株式会社ワイヤレスゲートが提供する格安SIM!

ワイヤレスゲート Wi-Fi+LTEのオススメ ポイント

  • 株式会社ワイヤレスゲートが提供する格安SIM!
  • その名の通りWi-Fiサービスがセットで使える!
  • 最低利用期間がないのでいつ解約しても解約金0円!
カードサイズ
  • 標準
  • マイクロ
  • ナノ
最安料金プラン

0円

初期手数料

3,240円

送料

0円

お届け目安

最大10日程度

支払い方法

・クレジットカード

メニュー

ワイヤレスゲート Wi-Fi+LTEの主な仕様

  • 利用不可能 ・・・利用不可能
  • 追加料金必要 ・・・追加料金必要
  • 利用可能 ・・・利用可能
  • プラン変更

    利用できません

  • データ量の追加

    200MBで500円/回

  • データ量の繰越し

    利用できません

  • 専用アプリ

    高速データ通信が利用できる残容量の確認や追加チャージ、高速データ通信のON/OFFなどが可能です

  • 高速通信のON/OFF

    専用アプリから

  • 公衆無線LANサービス

    BBモバイルポイント,Wi2-300,eoモバイル,Fonスポット

オプションサービス

オプションサービス名 内容 料金
サポートサービス 10:00~18:00 0円/月
データ移行サービス - -
端末交換オプション - -
セキュリティオプション - -
端末交換+セキュリティセット - -
MMSメールサービス - -
ネットワーク暗証番号変更 契約者窓口から可能です 0円
パケットギフト - -
IP電話 - -
国際ローミングサービス - -
動画配信サービス - -

ワイヤレスゲート Wi-Fi+LTEの詳細

はじめに

ワイヤレスゲート Wi-Fi+LTEとは

ワイヤレスゲート Wi-Fi+LTEとは株式会社ワイヤレスゲートが運営する、NTTドコモの回線とワイヤレスゲートWi-Fiが利用できる格安スマホサービスです。
テレビCMなど大々的に広告を出していませんが、他の有名なMVNOと同じくらいサービスが充実しています。使用できるWi-Fiも日本国内に40,000カ所以上あるうえ、料金もデータ通信無制限で445円から利用できる、他にはないメリットが豊富な格安スマホです。
※サイト内料金はすべて税抜価格です。
※MVNOとはMobile Virtual Network Operator(仮想移動体通信事業者)の略で、格安SIMの運営会社のことです。

メリット

・海外でもWi-Fiが使える
・料金480円でデータ使用量無制限
・最低利用期間がない
・利用できる公衆Wi-Fiが最大4種類

デメリット

・海外での音声通話はできない
・無料通話プランなし

こんな人におススメ

・海外でもデータ通信をしたい方
・テザリングをされる方
・使用していないスマホ端末がある
・公衆Wi-Fiを利用したい方

ワイヤレスゲート Wi-Fi+LTEの口コミ

「公衆Wi-Fiの利用で快適に使える」「通信制限後の速度が250Kbpsなので、他の格安スマホサービスより通信がしやすい」と評判は上々です。
ワイヤレスゲート Wi-Fi+LTEは利用できる公衆Wi-Fiの種類が多く、回線混雑時の煩わしさが少ないので、通信環境があまり良くないという方にもおススメできます。
※公衆Wi-Fiが利用できるエリアを事前に確認する必要があります。

ワイヤレスゲート Wi-Fi+LTEの申込方法、名義変更、解約の方法

ワイヤレスゲート Wi-Fi+LTEの申込み方法

格安スマホを使い始めるには新しいSIMカードが必要ですが、ワイヤレスゲート Wi-Fi+LTEは、Wi-Fiのホームページだけでなく、ヨドバシ・ドット・コムのサイトやヨドバシカメラの店舗でSIMカードを購入(データ通信専用のみ)することができます。


また、スマートフォンやタブレットは自分で準備する必要があります。
Amazonや楽天市場などのオンラインショップや、GEOなどの店舗でも中古端末販売が増えてきていますので、そちらを利用すると費用も抑えられます。


端末とSIMカードの購入後、ワイヤレスゲート Wi-Fi+LTEのホームページで契約手続きをします。
音声通話SIMを申し込む場合はまず「SIMパッケージ」を購入する必要があります。
その後、ワイヤレスゲート Wi-Fi+LTEホームページでプラン選択や本人確認書類のアップロードなどの手続きを終えるとSIMカードを郵送で受け取る形となります。

