業界最安値水準!他社の料金更新に合わせて値下げする攻めの姿勢!

DMMmobile(ディーエムエムモバイル)のオススメ ポイント

  • 業界最安値!他社の最安値更新に合わせて値下げも!
  • わかりやすい豊富なラインナップ!
  • データチャージも「480円/1GB」と最安値!
カードサイズ
  • 標準
  • マイクロ
  • ナノ
最安料金プラン

475円

初期手数料

3,240円

送料

0円

お届け目安

お申し込み時に入力いただいた住所へ、通常5~7日程度で配送します。

支払い方法

・クレジットカード

メニュー

端末一覧

スマートフォンスマートフォン

タブレットタブレット

DMMmobile(ディーエムエムモバイル)の主な仕様

  • 利用不可能 ・・・利用不可能
  • 追加料金必要 ・・・追加料金必要
  • 利用可能 ・・・利用可能
  • プラン変更

    変更申込みで翌月1日から変更可能

  • データ量の追加

    100MBで200円/回〜

  • データ量の繰越し

    翌月末まで繰越可能

  • 専用アプリ

    高速データ通信が利用できる残容量の確認や追加チャージ、高速データ通信のON/OFFなどが可能です

  • 高速通信のON/OFF

    専用アプリから

  • 公衆無線LANサービス

    利用できません

オプションサービス

オプションサービス名 内容 料金
サポートサービス - -
データ移行サービス - -
端末交換オプション 万が一のトラブルが発生した場合に備えた、安心の端末交換サービスです。 350円/月
セキュリティオプション ウェブルート社のセキュリティソフトアプリ「SecureAnywherecoイル プレミア」が利用できます。 250円/月
端末交換+セキュリティセット - 500円/月
MMSメールサービス - -
ネットワーク暗証番号変更 フリーダイヤルの契約者窓口から可能です 0円
パケットギフト - -
IP電話 - -
国際ローミングサービス 月額利用料金は0円ですが、使用時に従量課金がされます。※データSIMでは使用できません。 0円
動画配信サービス - -

DMMmobile(ディーエムエムモバイル)の詳細

はじめに

DMM mobileとは

DMM mobileは株式会社DMM.comが運営するサービスの一つです。

DMM.comは1999年にビデオ通販、動画配信サイト事業を立ち上げ、その後は電子書籍サービス、ファッションレンタル事業、オンライン英会話など、多角的にインターネット事業を展開しています。

DMM mobileは2014年12月にスタートし、2015年末には会員数が10万人を突破しました。
インターネット事業のプロフェッショナルが提供しているモバイルサービスなので、Webでの案内が丁寧でわかりやすく、「格安スマホ」の初心者でも安心して利用できるといえるでしょう。

メリット

・公式サイトから料金シミュレーションができる
・案内動画がわかりやすく、格安スマホ初心者でも利用しやすい
・公衆無線LAN(Wi-Fi)に自動で接続
・データ容量を家族で分け合える
・オプションも充実
・海外利用も可

デメリット

・法人利用ができない
・無料通話がない
・契約は20歳以上から

DMM mobileの口コミ・評判

データ容量の料金プランの種類が多く、サービスやデータ通信を我慢することなく、大手キャリア契約時より通信料の出費を減らすことができたと評判は上々です。

DMM mobileは公衆無線LAN(Wi-Fi)に自動で接続できるサービスがあるので、データ使用量が自動で抑えられたり、通信データのシェアプランや翌月への繰り越しサービスで無駄を省けることも好評を得ている理由のひとつでしょう。

通話は無料通話サービスがなく、仕事などでよく通話をされる方には通話料金が高くつくとの声もありますが、電話の相手はプライベートがほとんど、という方はLINEやスカイプなどを利用することで解決できます。

DMM mobileの申込方法、名義変更、解約の方法

利用開始まで

DMM mobile-開始

DMM mobileへの申し込みはWebから行います。
プラン申し込みと端末の購入を同時に行うか、端末は自分で準備しておくかで申し込み手順が変わります。
DMM mobileはWebの操作が分かりやすく、端末をすでに準備されている方は契約プランと端末名を選択し、SIMカードのサイズやサポートオプションの選択、個人情報の入力やクレジットカード情報を入力案内に沿って行うことで申し込みが完了します。
SIMカードは3日程度で届くようです。

