MVNOの中で唯一docomo回線とau回線の格安SIMの両方を提供!

mineo(マイネオ)のオススメ ポイント

  • auやdocomoの両回線のプランから選べる!
  • 多彩なプランから自分に合ったプランを見つけられる!
  • mineoスイッチでかしこくデータ容量を節約できる!
カードサイズ
  • 標準
  • マイクロ
  • ナノ
最安料金プラン

756円

初期手数料

3,240円

送料

0円

お届け目安

1週間程

支払い方法

・クレジットカード
・デビットカード

メニュー

端末一覧

スマートフォンスマートフォン

mineo(マイネオ)の主な仕様

  • 利用不可能 ・・・利用不可能
  • 追加料金必要 ・・・追加料金必要
  • 利用可能 ・・・利用可能
  • プラン変更

    プラン変更はお申し込みの翌月1日より適用

  • データ量の追加

    100MBで150円/回

  • データ量の繰越し

    翌月末まで繰越可能

  • 専用アプリ

    任意のタイミングで高速/低速通信を切り替えられます

  • 高速通信のON/OFF

    専用アプリから

  • 公衆無線LANサービス

    利用できません

オプションサービス

オプションサービス名 内容 料金
サポートサービス 365日受付を行っており、9:00〜21:00まで対応可能 0円/月
データ移行サービス - -
端末交換オプション 万が一のトラブルが発生した場合に備えたサービスです 399円/月
セキュリティオプション ウイルスバスター モバイル月額版 270円/月
端末交換+セキュリティセット - -
MMSメールサービス - -
ネットワーク暗証番号変更 契約者窓口から可能です 0円
パケットギフト ご自身の余ったデータ容量を誰とでも分け合えるサービスです 0円/月
IP電話 - -
国際ローミングサービス 月額利用料金は0円ですが、使用時に従量課金がされます。※データSIMでは使用できません。 0円
動画配信サービス - -

mineo(マイネオ)の詳細

はじめに

1.業界で唯一のマルチキャリアMVNO

mineo(マイネオ)は読み方を「ミネオ」と間違えられがちですが、「マイネオ」と呼びます。
もともとはau回線の格安SIMのみを提供していたのですが、2015年8月18日からdocomo回線の格安SIMの提供も始めるようになりました。mineo(マイネオ)はMVNOの中で唯一docomo回線とau回線の複数回線を取り扱っているマルチキャリアMVNOとなっており、特にau回線を提供しているMVNOはmineo(マイネオ)以外ではUQmobileしかないので、au回線を使用しているユーザーはどんなプランがあるのか要チェックです。
マルチキャリアMVNOなので、家族の中でauを使っている人とdocomoを使っている人とが別れている場合もmineo(マイネオ)なら統一できることを初めとして、他にも複数回線を提供していることによるメリットがたくさんあります。

■各MVNOの通信回線

mineo(マイネオ)のみがdocomo回線にもau回線にも対応!

2.mineo(マイネオ)の評判について

mineo(マイネオ)の評判についてですが基本的にユーザーの評価は高いと言えます。料金が安い上に通信速度も申し分なく、プランの種類も豊富なので今も順調にシェアを伸ばしている人気のMVNOです。
ただ、通信速度も料金も総合的な評価は高いのですが、ずば抜けて料金が安かったり通信速度が速かったりする訳ではありません。一言で言うならば、mineo(マイネオ)はオールラウンダータイプのMVNOです。
サービスを開始して当初は安定感のあるMVNOと評判のあったmineo(マイネオ)ですが、契約者数が伸びた今、お昼時などのアクセスが集中する時間帯は昔よりも遅くなったという声もあがってきています。しかし、mineo(マイネオ)のサービスの向上に対する積極性はMVNOの中でもトップクラスなので今後改善されていくと思われます。
mineo(マイネオ)のサービスや機能の豊富さに関してはかなり評価が高く、他社には全くない機能で料金を安くできたり月間のデータ容量を増やすことができたりと、ユーザーが喜ぶポイントをしっかりつかんでいます。

mineo(マイネオ)はこういう人におすすめ!

格安SIM・格安スマホがはじめての方

格安SIM・格安スマホが
はじめての方

MVNO内でNO1の
サービスと機能の多さ
ご家族で使う方

ご家族で使う方

格安SIMでは
珍しく家族割に対応!
auから乗り換えの方

auから乗り換えの方

数少ないau回線も
提供しているMVNO

乗り換え、解約方法

3.mineo(マイネオ)へのMNP方法

最新作の更新は?

