バリエーションあるプランが魅力!都市部でも郊外でも快適に利用できる!

OCN モバイル ONEのオススメ ポイント

  • バリエーションあるプランが魅力!都市部でも郊外でも快適に利用できる!
  • 格安SIM利用者No.1!
  • docomoエリア対応なので都市部でも郊外でも快適に利用できる!
カードサイズ
  • 標準
  • マイクロ
  • ナノ
最安料金プラン

972円

初期手数料

3,240円

送料

0円

お届け目安

数日〜1週間程

支払い方法

・クレジットカード
・口座振替

メニュー

端末一覧

スマートフォンスマートフォン

OCN モバイル ONEの主な仕様

  • 利用不可能 ・・・利用不可能
  • 追加料金必要 ・・・追加料金必要
  • 利用可能 ・・・利用可能
  • プラン変更

    プラン変更はお申し込みの翌月1日より適用

  • データ量の追加

    0.5GBで500円/回

  • データ量の繰越し

    翌月末まで繰越可能

  • 専用アプリ

    高速データ通信が利用できる残容量の確認や追加チャージ、高速データ通信のON/OFFなどが可能です

  • 高速通信のON/OFF

    専用アプリから

  • 公衆無線LANサービス

    OCNホットスポット

オプションサービス

オプションサービス名 内容 料金
サポートサービス 年末年始以外、10:00〜19:00まで対応可能 0円/月
データ移行サービス - -
端末交換オプション - -
セキュリティオプション マイセキュアfor スマートフォン 250円/月
端末交換+セキュリティセット - -
MMSメールサービス - -
ネットワーク暗証番号変更 フリーダイヤルの契約者窓口から可能です 0円
パケットギフト - -
IP電話 - -
国際ローミングサービス 月額利用料金は0円ですが、使用時に従量課金がされます。※データSIMでは使用できません。 0円
動画配信サービス - -

OCN モバイル ONEの詳細

はじめに

利用者数トップを争うOCNモバイルONE

OCNモバイルメインビジュアル

OCNモバイルONEは通信大手のNTTコミュニケーションズが運営しており、多くのWi-Fiスポットが無料で利用できたり、電話かけ放題サービスがあったりと充実したサービスが多くあります。
そのOCNモバイルONEは、MVNO業者の中でも利用者数トップの座を争うほど、人気の格安SIM業者となっています。

OCNモバイルONEのメリット・デメリットまとめ

メリット

・店頭申し込みで即日利用も可能
・高速通信ON/OFFスイッチアプリがある
・お試しプリペイドSIMがある
・5分間通話し放題の「OCNでんわ」が利用可能
・OCN光モバイル割利用で割引が受けられる
・低速通信時に便利なバースト機能がある
・全国82,000か所以上のWi-Fiスポットが無料利用できる
・容量シェアプランがある

デメリット

・音声通話対応SIMには最低利用期間があり期間内の解約には違約金が発生する
・LINE利用に一部制限がある

OCNモバイルONEはこんな人におすすめ

・格安SIMを試してみたい方
・OCN光サービス利用の方
・たくさんのWi-Fiスポットを利用したい方
・高速通信のON/OFF切り替え機能がほしい方
・電話利用の多い方
・家族で利用したい方

OCNモバイルONEの口コミや評判

口コミ抜粋

・バースト機能がついたOCNモバイルONE、えらく速くなった。ページによっては体感で10倍位表示が速い。3G回線でターボoffで使ってるんだけど、鬼に金棒

・OCNモバイルONE契約!!LTE速度はまぁまぁ? OCNモバイルONEを契約してみたので実際にLTE速度等を検証してみました検証結果は、おそいっちゃ遅いね・・・ OCNはNTT系列なのでNTTドコモと同等かと(おそいと言われている速度は、下り9Mbps・上り11Mbpsくらいです)