端末の購入と一緒に契約される方は本人確認用書類が必要です。

DMM mobile-本人確認

購入したい端末を選択したあとは案内手順に従い申し込みを行います。

DMM mobileで購入できるスマートフォン

DMM mobile-スマホ

DMM mobileで購入可能なルーター

DMM mobile-スマホ2


Aterm MR05LN
一括払い 23,000円
分割払い 1,223円

DMM mobileで機種変更するには

DMM mobile-機種変

DMM mobileはSIMカード1枚につき1台まで機種変更が可能です。

申し込みはDMM mobileサイトのマイページから行います。(機種変更申し込みページはこちらから)
機種変更と同時にSIMのサイズ変更を行う場合は発行手数料が3,000円(税別)発生します。
また、現在使用中の機種に分割支払料金が残っている場合は、一括で支払いを終えた後に新しい端末へと変更することができます。

名義変更

DMM mobileは名義変更ができません。
MNPを利用される方は変更前の大手キャリア(docomo、au、ソフトバンク)で名義変更を行ったあとにDMM mobileを契約されることをオススメします。

解約方法

DMM mobileの解約は公式サイトのマイページから行います。
MNPを利用し転出する場合は手数料3,000円(税別)が必要となります。

当月の解約手続きでもきちんと処理されますが、月末日に解約手続きを行うと翌月まで料金がかかってしまいますので、月末日の前日までに手続きを行ってください。(解約時の注意点はこちらから)

SIMカードの返却が必要

DMM mobile解約後にSIMカードの返却が必要です。

SIMの種類によって変わる最低利用期間

1年未満に通話SIMを解約する場合や、通話SIMからデータSIMへの変更も解約手数料9,000円(税別)がかかりますので解約期間に注意してください。

DMM mobileのプラン・料金や対応機種を徹底解説

DMM mobileのプラン・料金について

DMM mobileの料金プランは大きく分けて「シングルコース」と「シェアコース」の2つがあります。
シングルコースは1枚のSIMカードを契約するプランです。
シェアコースはSIMカードを最大3枚まで契約データ通信量のシェアができるプランです。

ここからはそれぞれのコースを細かく紹介します。

シングルコース

(※すべて税別 ※ライトコースは速度制限があるプランです)

データ容量 料金(データ専用) 料金(音声通話付き)
ライト 440円 1,140円
1GB 480円 1,260円
2GB 770円 1,380円
3GB 850円 1,500円
5GB 1,210円 1,910円
7GB 1,860円 2,560円
8GB 1,980円 2,680円
10GB 2,190円 2,890円
15GB 3,600円 4,300円
20GB 4,980円 5,980円
シェアコース

(※すべて税別)

プラン名 データ容量 料金
データSIMのみプラン最大3枚 8GB 1,980円
10GB 2,190円
15GB 3,600円
20GB 4,980円
通話SIM1枚
+
データSIM最大2枚プラン
8GB 2,680円
10GB 2,890円
15GB 4,300円
20GB 5,980円
通話SIM2枚
+
データSIM最大1枚プラン
8GB 3,380円
10GB 3,590円
15GB 5,000円
20GB 6,680円
通話SIM3枚プラン 8GB 4,080円
10GB 4,290円
15GB 5,700円
20GB 7,380円

※SMSオプション 150円
※通話料金 30秒で20円   
※テレビ電話料金 30秒36円

例えば音声通話付きSIMを10GBで3枚契約すると、料金は月々4,290円(税別)となります。
1人あたり1,430円(税別)とお得なうえ、LINEなどの無料通話アプリを利用すると通話料も抑えられるので更に料金が抑えられます。

DMMトークアプリで通話料金が半額に

通話料金は節約したいけど、何かしらの理由でLINEの無料通話機能は使用したくないという方には通話料金が30秒あたり10円と半額になるDMMトークアプリの使用をおすすめします。

対応機種・端末一覧

データSIMとルーターのセット販売

DMM mobile-ルーターSIMセット

DMM mobileではルーターとデータSIMをセット購入することができます。
ルーター単体の料金は23,000円(税別)で、一括払いか24カ月払いかを選択します。24回払いの月々の支払金額は毎月1,223円(税別)となります。

追加データは3カ月間利用可能

基本データの容量が不足しても、データ容量のチャージ(追加)をすることで、速度を落とさずデータ通信をすることができます。

更に追加したデータ容量は3カ月間に渡り利用することができるので、追加をしたはいいもののデータ容量が余ってしまい結局損をしてしまったということがなく、安心してチャージできます。

追加料金(※すべて税別)

追加容量 100MB 500MB 1000MB 1000MB
(繰り越しなし)
料金 200円 600円 1,000円 480円

繰り越しなしのプランで容量を追加した場合は、追加データの利用期間が当月のみとなります。
確実に追加容量を使い切るという方はこちらを選択できるので、料金はかなりお得となります。

支払方法

DMM mobile-クレカ

DMM mobileの支払い方法は、クレジットカードのみとなります。
以下のブランドが使用できますが、デビットカードやプリペイド式クレジットカードでの決済はできません。

余ったデータの繰り越しが可能!

