充実の品揃えでお買い物を楽しめます。Yahoo!ショッピングで1購入する度に1パケットマイル獲得できるほか、Tポイントも貯まり、Y!mobile(ワイモバイル)会員ならばTポイントが2倍獲得できます。パケットマイルもTポイントも獲得できるのでYahoo!ショッピングの利用はダブルでお得になります。今ならY!mobile(ワイモバイル)契約でYahoo!ショッピングで使えるクーポン300円分もらえる特典もあります。

ヤフオク!

Yahoo!JAPANが提供している日本最大級のインターネットオークションサービスです。「ヤフオク!」については一度は耳にしたことのある方も多いでしょう。ヤフオクで商品を落札し購入すると1取引につき1マイル獲得できます。また、ヤフオクを出品・落札することでTポイントも貯まり、貯まったTポイントはヤフオクで落札した商品代金の支払いにも利用できます。ヤフオクの場合はY!mobile(ワイモバイル)会員の特典であるサービス利用でTポイント2倍が適用されず通常通り1倍になっています。

LOHACO

日常使いの商品をおトクに購入できるネット通販サイトで、食品、日用品、薬品、文房具など暮らしに役立つ商品が充実しています。「無印良品」「DEAN&DELUCA」「成城石井」「マリアージュ」など人気ショップの商品も購入することができるほか、高品質で低価格な「LOHACO」オリジナルのプライベートブランド商品を持ち、こだわりの食品やデザイン性に富んだ日用品を展開しています。Yahoo!ショッピングと同じく「LOHACO」もお買い物する度にTポイントが貯まり、Y!mobile(ワイモバイル)契約者ならポイント2倍になります。今ならLOHACOは初回購入後に簡単なアンケートに回答するだけで80マイル獲得できるキャンペーンを行っています。

※ショッピングを利用して月内に獲得できるマイル数の上限は100マイルまでなのでご注意ください。(LOHACOでボーナスマイルを獲得した月は180マイルまで)

・「パケくじ」で貯める

スマホもしくはアプリからYahoo!JAPANにログインし、トップページを訪問すると5日に1度マイルの当たる「パケくじ」が引けます。マイルの他にもTポイントやクーポンも当たるので是非参加してみてください。

1等 200マイル
2等 50マイル
3等 10マイル
4等 5マイル
5等 2マイル
特賞 Enjoyパック2ヵ月無料
特賞 ふてニャン壁紙

1.ログインして貯める 2.ショッピングして貯める 3.パケくじで貯める

16.ソフトバンクのWiFiスポットが無料で使える

■Y!mobile(ワイモバイル)ならソフトバンクWiFiが無料で使い放題
Y!mobile(ワイモバイル)ならソフトバンクWiFiが無料で使い放題

「ソフトバンクWi-Fiスポット」とは、外出先で手軽に無線の高速インターネットを利用できる公衆無線LANサービスです。
http://www.ymobile.jp/service/sws/ 国内における携帯電話通信事業者が提供する公衆無線LANサービスのアクセスポイント数において、「ソフトバンクWi-Fiスポット」は全国No.1となっています。今では飲食店、JRの主要駅、空港など今では全国どこを訪れても「ソフトバンクWi-Fiスポット」を見かけないことがありません。利用できるスポットはソフトバンク公式ホームページでご確認いただけます。
「ソフトバンクWi-Fiスポット」の利用料は1日につき467円(税抜)で、「Wi-Fi使えます」のステッカーが貼ってあるほとんどのスポットでWiFiを利用することができます。このサービスがY!mobile(ワイモバイル)のスマホプラン , 4G-Sプラン , LTE電話プラン , データプラン , Pocket WiFiプラン , 4Gデータプランご契約の方は無料で利用できます。移動中はモバイルデータ通信を利用し、アクセスポイントではWiFi接続に切り替えることでデータ容量の節約になります。あらかじめ自動切替の設定を済ませておくと、外出時は自動でWiFiに接続されるのでとても便利です。設定方法は機種によって異なるので、Y!mobile(ワイモバイル)の公式ホームページでご確認ください。

17.故障時も安心の補償サービス

「スマホが落下し液晶にひびが入ってしまった」「スマホを水に濡らして不具合が起こってしまった」「いきなり電源がつかなくなってしまった」「スマホを紛失してしまった」など不意なトラブルに見舞われたというのはよく聞く話で、いつ突然自分の身に降りかかるかわかりません。こんな突然のトラブル時のために故障時に補償を受けられるサービスに加入しておくことで万が一の時に備えることができます。補償サービスに加入していないと高額な修理費用がかかったり、最悪の場合、新しい端末に交換することになり全額負担になったり、なんてこともあり得ます。でも、ご安心を。ワイモバイルには大手キャリア並みの補償を受けられる「故障安心パックプラス」というサービスがあります。「故障安心パックプラス」では、全国約1,000の店舗で修理持ち込みが可能になっており、修理の間は代替機を借りられるのでスマホがなくて不便なんてことも避けられます。690円の月額料金は発生しますが、下記の表のような充実した保証を受けることができるのであれば、安心のためにも入っておくとよいかもしれません。