・OCNモバイルONEは速度が遅いて不満聞くけどオプションサービスが充実してるからトータルでみると良さそうなんだよな…

上記のように口コミでは遅いと言われることもありますが、体感速度は利用する人によって変わるため実際に使ってみないとわからない部分も多いです。
上記以外の口コミなども見ると、OCNモバイルONEはお昼の混雑時間帯に回線速度が落ち込むようですが、まったく使えないということはないようです。
その裏付けとして、利用者数は数あるMVNO業者の中でトップの座を争っています。

OCNモバイルONEの申し込み、コース変更、解約について

シムパッケージ申し込み・即日受渡カウンターもある

SIMパッケージ購入での申込方法

1.利用する端末が対応しているか確認(確認ページ: http://service.ocn.ne.jp/mobile/one/datacard/ )

OCNモバイル_SIM購入手順01


2.利用する端末に対応しているSIMカードのサイズを確認・メモ

OCNモバイル_SIM購入手順02


3.提携ショップで「OCNモバイルONE」のパッケージを購入する(音声パッケージには、SIMカードは入っていません)

OCNモバイル_SIM購入手順03

※オンライン購入の場合、届くまで一週間程度かかります。実店舗購入だと早いです。



ここからは、データ通信専用のSIMカードにするか、音声対応のSIMにするかで対応が異なります。

データ通信SIM・SMS対応SIMの場合

4.端末にSIMを挿入して、接続方式やAPN設定、認証ID・パスワードなどの入力

5.完了後インターネット接続可能

音声対応SIMの場合

4.音声対応SIMに申し込む場合は、新規契約でもMNPによる転入でも免許証等による本人確認が必要です。
パッケージに記載されているアクティベーションコードを利用して、専用ページから申し込みを行います。申し込み後、SIMカードが発送されます。

SIMカード受け取り後、接続方式やAPN設定、認証ID・パスワードなどの入力

5.完了後インターネット接続可能

即日受渡カウンター

OCNモバイルONEは即日受渡カウンターが全国に100店舗以上あり、新規契約やMNP転入の場合でも、即日受取りが可能になっています。

即日受渡カウンターでの手続きに必要な書類は以下になります。

・顔写真付の本人確認書類(運転免許証やパスポートなど)
・クレジットカード
・受信可能なメールアドレス
・MNP予約番号(MNP転入の場合)

即日受渡カウンター設置店一覧

コース変更やSIM変更について

OCNモバイルONEでは利用途中のデータ容量のコース変更が可能です。コース変更は申し込んだ月の翌月1日から適用されます。コース変更はOCNモバイルONEアプリから申請が可能です。

データ専用SIMから音声対応SIMへの変更が可能

OCNモバイルONEはデータ通信専用SIMから音声対応SIMへ途中変更が可能となっています。
音声対応SIMへの変更は以下のページから申し込めます↓
http://service.ocn.ne.jp/mobile/one/procedure/voice_addsim/

注意点すべき点として、音声対応SIMは6か月間の最低利用期間があるため、音声対応SIM→データ専用SIMに変更の場合、最低利用期間内の変更には8,000円(税抜)の違約金が発生します。

マイページ・電話で解約手続き:違約金あり

OCNモバイルONEの解約はマイページから行えます。また、マイページからの解約がむずかしい場合は、電話での解約も可能です。※解約すると、SIMカードの返却が必要になります。

カスタマーズフロント電話番号 0120-506-506
受付時間 10:00~19:00(土日祝日含、年末年始は除きます)

また「050 plus」サービスは別で解約手続きが必要な場合があり、その場合は「050 plus」アプリから解約手続きに入れます。

最低利用期間内の解約で違約金が発生する

音声対応SIMプランのみ、利用開始月から6か月間の最低利用期間があります。
そのため、最低利用期間内に解約をすると、違約金として8,000円(税抜)がかかるので注意が必要です。

OCNモバイルONEのプランや料金を徹底解剖!