使用している電話番号をそのままで他社に乗り換えることができるMNP(モバイル・ナンバー・ポータビリティ)ですが、mineo(マイネオ)にもMNPで乗り換えることが可能です。
従来のネット上でのMNPの場合は、MNP切り替えを届け出てからMVNOに格安SIMを送ってもらうのでスマホが使えない日ができてしまう、というものが多いですが、mineo(マイネオ)の場合は格安SIMが届いてから自身でMNPの切り替えができる為、スマホが使えない時間も30分~1時間だけで済ませることができます。これもmineo(マイネオ)ならではの強みとっています。

■mineo(マイネオ)へのMNPの流れ
  • 1. 現在のキャリアからMNP予約番号の取得をする
  • 2. MNP予約番号を使ってmineo(マイネオ)に申込み
  • 3. mineo(マイネオ)から格安SIMは配送される
  • 4. mineo(マイネオ)の公式サイトでMNPの切り替え手続きを行う
  • 5. MNP完了

MNPの切り替え手続きができる時間は、au回線のプランが21時まで、docomo回線のプランが18時までと決まっているので、お急ぎの方はご注意ください。

4.mineo(マイネオ)のプラン変更方法

mineo(マイネオ)のプラン変更方法

たくさんのプランがあるmineo(マイネオ)ですが、実際に使ってみてデータ容量が足りなかったり多すぎたり、通話機能が途中から必要になった際にプランを変更することが可能となっています。ただ、いつでもプラン変更ができるわけではないのと、プラン変更時に手順を踏まないといけないこともあるので、下記でプラン変更のタイミングと手順について説明していきます。
まず、mineo(マイネオ)でプランを変更する場合、変更したい月の25日までに申し込みを行わないといけません。ちなみに、26日から月末の間はプラン変更の申込み自体ができないのでご注意ください。
プラン変更の申込みはmineo(マイネオ)の公式サイトにあるマイページから行うことができます。

■プラン変更申込みの流れ
  • 1. mineo(マイネオ)公式サイトのマイページにログイン
  • 2. プラン変更メニューへ
  • 3. 変更したいプランを選択する
  • 4. 内容を確認してプラン変更の申込み完了

また、一度申込みしてから、やっぱり今のままで良いとなった場合や、別のプランにしたくなった場合でも25日までならいつでもキャンセルや変更が可能となっているのでご安心ください。

5.mineo(マイネオ)の解約方法

mineo(マイネオ)の解約方法

月額料金が安く機能やオプションも充実しているmineo(マイネオ)ですが、他社に魅力を感じたり、その他の諸事情があったりして解約したくなった場合の解約方法についても触れたいと思います。

■解約の流れ
  • 1. mineo(マイネオ)公式サイトのユーザーサポートへ
  • 2. 解約したい理由を選択
  • 3. 解約したい理由に対する解決策の下にある「解約の方はこちら」へ
  • 4. mineo(マイネオ)のマイページログイン画面でeoIDとパスワードを入力
  • 5. 解約したい電話番号を選択
  • 6. 確認して解約申し込み完了

プランの変更同様、解約の際も手続き可能な時間が限られているので注意しましょう。基本的にはmineo(マイネオ)で解約手続きできる時間は9時~21時となっているので、月末ぎりぎりで21時を過ぎてしまった場合は翌月分も支払わないといけなくなってしまいます。

独自サービス、サポート

6.手厚いサポート体制

格安SIM・格安スマホといえば店舗も少ないので、一般のキャリアと比べてサポート体制が手薄という印象が強いかと思います、しかしmineo(マイネオ)では利用者満足度NO1.を目指しているため、他のMVNOとは一線を画した手厚いサポートを受けることができます。

■リアルタイムでmineo(マイネオ)スタッフとやり取りができるチャットサポート

mineo(マイネオ)では、なにかわからないことや困ったことがあった時に、公式サイトからチャットで手軽にスタッフとやりとりができます。受付時間は9:30~20:30までとなっていて、mineo(マイネオ)側のスタッフの体制も整っているので回線が混み合うことなくスムーズにやりとりをすることができます。すぐに解決したいけど電話ができる状態ではない、というときや、片手間で解決したい、というときにおすすめです。

■年中無休のサポートダイヤル

docomoやauのような一般キャリアと同じように、mineo(マイネオ)でもサポートダイヤルが用意されています。受付時間は9:00~21:00で年中無休で、mineo(マイネオ)のスタッフが対応してくれます。
てっとり早く電話で話して解決したいという方や、ネットに関してあまり詳しくなくてチャットのサポートもやりにくいという方は、下記の電話番号からこちらのサポートを受けると良いでしょう。

  • 1.固定電話/携帯電話/PHSから 0120-977-384
  • 2.LaLa Call、他社IP電話から 050-7102-8890 ※一部他社IP電話から通話料有料
■普段の投稿感覚で質問できるTwitterサポート

mineo(マイネオ)ではTwitterでのサポートにも対応しています。公式アカウント宛てに質問を送ると返信してくれるという、SNSが普及している現代ならではのサポートです。
他のユーザーが質問した内容もTwitter上にあがっているので、どういった質問と回答があったのか見てみると何か参考になることが見つかるかもしれません。

■サポート店で直接サポート

実店舗は全国で現状1店舗しかないmineo(マイネオ)ですが、サポート店を全国にもっています。これらの店舗であれば、直接サポートを受けることが可能となっています。
パソコン工房やPCDEPOTなどがサポート店としてmineo(マイネオ)を取り扱っており、公式サイトでもサポート店の一覧を確認することができるので、お住まいのエリア周辺にサポート店がないか調べてみると良いでしょう。