■「故障安心パックプラス」
故障時 回数制限なしで無料修理が受けられる
水濡れ 5,000円で修理または同一機種に会員価格で交換できる
全損 5,000円で修理または同一機種に会員価格で交換できる
紛失 同一機種を会員価格で購入できる
外装破損 外装交換費用が90%割引される
バッテリー交換 バッテリー交換費が3,000円割引される
ウィルス対策 ウィルス駆除の費用を最大5,000円負担
データ復旧 画像、メール、アプリデータなどを無料で復旧できる
■スマートフォン基本パックがおトク

ワイモバイルには「留守番電話サービス」や「割込通話」、「位置ナビ」などスマホを利用するうえで欠かせない便利で安心なオプションサービスが充実しています。それぞれ100~300円の月額が発生するのですが、「スマートフォン基本パック」というセットを申し込むと、すべてのオプションサービスがまとめて月額500円になります。個別ですべてのオプションに加入すると月額1,000円なので500円も安くなることや、「スマートフォン基本パック」限定のオプションサービスも受けられることを考えると基本パックに加入した方が断然お得と言えます。

スマートフォン基本パック すべてのサービスが利用できて月額500円
月額300円 留守電電話プラス 1件最長3分・合計100件まで留守番電話サービスに伝言を預けられます。
月額200円 割込通話 通話中にかかってきた別の電話に出ることができる、キャッチホン機能です。
月額200円 グループ通話 通話しながら別の方に電話をかけることができ最大6人まで切り替えながら通話可能になります。
月額200円 位置ナビ お子様などあらかじめ登録したスマホ所有者の現在地情報を取得し探せる、見守れる安心サービスです。
月額100円 一定額ストップサービス 利用料金が一定額を超えると音声発信・メール送信・データ通信機能を停止するので使いすぎを防げます。
基本パック限定 スマートセキュリティ アプリからの個人情報の漏えいや、侵入したウィルスの駆除、悪質な詐欺サイトを事前に検知して知らせてくれるサービスです。
基本パック限定 安心遠隔ロック 紛失時にMY Y!mobileや157への電話で遠隔操作でスマホをロックし個人情報の漏えいや不正利用を防ぎます。
基本パック限定 紛失ケータイ捜索 スマホ紛失時にカスタマーサービスにと合わせることでGPSを使いおおよその位置情報を取得することができます。

注意点

18.Y!mobile(ワイモバイル)でiPhoneは使える?

SIMフリーのiPhoneはもちろん、キャリアで購入したiPhoneもY!mobile(ワイモバイル)で使用することができます
SIMフリー版であればSIMロックの解除なしでY!mobile(ワイモバイル)で使用できますが、キャリアで購入したiPhoneの場合SIMロックの解除が必要になります。
キャリアで購入したiPhoneの場合、2015年5月以降発売のiPhone 6s/6s Plus/SE はSIMロック解除をすることができるのですが、2015年5月以前発売の端末(iPhone5S/C、iPhone6/6Plus)はSIMロック解除ができません。さらにキャリアごとにSIMロック解除の条件を設けられているのでこちらも確認が必要です。

■Y!mobile(ワイモバイル)で使用できるiPhone
Y!mobile(ワイモバイル)で使用できるiPhone

SIMフリーのiPhone(全世代)
3大キャリアで購入したiPhone 6s/6s Plus/SE

SIMロック解除は手数料3,000円を支払えば店頭でも行ってもらえますが、インターネットからご自身で手続きすると無料で解除することができます。各キャリアの公式ホームページから簡単に行っていただけるので、後述する「キャリア別のSIMロック解除方法」でキャリア別のiPhoneのSIMロック解除方法をご紹介します。

■iPhoneSIMロック解除の事前準備
iPhoneのIMEI(個別製造番号)の確認

どのキャリアのSIMロック解除手続きでも必要になります。
iPhoneの 設定 > 一般 > 情報 で確認いただけます。

iPhoneにAPNプロファイルをインストール

APNプロファイルは格安SIMでモバイル回線を使用するために必要になります。
Y!mobile(ワイモバイル)公式ホームページ > よくある質問 > [ios]他社が販売する携帯電話をワイモバイルで利用するには? こちらのページ「APN設定用の構成プロファイル」クリックでインストールできます。

格安SIMが手に入ったらY!mobile(ワイモバイル)のSIMカードに入れ替えましょう。ネットでお申込みの場合はご自身でSIMカードの入れ替えを行う必要があります。iPhoneは専用のピンを使って入れ替えが可能になっているので、裏表を間違えないように注意してキャリアSIMとY!mobile(ワイモバイル)のSIMを入れ替えると移行完了です。