プリペイド・月額プランが選べる:容量シェアもあり

OCNモバイルONEをお試しで利用できるプリペイドSIM

OCNモバイルONEでは、2種類のプリペイドSIMを用意しています。
プリペイドSIMはWEBで開始登録ができ、クレジットカードの登録や解約手続きが不要で利用できます。
そのためお試しで利用ができ、気にいらない場合はそのまま利用をやめることが可能です。またそれとは逆に、気にいった場合は月額契約へプラン変更もできます。
OCNモバイルONEを試しに利用してみたい方におすすめです。

OCNモバイル_プリペイド01

期間限定型のプリペイドSIMは、2,800円(税抜)で購入ができます。
WEB登録を行った日から20日間、1日/50MBまでの利用が可能になります。
また、1日分を使いきった場合でも最大200kbpsの送受信速度で利用できます。

利用期限後も利用したい場合は、2,200円(税抜)の期間延長パッケージを購入することで、20日間の利用期限が50日間に延長が可能です。

OCNモバイル_プリペイド02

使い切り型SIMは、3,200円(税抜)で購入できます。
1.0GBのデータが使い切りとなっていますが、無期限ではなく最大4か月間のデータ使用期限が設けられています。

使いきってしまった場合や期限がすぎた場合でも、利用期限の30日以内であれば2,000円(税抜)で1GBの容量追加パッケージが購入可能です。

月額通信プラン

この月額通信プランの1つの特徴は、他社に多い「3日間で○GB以上利用すると通信制限がかかる」といったことが無いことです。そのため、休みの日などにたくさん利用するという方でも安心して利用ができます。
OCNモバイルONEの月額プランは以下のようになっています。

月額通信プラン料金表(税抜)
コース データ専用SIM SMS対応SIM 050 plus月SIM 音声対応SIM
110MB/日 900円 1,020円 1,050円 1,600円
170MB/日 1,380円 1,500円 1,530円 2,080円
3GB/月 1,100円 1,220円 1,250円 1,800円
5GB/月 1,450円 1,570円 1,600円 2,150円
10GB/月 2,300円 2,420円 2,450円 3,000円
500kbps
(15GB/月)
1,800円 1,920円 1,950円 2,500円
通話料金
音声通話
(070/080/090から発信)
20円/30秒
050 plusから発信 固定電話へ: 8円/3分
携帯電話へ: 16円/1分
050 plus同士: 無料
SMS送信
(月5通まで無料)
国内3円/通
国外50円/通
OCNでんわ 5分かけ放題オプション

OCNでんわ5分かけ放題オプションは、音声対応SIMであれば申し込むことができ、月額850円(税抜)で利用できます。
サービス内容は、1回につき5分までの国内の音声通話料金が無料・回数無制限で利用が可能になります。
また、5分を超えての通話は、通常料金の半額(30秒につき10円)で利用ができるなど、通話料金がお得になります。

容量シェアプラン

容量シェアプランは家族など複数契約で利用する際にお得なプランとなっており、容量シェアプラン内のSIM同士で、データ容量がシェアできるようになっています。
容量シェアプランは、1枚目のSIMカードの契約プランを最大5枚のSIMカードでシェアすることができ、2枚目以降は追加SIMとして発行されます。

容量シェア料金(税抜)
データ専用SIM SMS対応SIM 音声対応SIM
初期手数料 1,800円 1,800円 3,000円
月額費用 450円 570円 1,150円

また、容量シェアプラン内で月のデータ利用が10GB以内で収まる場合には、このプランを選択したほうが、利用料金がお得になっています。
例えば、3回線契約で父・子ども2人は音声プラン、タブレット用にデータプランの契約を別々にした場合、以下の最低料金がかかります。

例.3回線契約で月のデータ量が合計10GB(父3GB・子5GB・タブレット2GB)の場合

3回線を別々に契約すると合計利用料金は13,650円になりました。

容量シェアプランでまとめた場合

上記のデータ利用量と同じになるように容量シェアプランでまとめると、1,250円もお得になりました。
これは、容量シェアプランを利用して2枚目以降のSIMを追加SIMとして発行することで費用が抑えられるため、同じ10GBのデータ容量を利用する場合でもお得に利用が可能になるためです。