チャットサポート
チャットサポート
サポートダイヤル
サポートダイヤル
Twitterサポート
Twitterサポート
店頭サポート
店頭サポート

7.余ったデータ容量は翌月に繰り越しすることができる

余ったデータ容量は翌月に繰り越しすることができる

mineo(マイネオ)では余ったデータ容量を翌月に繰り越すことができます。これによって、例えば5GBのプランを契約して4GBしか使わなかった人の場合は、翌月6GBまでデータ容量を使うことができるようになります。
この繰り越し機能自体は他のMVNOでも実施しているところが多いので、mineo(マイネオ)に限っての魅力という訳ではありませんが、mineo(マイネオ)を選ぶ際はこういった機能もあるということを知っていると、賢く格安SIM・格安スマホを使うことができるでしょう。
また、mineo(マイネオ)ではこのデータ容量の繰り越しはプランを変更しても適用されるので、例えば1GBでは少なすぎるけど3GBでは多すぎる、その間の2GBならちょうど良いという方の場合、最初に3GBのプランを契約して2GBを使い、翌月は1GBのプランに変更して前月の繰り越し分の1GBと合わせて2GB使用、また次の月は3GBのプランに変更して2GBのみを使う、というサイクルを毎月繰り返せば、データ容量を無駄なく使うことができます。
データ容量の繰り越しはU-mobileやY!モバイルなどの格安SIMでは利用することができません。また、UQモバイルではデータ容量の繰り越しが可能ですが、最大3GBまでなので多くデータ容量が余る可能性がある場合はmineo(マイネオ)の格安SIMを選ぶと良いでしょう。

各MVNOのデータ容量繰り越しの可否
mineo(マイネオ) rakuten uqmobile dmm umobile biglobe

最大3GBまで
×
ymobile iijmio dti nifmo ocn bbexcite
× ×

8.mineo(マイネオ)ユーザーの為のコミュニティー「マイネ王」

mineo(マイネオ)ではmineo(マイネオ)を使っているユーザーやユーザー同士のつながりを大切にしており、ウェブ上で「マイネ王」というユーザー向けのコミュニティーを提供しています。
2015年の1月から始まった「マイネ王」ですが、2016年の5月時点での会員数は53,000人と急激に会員数を伸ばしており、始まって1年半ほどとは思えないにぎわいを見せています。
マイネ王ではmineo(マイネオ)の最新情報をお届けしている「スタッフブログ」、mineo(マイネオ)のサービスや格安SIM・格安スマホについてのわからないことをmineo(マイネオ)ユーザー同士で質問・回答のできる「Q&A」、mineo(マイネオ)や格安SIM・格安スマホについてユーザー同士で話すことのできる「掲示板」、mineo(マイネオ)のサービス改善のためのアイデアをユーザーが提供したりそれに対して別のユーザーがコメントやデータ容量をチップとして寄付できる「アイデアラボ」、mineo(マイネオ)のサービスに関する感想を投稿したり見たりできる「レビュー」などたくさんのコンテンツを提供しています。
最近では「mineoファンの集い」というmineo(マイネオ)によるオフ会なども開催予定で、mineo(マイネオ)や格安SIM・格安スマホに関するトークセッションや懇親会など、ネット上だけでなくリアルなユーザーとのつながりを作ろうとしています。ユーザーと一緒にサービスを良くしていくというのがmineo(マイネオ)の計らいではないでしょうか。
マイネ王への登録はユーザー情報とアドレス、パスワードなどの簡単な情報登録でできますし、facebookやTwitterとも連動しているので手軽に登録することが可能となっています。

■マイネ王にあるコンテンツ
スタッフブログ Q&A 掲示板 アイデアラボ レビュー
スタッフブログ Q&A 掲示板 アイデアラボ レビュー

9.mineo(マイネオ)ユーザー同士でデータ容量を分け合える「フリータンク」

格安SIMを使っていると、当月分のデータ容量を使い切ってしまう人もいれば、逆にデータ容量を余らしてしまう人もいると思います。そんな人たちの為に、mineo(マイネオ)にはユーザーがデータ容量を提供したり引き出したりできるフリータンクというものが存在しています。これによって全国のmineo(マイネオ)ユーザー同士でデータ容量をシェアし合うことが可能となっています!
データ容量に余りが出そうな方はこのフリータンクに自分のデータ容量を寄付することができ、逆にデータ容量が足りない方はフリータンクから月々2回、最大1GBまでデータ容量を引き出すことが可能となっています。
mineo(マイネオ)ユーザーの善意で成り立っているフリータンクですが、毎月かなりの量のデータ容量が寄付されており、フリータンクの中がからっぽになるということはまずないかと思われます。
結論、mineo(マイネオ)ユーザーなら月間データ容量が実質+1GBで格安SIMを使うことが可能となっています。ユーザー同士の繋がりを大切にしているmineo(マイネオ)ならではのうれしい機能です。

mineo(マイネオ)ユーザー同士でデータ容量を分け合える「フリータンク」

■フリータンク利用に必要なこと

格安SIMユーザーにはうれしい機能のmineo(マイネオ)のフリータンクですが、利用するためには「マイネ王」と「eoID」との連携認証が必要となります。
「eoID」とはmineo(マイネオ)を運営する株式会社ケイ・オプティコムが提供しているサービスを利用するための専用IDです。