データ通信専用SIMの申込みに必要なもの

・契約者名義のクレジットカード
・Eメールアドレス

音声通話対応SIMの申込みに必要なもの

・本人確認書類
・契約者名義のクレジットカード
・Eメールアドレス

契約後の変更

ワイヤレスゲート Wi-Fi+LTEは契約後の料金プラン変更ができません。
名義変更も行えないため、契約者名義以外の方が利用するには新しく申込みをする必要があります。
また、SMS機能オプションを変更することもできませんので申込み時はその点にも気を付けてください。

解約はアプリから

ワイヤレスゲート Wi-Fi+LTEの専用アプリが使える方は、専用アプリから解約ができます。当日で解約手続きが処理されます。
専用アプリが使えない方はワイヤレスゲート Wi-Fi+LTEのユーザー専用ページから行います。

解約時の注意

SIMカードを複数契約されている方は、SIMカードごとに解約手続きが必要です。
データ通信専用のプランは日割り計算ですが、音声通話対応SIMは日割り計算ではなく1カ月分の月額料金が請求されますので注意してください。

ワイヤレスゲート Wi-Fi+LTEのプラン・料金や対応機種を徹底解説

料金プランはすべてデータ容量無制限!

ワイヤレスゲート Wi-Fi+LTEの料金プランはシンプルに「Fonプレミアムプラン」と「480円プラン」、「音声通話プラスFonプレミアムプラン」の3種類となっています。

Fonプレミアムプラン(データ専用)

Fonプレミアムプランの内容は次の通りです。

ワイヤレスゲート Wi-Fi+LTE-プレミアム

データ容量が無制限で使用できるうえに、月額料金1,556円とお得な料金ですが、気になるのは通信速度が最大で3Mbpsというところです。
3Mbpsの通信速度では、ツイッターやLINE、文字がメインのWeb閲覧は問題なくできるようです。
動画は中画質までだと少しの時間で読み込みが可能なようです。高画質だと視聴は難しいという声も多く聞こえますので、公衆Wi-Fiを利用できる環境の方におススメです。

480円プラン(データ専用)

お得な料金の480円プランは次の通りです。

ワイヤレスゲート Wi-Fi+LTE-480

こちらもデータ容量が無制限で利用できるうえ、月々445円とかなりお得なプランです。
Fonプレミアムプランと違う点は速度が250Kbpsというところです。
250Kbpsの速度は、文字の読み込みは問題がないようですが、画像の読み込みは少し時間がかかるようです。
ですが、月々445円でデータ容量無制限なプランは他にあまりありません。
使用していないスマホがある、Wi-Fiが利用できる方に2台目のスマホとしておススメです。

音声通話付きFonプレミアムプラン

音声通話プランはFonプレミアムプランに月額1,204円の追加で利用することができます。

ワイヤレスゲート Wi-Fi+LTE-音声通話

音声通話料金は30秒で20円と格安スマホサービスの平均料金と同じです。月額料金内にSMS利用料金が付与されているところは嬉しいサービスです。

使用する端末の条件

ワイヤレスゲート Wi-Fi+LTEで利用できる端末の条件は次の通りです。
・通信方式がLTEまたは3G対応であること
・NTTドコモXi(R)またはFOMA(R)ネットワーク対応の端末であること
・SIMフリー端末の場合は周波数帯がワイヤレスゲート Wi-Fi+LTEに対応していること

また、SIMロックフリーの端末やNTTドコモで購入した端末であることも利用条件です。
動作確認済み(周波数の確認含む)の端末はこちらから確認できます。

LTE通信とルーターのプランあり

ワイヤレスゲート Wi-Fi+LTEには格安SIMとルーターのセットはありませんが、モバイルルーター(WM340)の端末代金とLTEでの通信料がセットになった「LTEルータープラン」があります。
月額料金は3,791円でLTE回線以外を利用しますが、無料でWi-Fi接続のオプションを付けることも可能です。
テザリング希望の方や通信環境があまり良くない方におススメですが、2年間の最低利用期間があり、1年未満の解約だと36,191円(ルーター代金込み)の違約金がかかりますので気を付けてください。

支払方法は?

支払方法はクレジットカード決済のみとなっています。
利用可能なクレジットカードはVISA、MasterCard、JCB、AMEX、ダイナースです。

ワイヤレスゲート Wi-Fi+LTEが提供する独自サービス

Eメールはフリーメールを利用

ワイヤレスゲート Wi-Fi+LTEは独自のメールアドレスがありませんのでフリーメールアドレスを利用します。
主なフリーメールはGmailやYahoo!メールがあります。
Gmail設定ページはこちら

独自アプリでできること

ワイヤレスゲート Wi-Fi+LTEには専用アプリがあり、契約プランによってできることが異なります。

Fonプレミアムプラン(音声通話付きも同様)の場合

SIMプランがFonプレミアムプランの方は次のようなことができます。
・通信量の確認(日別)
・登録内容の変更(メールアドレスやクレジットカードの登録内容)
・解約
・公衆Wi-Fiの設定
など

480円プランの方

480円プランの方は次のようなことができます。
・登録内容の変更(メールアドレスやクレジットカードの登録内容)
・解約
・公衆Wi-Fiの設定
など

公衆Wi-Fiには、アプリ利用で自動的に接続することも可能です。

ユーザーページでできること

ワイヤレスゲート Wi-Fi+LTEのユーザーページでできることは次の通りです。
・クレジットカードの変更
・個人情報(住所など)の変更
・解約
など

ワイヤレスゲート Wi-Fi+LTEと他社サービスを比較!