セット利用でおトク!OCN光モバイル割

OCN光モバイル割は、「OCN光サービス」と「OCNモバイルONE」の2つのサービスを利用している場合に適用されるセット割引です。
OCN光モバイル割は1契約200円の割引が受けられ、最大5契約まで適用されます。

OCN光モバイル割

対応機種・端末一覧

対応端末は非常に多いため、下記リンクよりご確認下さい。

http://service.ocn.ne.jp/mobile/one/datacard/?link_id=in_mobileone_navi_0016

モバイルルーターのセット販売もある

OCNモバイルONEではモバイルルーターとデータ専用SIMとのセット販売も行っています。
モバイルルーターが1台あれば複数台の機器と接続が可能になり、SIMを何枚も契約する必要がなく、設定も一度で済むため回線をまとめたい方におすすめです。

セット販売端末一覧

・Aterm MR05LN
・Aterm MR04LN
・WiFiルーター E5383
・AirCard AC785

容量追加オプション

OCNモバイルONEは540円(税抜)で容量追加が可能で、OCNモバイルONEアプリから簡単に申し込みができます。容量追加の内容はコースによって変わり、以下のようになります。

コース 110MB/日・170MB/日 3GB/月・5GB/月
10GB/月・500kbps
容量追加の内容 申し込み当日に限り高速通信が使い放題に!
当日24時まで
0.5GBの追加容量がプラス
3か月間繰り越し可能!

クレジット決済・口座振替も可能

OCNモバイルONEの支払い方法は、基本的にクレジットカードでの支払いとなっています。
ですが、事前の相談で銀行引き落としによる支払いも可能のようです。
口座振替を希望する場合は以下の、カスタマーズフロントへ問い合わせて下さい。

カスタマーズフロント 0120-506-506(土日祝含む10:00~19:00)

データ繰り越しは可能・コース変更後は利用期限に注意

OCNモバイルONEは、500kbpsコースを除くすべてのコースでデータ繰り越しが可能です。
繰り越された分のデータ容量の利用期限は以下のように、コースによって変わります。

OCNモバイル_データ繰り越し

コース変更を行った場合でもデータ繰り越しは適用されますが、上記のようにコースによって利用期限が変わるため、コース変更の際には注意して下さい。
例えば、3.0GB/月コースから110MB/日コースに変更した場合、繰り越されたデータ容量期限は1か月間ではなく、コース変更適用後の1日間だけとかなり短くなります。

OCNモバイルONEの通信速度は?

上り・下りの実効速度や制限速度

MVNO各社の実効速度を毎週計測しているサイト「モバレコ」によると、2016年9月第2週のOCNモバイルONEの総合の実効速度は、下り6.44Mbps・上り6.97Mbpsとなっています。
OCNモバイルONEは、朝・昼・夜のそれぞれの計測でも速度が安定して出ているようです。
この速度であれば、普段の利用において充分な速度といえるでしょう。

制限速度

OCNモバイルONEは契約しているコースの基本通信容量を超えると、通信速度が上り・下り最大200kbpsに制限されます。
通信制限を解除したい場合は、540円(税抜)の追加容量を申し込むと高速通信が可能になります。

3日間データ容量制限がない

3日間データ容量制限は、直近3日間の利用したデータ容量が一定量を超えると、通信制限がかかるというもので、MVNOや大手キャリアもその3日間データ容量制限を設けていることが多いです。
ですが、OCNモバイルONEはその3日間データ容量制限を設定していません。そのため、直近で消費したデータ容量を気にすることなく利用が出来ます。

OCNモバイルONEの独自サービスを紹介!