■「マイネ王」と「eoID」の連携認証方法

1. マイネ王にログイン
まずはマイネ王にログインしてください、ご登録がまだの方は上記にあるマイネ王の登録方法をご参考にしてください。
マイネ王にログインすると「eoID連携」というボタンがあるのでそちらをクリックしてください。

2. eoID認証ページでログイン
先程のボタンを押してページを開くとeoID認証のログイン画面が出てくるのでこちらに「eoID」と「パスワード」を入力してログインしてください。

3. 連携したい電話番号を選択
ログインするとmineo(マイネオ)で契約中の電話番号が表示されるのでマイネ王のアカウントと連携したい電話番号を選択してください。

4. 連携完了
連携したい番号を選択して完了ページまでいくと連携完了です。

■フリータンクからデータ容量を引き出す場合

mineo(マイネオ)のフリータンクからデータ容量を引き出す際にかかる料金は0円、引き出せる回数は月々2回まで、合計1GBまでを引き出すことが可能です。

10.家族や友達とデータ容量を分け合える「パケットシェア」と「パケットギフト」

■パケットシェア

mineo(マイネオ)では余ったデータ容量を家族間で分け合うことのできる「パケットシェア」という機能があります。この機能を使うためには、分け合うユーザーの住所情報が同一であるという条件が必要になります。
具体的にどういうものかというと、例えばお父さんとその息子が、二人とも月間データ容量が5GBのプランを使っていたとします。お父さんは月に3GBのデータ容量を使用して2GBを余らせ、息子は5GBまるまる使用したとします。そして翌月、息子が月末になる前に5GBを使いきってしまった場合に、前月の容量を余らせていたお父さんから息子に、2GBまでならデータ容量をシェアすることが可能になるといった仕組みです。
「パケットシェア」でシェアできるのはあくまでも前月で余らせたデータ容量のみとなっており、当月分をシェアすることはできません。これは、一人のユーザーが大量にデータ容量を使用してしまうことを阻止するためかと思われます。
また、mineo(マイネオ)では月間データ容量の最大が10GBのプランまでしかありませんが複数回線を契約して自分自身にパケットシェアをすれば一人で10GB以上を使用することが可能になります。動画やアプリをがっつり楽しみたいので大容量のプランをmineo(マイネオ)でも使いたいという方はこういった方法で月額データ容量を増やすことが可能です。
パケットシェアはOCNモバイルONEなど他のMVNOでも同じ機能がありますが、mineo(マイネオ)の場合は前月で余らせたデータ容量のみシェアできるという部分が他社との違いとなっています。

パケットシェア

■パケットギフト

「パケットシェア」では、データ容量を分け合えるのは同一の住所に住んでいる家族内、かつ前月の余った分のみをシェアできることとなっていますが、「パケットギフト」なら遠くに住んでいる家族や友達にもデータ容量がわけることができ、データ容量も前月の余り分だけではなく当月分まで可能となっています。
またau回線のプランの人からdocomo回線のプランの人に、docomo回線のプランの人からau回線のプランの人に、と別の回線のプランを使っているユーザー同士でもデータ容量を分け合うことが可能です。
これによってデータ容量を使いすぎて足りていないという方や、逆にデータ容量がかなり余っていてもったいないという方も、お互い活用することができるようになっています。送られてきたデータ容量の有効期限は、送られてきた翌月の月末までとなっているのでご注意ください。

パケットギフト

11.mineo(マイネオ)にも初期バースト機能がついている

■初期バースト機能の無いSIMでの低速時
初期バースト機能の無いSIMでの低速時
■mineo(マイネオ)のSIMでの低速時
mineo(マイネオ)のSIMでの低速時

データ容量をオーバーしてしまった時に通信速度が遅くなり、ネットやメッセージのやりとりがスムーズにできなくてイライラしてしまうということがあると思います。オーバーしてしまった際の低速通信によるストレスを軽減してくれるのが初期バースト機能です。
どういったものかというと、データ容量オーバーをして低速通信になっている状態でも、ウェブページを開いたときなどの最初の数秒だけ高速データ通信を行えるというものです、これによって最初の数秒でいっきにページを開くことができるので、テキストがメインのサイトやメッセージのやりとりなら普段となんら変わらないスピードで使うことができます。
この初期バースト機能ですがmineo(マイネオ)の格安SIMにも搭載されています。mineo(マイネオ)としては大々的に公言しているというわけではありませんが、通信速度を計測した際の速度の推移をみると他社で大々的に公言されている初期バースト機能と同じ動きをしています。ただ、実際のユーザーの間では、大々的に公言しているUQモバイルや楽天モバイルの同機能と比べると少し制度が低いと言われているので、あらかじめ念頭に置いておいた方が良いでしょう。