■キャリア別のSIMロック解除方法

すべてのSIMロック解除可能なモバイル端末の解除方法をご紹介します。キャリアによってSIMロック解除の条件を設けているので、ご契約日やご解約の日を事前に確認しておきましょう。

・docomo
SIMロック解除の条件

契約者本人が購入した端末であること
契約から181日以上経過していること
解約済み端末の場合、解約手続きから3ヶ月以内であること

解除方法

店頭・電話での手続き 解除手数料:3,000円

ご自身で手続き 解除手数料:無料
・My docomoにログイン
・ドコモオンライン手続き>その他>SIMロック解除にアクセス
・SIMロック解除する機種を選択・SIMロック解除を行う機種の製造番号(IMEI)を入力・受付確認のメールアドレスを入力
・手続きを完了するボタンをクリック

・au
SIMロック解除の条件

契約者本人が購入した端末であること
機種購入日からら181日以上経過していること

解除方法

店頭・電話での手続き 解除手数料:3,000円

ご自身で手続き 解除手数料:無料
・公式ホームページトップ>サポート>スマートフォン・携帯電話をご利用の方>お手続き方法のご案内>SIMカードに関するご案内>SIMロック解除のお手続き
・ページをスクロールし「SIMロック解除が可能な機種かを確認」をクリック
・「SIMロック解除の可否判定」でIMEI(個別製造番号を)入力
・判定結果「○」と表示されたら「こちら」の部分をクリック
・暗証番号入力画面で契約時の暗証番号(4桁)を入力して次へ
・[1]の部分にチェックし、解除の理由を選択して「この内容で申し込む」をクリック

・ソフトバンク
SIMロック解除の条件

契約者本人が購入した端末であること
機種購入日からら181日以上経過していること
解約済み端末の場合、解約手続きから90日以内であること

解除方法

店頭・電話での手続き 解除手数料:3,000円

ご自身で手続き 解除手数料:無料
・My SoftBankにログイン
・料金プラン/オプションの確認・変更 > SIMロック解除対象機種の手続き
・「SIMロック解除対象機種の手続き」ページでIMEI(製造番号)を入力し、「次へ」をクリック
・「SIMロック解除手続き」画面で「解除手続きする」をクリック

19.Y!mobile(ワイモバイル)でLINEは使える?

Y!mobile(ワイモバイル)でLINEは使える

トークアプリのLINEが普及した今、友達や家族とのやりとりはメールではなくLINEという方も多いかと思います。Y!mobile(ワイモバイル)の格安SIM・格安スマホでもLINE は使うことができますが、いくつか注意点があるのでご説明したいと思います。

■データ専用SIMのプランの場合はSMS認証ができない

LINEを使用するには登録段階でSMSによる認証コードを受け取る必要があります。音声SIMのプランの場合はSMSが標準で付属しているので問題ありませんが、データ専用SIMのプランの場合はSMSサービスが利用できません。ガラケーをお持ちであればこちらを利用するか、もしくはフェイスブック経由で登録するという方法になります。LINEを利用したい場合は、スマホプランなどの音声通話SIMに契約すると安心です。

■Y!mobile(ワイモバイル)なら年齢認証ができる

LINEを利用するうえでY!mobile(ワイモバイル)の最大のメリットは、他の格安SIMと違い年齢認証ができる点です。年齢認証を行うことで、友達を探す機能の1つである「ID検索」が可能になります。他の格安SIMでは年齢認証が行えないので「ID検索」を使うことができません。LINEの「ID検索」を普段からよく使う方には、Yモバイルがオススメです。

20.Y!mobile(ワイモバイル)でテザリングは使える?

Y!mobile(ワイモバイル)でテザリングは使える?

テザリングとは、利用中のスマホなどの端末をWi-Fiルーター化させてPCなどその他端末でのネット接続に使える機能のことをいいます。大手キャリアではテザリングの機能を有料のオプションで提供していますが、Y!mobile(ワイモバイル)では、月額無料でテザリング機能を使うことができます
基本的に端末自体にテザリングの機能が対応していればどのプランでもテザリングを使うことが可能となっています
テザリングの設定自体はそこまで難しくはないので、設定画面を開けば簡単に設定できます。万が一わからない場合は各端末の仕様書やウェブサイトで確認すると良いでしょう。
テザリングを利用する際は電池の消耗が速くなるのでご注意ください。長時間外で使用する場合などは、モバイルバッテリーを持ち歩くと良いでしょう。また、テザリングを使うとデータ容量の減りが速くなるのでこちらも注意しましょう。テザリングをよく使うという方は月間データ容量の大きいプランを選ぶことをおすすめします。

ページトップ