OCNメールアドレスが利用できる

OCNモバイルONEを契約すると、OCNメールアドレスが利用可能になります
OCNメールアドレスはブラウザからいつでもチェックでき、メールウィルスチェックなどのセキュリティサービスもついた高機能なメールサービスです。また、カレンダーやアドレス帳などの機能も付いており、1GBのメールボックスも無期限で利用が可能です。

容量節約・IP電話・セキュリティなど使えるアプリが充実

上手に使って通信容量を節約!OCNモバイルONEアプリ

OCNモバイル_アプリ

OCNモバイルONEアプリは、通信量の確認やコースの変更、ターボ通信のON/OFFスイッチなど、通信に関するさまざまな機能がついた便利なアプリです。

OCNモバイルONEアプリの中でも特に便利な機能は、ターボ通信ON/OFFスイッチです。
このスイッチがONだと通常の高速通信が可能になり、OFFだと200kbpsの低速通信に切り替わります。
200kbpsの低速通信を利用している間(スイッチOFF時)は、通信容量消費がゼロカウントになるため、任意のON/OFFによって通信容量の節約が可能になります。

低速通信でも速い!?バースト機能

OCNモバイルONEのバースト機能は、最大200kbpsの低速通信時に、最初の150KB分のデータのみ高速通信ができる機能です。
そのためWEBブラウザの読込みなど、データ量の少ない通信は低速通信時でも滞りが少なく利用ができます。

OCNモバイル_050plus

「050 plus」は月額300円(税抜)で利用できます。インターネット回線を利用した「IP電話」が利用できるサービスで、050から始まる電話番号が新たに使えるようになります。

「050 plus」の最大メリットは、インターネット回線を利用して通話することにより、電話回線を利用するよりも通話料金をお得にでき、さらに「050 plus」同士の通話は無料になることにあります。
また、OCNモバイルONEのデータプラン利用の方は半額の月額150円(税抜)で利用でき、音声通話プラン利用の方は月額料金が無料で利用できます。

セキュリティアプリ「マイセキュア」

OCNモバイル_マイセキュア

マイセキュアは、1ライセンスにつき月額250円(税抜)で利用できるセキュリティアプリです。
セキュリティアプリは、ウィルス検知機能や、悪質サイトへのアクセスブロックなど、インターネットにおけるさまざまな危険から守ってくれます。
そのためセキュリティアプリは、インターネット利用において必須となっています。

大容量オンラインストレージ「マイポケット」

マイポケットは1つのIDにつき128GBのオンラインストレージが月額300円(税抜)で利用できるサービスです。
オンラインストレージサービスは、インターネット上に写真や動画が安全に保存できるサービスで、アカウントを利用して、PCやスマホなどからいつでもアクセスができます。
また、OCNモバイルONEを利用している方は「マイポケット」利用のデータ容量がカウントされないため、データ容量の残り分を気にする必要がありません。

OCNモバイルONEと他社サービスを比較!

利用者数トップの座を争うIIJmioとの比較

OCNモバイルONEとIIJmioは、MVNO業者の中でも利用者数でトップを争う企業となっているため、両者にどのような違いがあるか比較してみました。

データ容量ごとの音声通話対応SIM利用料金比較
基本データ容量 OCNモバイルONE IIJmio
3GB 月額1,800円(税抜) 月額1,600円(税抜)
5GB
(IIJmioは6GB)
月額2,150円(税抜) 月額2,200円(税抜)
(データ容量は6GB)
10GB/月 月額3,000円(税抜) 月額3,260円(税抜)

どちらも、月額料金に関しては大きな差はないようです。
ですがOCNモバイルONEには、プリペイドSIMなどIIJmioにはないプランもあり、プランの選択肢の多さではOCNモバイルONEの方が一歩有利です。

サービス内容の比較
OCNモバイルONE IIJmio
支払い方法 クレジット・銀行振替 クレジットのみ
データ繰り越し あり あり
メールアドレス あり
(OCNメール)
なし
バースト機能 あり あり
かけ放題 あり あり
容量追加サービス あり あり
容量シェアプラン あり あり
SIMカード追加 あり あり
Wi-Fiスポット無料利用 あり
(82,000箇所以上)
なし

大まかなサービス内容の比較ですが、利用者数トップを争うだけあってほとんどのサービスは似通っています。
しかし、IIJmioには無料利用できるWi-Fiスポットサービスがついていないようです。

OCNモバイルONEの注意点

LINE利用において年齢認証ができない

OCNモバイルONEに乗り換えた場合、LINEアカウントの引き継ぎによって、友だち情報や購入スタンプなどの情報を引き継ぐことができます。
ですがOCNモバイルONEは、ID検索を行うときなどに必要になる年齢認証には対応していないので注意が必要です。