■各MVNOの初期バースト機能の評判
mineo(マイネオ) rakuten uqmobile iijmio
普通 良い とても良い 良い

12.mineo(マイネオ)の専用アプリについて

mineo(マイネオ)の専用アプリについて

mineo(マイネオ)では「mineoスイッチ」という専用アプリが存在しています。これを使うことによって今よりもさらにお得に格安SIM・格安スマホを使うことができます。
月々の高速通信のデータ容量が少ないプランを使う方も多いかと思います。その場合むやみに高速通信を使っていると制限がかかってしまい、高速通信を使いたいときに使えないということが起きてしまいます。
そんなときに使えるのがこのアプリで、自分の好きなタイミングで高速通信のONとOFFを切り替えることができます。メールやLINEなどの連絡手段のみなら高速通信でなくても不自由なく使うことができるのでスイッチをOFFに、動画やネットサーフィンを楽しみたいというときは高速通信が必要となるのでスイッチをONにする、というように、とシチュエーションによってスイッチのONとOFFを切り替えることで賢くデータ容量を節約することができます。
他にもmineoスイッチなら当月の使用料や残容量の確認なども行うことができます。
高速通信のONとOFFの切り替えは、mineo(マイネオ)以外でau回線の格安SIMを提供しているUQmobileでも可能ですが、UQmobileの場合は専用アプリからではなくウェブサイトからとなるので、切り替えの手軽さはアプリでできるmineo(マイネオ)の方が上です。

■各MVNOの高速通信切り替え機能の比較
mineo(マイネオ) rakuten uqmobile dmm umobile biglobe
高速通信
切り替え
× ×
切り替え
方法
専用
アプリから
専用
アプリから
サイトから 専用
アプリから
ymobile iijmio dti nifmo ocn bbexcite
高速通信
切り替え
× ×
切り替え
方法
専用
アプリから
専用
アプリから
専用
アプリから
サイトから

13.mineo(マイネオ)ユーザーなら月額料金無料で使えるIP電話「LaLaコール」

mineo(マイネオ)ユーザーなら月額料金無料で使えるIP電話「LaLaコール」

mineo(マイネオ)を運営している株式会社ケイ・オプティコムが提供しているIP電話「LaLaコール」。本来100円/月がかかるところを、mineo(マイネオ)ユーザーなら月額無料で使用することが可能となっています。
通話料も固定電話への通話料金は3分8円で携帯電話への通話料金は1分18円と、従来のスマホの通話料金と比較してもかなり安い料金となっています。さらにLaLaコール同士での通話料金は無料なので、家族でmineo(マイネオ)を使っているという方などは通話料金を節約することができるのではないでしょうか。
こちらのLaLaコールですがIP電話なので音声通話機能のついていないデータ専用SIMでも使用することが可能です。通話機能は欲しいけど電話番号が090や080からはじまるものでなくても良い、という方はデータ専用SIMとLaLaコールでさらにお得にmineo(マイネオ)のサービスを使えます。
ただ、IP電話なのでネット回線を利用しており、ネット回線が込み合っている時などは通話の品質が落ちてしまったり通話が利用できなかったり、ということもあるのでその点はご注意ください。
楽天モバイルでも「楽天でんわ」というIP電話サービスがありますが通話料が固定電話へも携帯電話へも1分21円となっているのでmineo(マイネオ)のLaLaコールの方が通話料が割安となっています。

14.「複数回線割」や「家族割」で月額料金を安くできる

基本的に月々の料金が安いのが格安SIMですがmineo(マイネオ)ならさらに月額料金を下げることができます。
まず「複数回線割」、こちらは複数回線を契約すればそれぞれ月額50円割り引いてもらえるというサービスです。割引できる回線数は最大で5回線まででお申込みは不要となっており、複数回線で契約すると自動的に割り引いてくれます。
スマホとタブレットなど複数の端末にmineo(マイネオ)の格安SIMを挿入して使用する方などはこのサービスの恩恵を受けることができます。
もう一つが「家族割」で、家族で契約するとそれぞれ月々50円を月額料金から割引してもらえるというサービスです。同一住所の家族だけではなく、離れて暮らしている家族にも適用可能なうれしいサービスとなっています。
しかも3親等以内の方までが対象となっているので姓の違う家族にも対応しており、姪やひ孫まで家族割の対象としてサービスの恩恵を受けることができます。
ただしこの複数回線割と家族割は併用して割り引くことはできないのでご注意ください。

「複数回線割」や「家族割」で月額料金を安くできる

15.mineo(マイネオ)にも実店舗が、その名も「mineoアンテナショップ」

ネット申込み・開通が主流のmineo(マイネオ)ですが、実店舗も日本に一店舗のみ存在しています。これは「mineoアンテナショップ」と呼ばれており、契約をした当日にmineo(マイネオ)のSIMカードを受け取ることが可能となっています。

店舗情報

開館時間:10:00~20:00

当日お渡しの分の受け付けは平日18:00、土休日17:00までとなっております。

休館日:毎週水曜日(祝日の場合は翌平日)
    年末年始(12月29日~1月3日)

所在地:〒530-0011 大阪市北区大深町3番1号
    グランフロント大阪北館3階

電話番号:06-7502-7788

■mineoアンテナショップにできること

mineoアンテナショップではmineoの通信サービスの新規申し込みはもちろん、mineo(マイネオ)端末や海外用プリペイドSIMの購入も可能となっています。ただし契約変更・解約・ご利用料金のお支払などはできないので要注意です。
現在使用中の端末をそのままで使用したい場合に、その端末がmineo(マイネオ)で使用可能かの動作確認や、新規でSIMカード単体を購入した際のSIMカードの差し替え・ネットワークの設定など自分でやるのはややこしいことも対応してもらえるなど、サポートの安心感は大手キャリアにも引けを取らないのではないでしょうか。