3Mbpsの速度でデータ容量使い放題プランで比較!

ワイヤレスゲート Wi-Fi+LTEの他にも「DTI SIM」と「ぷららモバイル」がデータ容量使い放題のプランを提供しています。
ここでワイヤレスゲート Wi-Fi+LTEと他のサービスがどうちがうのか表にして比較してみます。

インターネット使い放題音声通話付きプランで比較

ワイヤレスゲート Wi-Fi+LTE-比較

月額利用料は、ワイヤレスゲート Wi-Fi+LTEとぷららモバイル LTEが同じ料金となりました。
ですが、ワイヤレスゲート Wi-Fi+LTEは、音声通話プランにも最低利用期間がありません。
また、SIMカードの返却時の紛失手数料も発生しません。
3Mbpsの速度でインターネットが使い放題のプランだとワイヤレスゲート Wi-Fi+LTEが利用しやすいといえるでしょう。

ワイヤレスゲート Wi-Fi+LTEと契約する前に、ここだけは注意しよう

LINEもOK!

LINEを利用するには端末の認証が必要です。
SMS機能は途中で追加することができませんので、LINEの利用を考えている方は申込み時にSMS機能付きSIMを申し込むことをお勧めします。

テザリングは端末による

ワイヤレスゲート Wi-Fi+LTEは、テザリングの制限をしていませんのでテザリング対応端末で利用が可能です。
ワイヤレスゲート Wi-Fi+LTEはデータ容量が無制限ですので、テザリングにおススメの格安スマホサービスです。
NTTドコモで購入した端末はテザリングができませんのでその点のみ注意してください。

Wi-Fiスポットが海外にも!

ワイヤレスゲート Wi-Fi+LTE-海外

ワイヤレスゲート Wi-Fi+LTEは、日本国内で40,000カ所、海外にも1,900万カ所の無料Wi-Fiを提供している「Fon社」と提携しているので国外でも公衆Wi-Fiが利用可能です。


Fonプレミアムプラン(音声通話付き含む)の場合使えるWi-Fiスポットはこちらです。
・BBモバイルポイント
・Wi2-300
・eoモバイル
・Fonスポット


480円のプランで利用できる公衆Wi-Fiはこちらです。
・BBモバイルポイント
・Wi2-300
・eoモバイル


docomo Wi-Fiのスポットは利用できません。

iPhone利用ならSMS付きSIMで

ワイヤレスゲート Wi-Fi+LTEでiPhoneを利用することができます。
iPhoneやiPadをワイヤレスゲート Wi-Fi+LTEで利用するには、初期設定を自分で行う必要があります。

また、ワイヤレスゲート Wi-Fi+LTEでiPhoneを利用するには、SMS機能付きのSIMカードでないと通信機能が使えない場合があるようですので注意してください。

iPhone初期設定についての詳細はこちらから

音声通話は海外で利用できない

ワイヤレスゲート Wi-Fi+LTEは海外での利用ができません。
国内から海外への発着信は可能です。

法人契約にも力を入れている

ワイヤレスゲートが提供するSIMは、医療や介護などの分野で通信機器に多く利用されているので、医療現場に関わる業者の方におススメです。

そのうえ世界中にWi-Fiスポットを設置している「Fon社」と提携していて、Fonプレミアムプラン加入なら世界およそ1,900万か所の「Fonスポット」が利用できるので、他の格安SIMよりも法人利用することにおける大きなメリットがあると言えます。
格安SIMの契約で社内のスマホ料金も抑えられるうえ、顧客サービスも充実させることができます。
※データ通信利用のみ

ワイヤレスゲート Wi-Fi+LTEに関するトラブルシューティング

公衆Wi-Fiに接続できない

Wi-Fiスポットの利用が混雑している場合や、Wi-Fiスポットの電波が安定していない場合に接続できなくなることがあるようです。
その場合はLTE回線や3G回線が優先で提供されます。

インストールしたワイヤレスゲート Wi-Fi+LTE専用アプリのWi-Fi機能がONになっているかもご確認ください。

ページトップ