LINEアカウント引き継ぎ準備

LINEアカウントの引き継ぎには以下の準備が必要です。

・LINEに登録している、メールアドレス・パスワードをメモしておく。

・引き継ぎ設定の許可

引き継ぎ設定の許可は、LINEの設定→アカウントの引継ぎ設定→アカウント引き継ぎをオンにしま
す。

LINEアカウント引き継ぎ手順

1.LINEアプリをインストール→ログインを押す
※このとき誤って新規登録をしてしまうと、以前までのLINEのデータがきえます。

2.メモしたメールアドレスとパスワードを入力

3.電話番号入力→SMSで4桁の暗証番号が届くのでそれを入力

4.登録完了

ドコモ端末でのテザリングは不可

OCNモバイルONEはドコモ回線を利用したMVNOのため、ドコモの端末が利用できます。
ですが、ドコモで販売している端末を利用している場合、テザリングの利用はできないことがほとんどです。
SIMフリーで販売しているスマートフォンはテザリングが可能となっているため、テザリングを利用したい場合は、SIMフリースマートフォンの購入をおすすめします。

82,000か所以上のWi-Fiスポットが無料で利用できる

OCNモバイル_Wi-Fiスポット

OCNモバイルONEの月額プランを利用の方は、NTTコミュニケーションズが提供するWi-Fiスポット(公衆無線LAN)の「OCNモバイルONEアクセスポイント」が無料で利用できます。
Wi-Fiスポットはカフェ・駅・ホテルなどさまざま場所に設置されており、Wi-Fi経由の通信量は加算されないため通信量の節約ができます。また、安全性の高いWPA2方式の通信にも対応しています。

NTTの設置している「OCNモバイルONEアクセスポイント」は全国約82,000か所以上あり、さまざまな場所で活用できます。

OCNモバイルONEアクセスポイント検索はコチラ

iPhone利用はもちろん可能!APN構成プロファイル設定も簡単!

OCNモバイルONEはiPhoneの利用にも対応しています。
また、利用開始に必要なAPN構成プロファイルも「OCNモバイルONEアプリ」経由でダウンロード・インストールまで簡単にできます
また、OCNモバイルONEはiOSのアップデートにも素早く対応します。

海外利用も可能

OCNモバイルONEは国際ローミングにも対応しており海外での利用も可能です。
国際ローミング利用時はSMS送信料100円/1通となっていますが、通話料金やパケット通信料は渡航する地域によって変わってきます。

法人向けOCNサービス「OCNモバイルONE for ビジネス」

「OCNモバイルONE for ビジネス」は、ビジネスでもM2Mでも、利用方法に合わせたプランが選択可能です

OCNモバイルONE_for_ビジネス

「OCNモバイルONE for ビジネス」はNTTコミュニケーションズが提供しており、ネットワークやデバイス提供、保守までワンストップ(1か所)で対応します。
また、西日本エリア・東日本エリアの接続点を冗長化し通信システムの安定化を図っています。

OCNモバイルONEに関するトラブルシューティング

SIMカードが届かない場合

申し込みをしてもSIMが届かない場合は、申し込みが途中だったなどの原因も考えられます。
申し込みを完了している場合は、注文番号などを使って追跡サービスの利用も可能です。
以前にも、運送業者のミスで配達されないなどの事例もあったようなので、あまりにも遅い場合には問い合わせてみましょう。

インターネットに繋がらない場合の対処法

MVNO利用において、つながらない原因としてよくあるのは以下のようなことがあげられます。

・モバイルデータ通信がOFFになっている(スマートフォンの設定からONにしましょう)
・機内モードがONになっている(スマートフォンの設定からOFFにしましょう)
・APN設定がうまく設定できていない(説明書などを見て再設定)
・SIMカードの接触不良(SIMカードの抜き挿しをしてみる)
・機種が対応していない(対応機種一覧で利用できる機種か確認しましょう)

ページトップ