■便利なmineoアンテナショップですが混雑する場合があるのでご注意を

スタッフと面と向かって話せるので何かと便利なmineoアンテナショップですが、
その分訪れる方も多く、特に土日や祝日は混雑していることが多いため、定められた時間よりも早く当日受け取りの時間を締め切ってしまうこともあります。
混雑状況や当日受け取りの締め切り時間に関してはmineo(マイネオ)のホームページで確認することができるので、ご利用を予定されている方はあらかじめ確認することをおすすめします。また、訪問の際は時間に余裕をもって向かうと良いでしょう。

mineo(マイネオ)通信サービス新規お申し込み
ご購入 エントリーパッケージ
プリペイドパック
海外用プリペイドSIM
Prepaid SIM for JAPAN Travel
mineo(マイネオ)端末
mineo(マイネオ)端末の初期設定
契約変更・解約・ご利用料金のお支払い・端末修理など ×

16.専用帯域でスムーズに通信できるプレミアムコース

専用帯域でスムーズに通信できるプレミアムコース

mineo(マイネオ)はdocomoやauなどのキャリアの通信回線の一部を借りてユーザーに提供しているため、通勤時やお昼休みなどのアクセスが集中しやすい時間帯の通信速度が遅くなってしまう場合があります。そんな混雑時のストレスを解消できるプレミアムコースが登場予定となっています。
何が通常のプランと違うかというと、通常のプランとは別でプレミアムコース用に専用帯域が用意してあり、混雑時でもスムーズにネットに接続できる、いわばVIPコースのようなものです。
現在mineo(マイネオ)の公式サイトで無料トライアルの募集を行っており、その抽選に当選した限定100名のみがお試しでプレミアムコースを使えるようになっています。本格的な稼働は2016年の9月を予定しており、有料オプションになると思われますが人気のコースとなりそうです。

比較

17.mineo(マイネオ)のau回線のプランとUQmobileとの比較

マルチキャリアMVNOのmineo(マイネオ)はdocomoの回線にもauの回線にも対応していますが、au回線の格安SIMはmineo(マイネオ)以外では現状UQmobileしか存在していません。au回線で格安SIM・格安スマホを検討している人ならこの二つのサービスを比較することになるかと思います。

■通信速度についてはUQmobileの方が速いといわれている

まず通信速度についてはUQmobileの方が速いという声が多いです。ただこれはmineo(マイネオ)が遅いためかというとそういう訳ではなく、UQmobileの通信品質がMVNOのサービス全体をみても良いためです。mineo(マイネオ)の通信速度でも十分快適にネットサーフィンや動画視聴ができる速さです。
使用している地域や使用人口や密度によってこの傾向は変わるので、半年後や1年後には状況は変わっているかもしれません。

■料金の安さはほぼ同じぐらい

mineo(マイネオ)とUQmobileでは月額料金の差はそれほどありません、おなじ3GBのデータ専用SIMのプランの場合両方とも月額料金が1,000円前後となっています。
ただ、mineo(マイネオ)の場合フリータンクから毎月最大1GBまでを引き出すことができるのでデータ容量的にみるとmineo(マイネオ)の方がお得に使うことができます。
ただ、mineo(マイネオ)もUQmobileもそれぞれ限定で割引きキャンペーンをやっていたりもするのでそのあたりも確認しておくと良いかもしれません。

■プランの豊富さはmineo(マイネオ)に軍配あり

プランのラインナップについてはmineo(マイネオ)の方が充実しています。UQmobileの場合は月間データ容量が3GBのプランか使い放題のプランしかないのに対して、mineo(マイネオ)では500MB,1GB,3GB,5GB,10GBと細かく月間のデータ容量を選ぶことができます。au回線の格安SIMが使いたくてUQmobileのプランを見ていたけれど、3GBでは少ないし使い放題ではデータ容量が多すぎるという方はmineo(マイネオ)の5GB以降のプランを選ぶと良いかもしれません。

通信速度
通信速度
料金
料金
プランの豊富さ
プランの豊富さ
mineo(マイネオ) 負け 引き分け 勝ち
uqmobile 勝ち 引き分け 負け

注意点

18.mineo(マイネオ)の注意点

mineo(マイネオ)の注意点

マルチキャリアMVNOであったり、ユーザー同士のコミュニティーを提供していたりと魅力の多いmineo(マイネオ)ですが、いくつか注意点もあるので格安SIM・格安スマホを選ぶ際には参考にしてください。

■au回線のプランでは「4G LTE」エリアでしかデータ通信ができない

都心部に住んでいる人の場合はそこまで大きな問題ではないかもしれませんが、au回線のプランでは「4G LTE」通信にしか対応していないため、「3G」のみ提供のエリアでは使用することができません。乗り換えたのは良いが使えなかった!なんてことの無いように、あらかじめ身の回りの回線状況がどうなっているか確認しておくと良いでしょう。

■12ヶ月以内にMNP転出する際の転出料が他社と比較して割高

契約期間の縛りや違約金のないmineo(マイネオ)ですが、契約してから12ヶ月以内に他社に乗り換えをする際にMNP転出をする場合、11,500円もかかってしまいます(2016年6月時点)。楽天モバイルやIIJmioなどの他社では3,000円で転出可能なのに対して、これはかなり割高な転出料です。
電話番号を変更しても問題ないという方なら良いかと思いますが、電話番号は今のままで変えたくない、と考えている方はあらかじめmineo(マイネオ)ではMNP転出料が割高ということを頭に入れておいてください。

■各MVNOの12ヶ月以内のMNP転出料
mineo(マイネオ) rakuten uqmobile dmm umobile biglobe
11,500円 3,000円 3,000円 3,000円 3,000円 3,000円
(3ヶ月以内6,000円)
ymobile iijmio dti nifmo ocn bbexcite
3,000円
(半年以内6,000円)
3,000円 3,000円 3,000円 3,000円 音声通話SIM
プランなし
■支払方法がクレジットカードのみ

こちらはmineo(マイネオ)に限ったことでもないのですが、支払方法が基本クレジットカードのみとなっています。クレジットカードをお持ちでない方や未成年の方ではご契約できないので、あらかじめご了承ください。

19.mineo(マイネオ)でもiPhoneが使える

mineo(マイネオ)でもiPhoneが使える

月額料金が安くなり使い勝手も良いmineo(マイネオ)ですが、iPhoneでも使えるのかという疑問をお持ちの方は多いでしょう。実は、mineo(マイネオ)でもiPhoneを使うことが可能です。ただ、お持ちのiPhoneのキャリアによって使えるmineo(マイネオ)の格安SIMカードや利用時に必要な設定が変わってくるのでご注意下さい。

■docomoで購入したiPhoneにmineo(マイネオ)の格安SIMカードを挿して使用する場合

docomoで購入したiPhoneでmineo(マイネオ)の格安SIMを使用する場合、docomo回線の格安SIMならSIMロックを解除しなくてもそのまま使用することができます。
au回線の格安SIMを使用する場合はSIMロックを解除する必要があります。

■auで購入したiPhoneにmineo(マイネオ)の格安SIMカードを挿して使用する場合

auで購入したiPhoneでmineo(マイネオ)の格安SIMを使用する場合はdocomoで購入したiPhoneで使用する場合の逆で、au回線の格安SIMならSIMロックの解除をしなくても使用することができ、docomo回線の格安SIMを使用する場合はSIMロックを解除する必要があります。

■SIMフリーのiPhoneにmineo(マイネオ)の格安SIMカードを挿して使用する場合

SIMフリーのiPhoneでmineo(マイネオ)の格安SIMカードを使用する場合はdocomo回線の格安SIMでもau回線の格安SIMでもそのまま挿して使用することができます。

iPhoneの中でも利用可能端末に関してはmineo(マイネオ)のホームページで見ることができるので念のため確認すると良いでしょう。

20.mineo(マイネオ)でLINEは使える?

mineo(マイネオ)でLINEは使える

トークアプリのLINEが普及した今、友達や家族とのやりとりはメールではなくLINEという方も多いかと思います。mineo(マイネオ)の格安SIM・格安スマホでもLINE は使うことができますが、いくつか注意点があるのでご説明したいと思います。

■データ専用SIMのプランの場合はSMSオプションが必要

LINEを使用するには登録段階でSMSによる認証コードを受け取る必要があります。音声通話SIMのプランの場合はSMSが標準で付属しているので問題ありませんが、データ専用SIMのプランの場合は別途SMSオプションの申込みが必要となります。

■docomo回線のデータ専用SIMの場合SMSが有料

au回線のデータ専用SIMの場合SMSの申込みは必要ですが料金は無料となっています。一方でdocomo回線のデータ専用SIMの場合は別途料金が120円/月かかるのでご注意を。そんなに高い料金ではないので問題ないという方が多いかと思いますが実質docomo回線のプランの方が高くなってしまうので、どちらの回線にするか迷っているという方はこちらも参考にしていただくと良いでしょう。

21.mineo(マイネオ)でテザリングは使える?

mineo(マイネオ)でテザリングは使える

テザリングとは使っているスマホなどの端末をWi-Fiルーター化させてPCなどのネット接続に使える機能のことをいいます。auやdocomoなどのキャリアではテザリングの機能を有料のオプションで提供していますが、mineo(マイネオ)では無料でテザリング機能を使うことができます
基本的に端末自体にテザリングの機能が対応していればどのプランでもテザリングを使うことが可能となっています。ただau回線のプランの場合、iOS端末のiPhoneやiPadでのテザリングができません。どうしてもiOS端末でテザリングを使いたいという方は、docomo回線のプランを契約すると良いでしょう。逆にdocomo回線のプランの場合、一部のAndroid端末でテザリング機能が使えない場合があるので、あらかじめ自分の端末がmineo(マイネオ)のdocomo回線プランでテザリングが使用可能なのかを調べた方が良いでしょう。
テザリングの設定自体はそこまで難しくはないので、設定画面を開けば簡単に設定できるかと思いますが、万が一わからない場合は各端末の仕様書やウェブサイトで確認すると良いでしょう。
テザリングを利用する際は電池の消耗が速くなるのでご注意ください。長時間外で使用する場合などは、モバイルバッテリーを持ち歩くと良いでしょう。また、テザリングを使うとデータ容量の減りが速くなるのでこちらも注意しましょう。テザリングをよく使うという方は月間データ容量の大きいプランを選ぶことをおすすめします。

その他

22.mineo(マイネオ)は法人の方にもおすすめ

mineo(マイネオ)は法人の方にもおすすめ

格安SIM・格安スマホと聞くと一般消費者の方が使うイメージが強いかもしれませんがmineo(マイネオ)では法人向けにも販売を積極的に行っており、法人でmineo(マイネオ)に契約しているという方も年々増えてきています。
mineo(マイネオ)のパケットシェアなら余ったデータ容量を翌月に社内全体でシェアすることができるので、無駄なくデータ容量を使うことができます。
また、社内でauの回線を使いたいという方とdocomoの回線が使いたいという方が分かれていても、マルチキャリアMVNOのmineo(マイネオ)なら一度の法人契約で両方の回線を使用することができます。
またmineo(マイネオ)では企業の管理者の方向けに企業管理ページを用意してあり、社内の全ユーザーの利用状況を一元で管理できたり、容量の変更やデータ容量の追加購入もそちらで行ったりすることができます。

■M2MやIoTの利用にも対応

他にも法人の方におすすめなポイントとして、mineo(マイネオ)ではM2M(Machine to Machine)やIoT(Internet of Things)の利用にも対応しており、レジや車載器などの法人向けの機器に格安SIMを挿入して使用することも可能となっています。プランの方も上りトラフィックの制限がなく24時間通信可能な「上り高速コース」や、22時から6時の夜間のみ通信可能で費用を抑えられる「夜間専用コース」なども用意されているので、それぞれの法人の方にあったコースを選ぶと良いでしょう。

■セキュリティーサービスもあるので安心

格安SIM・格安スマホだからセキュリティーがどうなのかが心配、というのが法人契約をお考えの方の場合は特に多いかと思います。mineo(マイネオ)では「マルチデバイスセキュリティ―サービス」というセキュリティーオプションも付けることができるので、ウィルスやマルウェアなどの脅威から顧客の秘密情報が漏れるのを守ってくれます。料金は5台分で1,400円/月となっています。

23.まずはお試しで使える「mineoプリペイドパック」

まずはお試しで使える「mineoプリペイドパック」

mineo(マイネオ)には興味があるけど実際に自分の住んでいるエリアで使えるのか、通信速度は実際どのくらい出るのか不安、といった方もいらっしゃると思います。そんな方のためにお試しでmineo(マイネオ)のサービスを受けられるのが「mineoプリペイドパック」です。
データ容量は1GB、料金は3,200円で最大2ヶ月使うことのできるパックとなっています。通信回線の方はもちろんau回線のパックもdocomo回線のパックもあります。
おすすめのポイントは、mineoプリペイドパックを購入して初めて利用する際に電話一本で開通の手続きをして利用することができる点です。面倒な契約の手続きが不要なので、手軽にmineo(マイネオ)のサービスを試すことができます。
またmineoプリペイドパックを利用後にそのまま月額プランに切り替えることができ、その際に本来の契約でかかる新規事務手数料の3,000円は無料になります。つまり、mineoプリペイドパックから月額プランに変更する場合、お試し分の料金は実質200円しかかからない、というのがこのパックの魅力でもあります。
他にも、月額プランに変更の場合、mineoプリペイドパック利用の際に余ったデータ容量は月額プランの方に繰り越すことが可能で、SIMカードもそのままで切り替えることが可能となっています。ただmineoプリペイドパックから月額プランに変更が無料で行えるのはデータ専用SIMのみとなっており、音声通話SIMの場合別途2,000円の変更事務手数料がかかってしまうのでご注意ください。
購入を迷っているという方は、是非このmineoプリペイドパックの利用をおすすめします。

24.海外旅行の際にも使える「海外用プリペイドSIM」

最新作の更新は?

海外旅行の際に、SIMフリー端末ではないのでそのまま海外で使うと高額なパケット代になってしまうという方、SIMフリー端末は持っているが現地でSIMカードを買うとなるとサポートも現地の方とのやり取りになるので面倒という方におすすめなのが「海外用プリペイドSIM」です。日本国内でmineo(マイネオ)と契約してそのまま海外で使うことができます
プリペイドのSIMなのであらかじめ使えるデータ容量が決まっており、高額なパケット代になってしまうといった心配もいりません
また、中国・韓国・タイ・アメリカなど海外100ヶ国で対応しており、日本人渡航者数が多い国を90%カバーしているため、仮に海外旅行で何ヶ国か渡り歩く時でも、追加設定の必要もなくそのまま使用することが可能となっています
料金は30MBで650円から1GBで9,800円まで選ぶことができるので、自分の必要な分だけチャージして使うことが可能となっています。またデータ使用量の方もWeb上で簡単に確認することができるので、自分がどれだけ使っているかを把握しながら賢く節約して使うと良いでしょう。

ページトップ