1ヶ月間で使い切れず、余った基本データ通信量は翌月に繰り越されます。

DMM mobile-繰り越し

前月に残ったデータは翌月へ繰り越されますが、翌々月へは繰り越されません。
当月のデータ使用は、前月から繰り越された分から消費されます。

DMM mobileの通信速度について

上り下りの速度

高速データ通信を利用している時は、下りが最大375Mbps、上りは最大50Mbpsの速度です。
低速のデータ通信は最大200Kbpsです。

これは一般的な「格安スマホ」のサービスと変わりはなく、通信環境にもよりますがDMM mobileが特に使いにくいということはありません。

シングルプランのライトプランは速度制限あり

ライトプランの最大通信速度は200Kbpsです。3日あたりの通信量が366MBを超えた場合は、SIMカードを使った通信速度を制限する場合があります。

速度維持に大健闘の「バースト機能」

DMM mobile-バースト

通信制限などで低速通信となってしまっても、DMM mobileなら通信開始時は高速でデータ通信ができる「バースト機能」が適応されるので、テキストメインのサイトの場合は読み込みにストレスがありません。

DMM mobileが提供する独自サービス

Eメールはフリーメールで

DMM mobileは独自のメールアドレスがありません。
MNPを利用し電話番号の持ち出しはできますが、メールアドレスまでは引き継げないため、大手キャリア(docomo、au、ソフトバンク)のアドレスは使えなくなります。
Eメールのやり取りは、Yahoo!メールやGmailなどのフリーメールアドレスが利用できます。

DMMのサービス一覧が確認できるマイページ

DMM mobileのマイページはDMM.comと共通のページとなっていますので、DMMで購入した電子書籍やゲーム、通販の注文履歴などがまとめて確認できます。
DMM mobileのページでは、アカウント情報(個人情報)の登録や、クレジットカード情報の編集、DMMトークアプリの通話料金確認や、データ容量の追加、プランやSIMの追加や解約が行えます。

DMM mobileの独自サービス

端末をDMM mobileで購入すると利用できる「端末交換オプション」

月額料金350円(税別)で端末の故障に対応するオプションが利用できます。
自然故障、水濡れ、破損が端末交換対象です。

セキュリティオプション

スマートフォンをウィルスから守るウェブルート社のセキュリティソフト「SecureAnywhere™モバイル プレミア」をサービス加入時に申し込むことができます。
利用開始月と次月は無料、以降は月額250円(税別)で利用できます。

安心パック

「端末交換オプション」と「セキュリティオプション」の2つがセットで利用できる安心パックは月額料金税別500円(利用開始月と次月までは税別300円)で、料金を抑えたい方へオススメです。

雑誌読み放題サービス「タブホ」

DMM mobile-雑誌

ビジネス雑誌から女性誌、ホビー詩まで1,000冊以上の雑誌が月額500円(税別)で読み放題になる「タブホ」のサービスが利用できます。
一度雑誌を保存すると、7日間はオフラインで読むことができるので、Wi-Fi接続時にダウンロードし、データ通信量を節約することができます。

留守番電話が文字になる「スマート留守電」

電車内や会議中など、留守電が入っているとわかっていてもメッセージを聞くことができない、という時に役立つ、留守電に入った音声を文字に変換してくれるアプリ、スマート留守電が利用できます。

月額料金は290円(税別)でアプリをインストールし、案内に従いセッティングすることで利用が可能です。

DMM mobileと他社サービスを比較!

DMM mobileとIIJmioを比較

プランやサービス形態が似ているIIJmio(アイアイジェイミオ)と比較してみましょう。
IIJmioにはau回線使用プランもありますが、DMM mobileがdocomo回線を利用しているので今回はdocomo回線でのプランで比べてみます。

SIM料金比較 3GB(※すべて税別)

DMM mobile IIJmio
データ専用 850円 900円~
音声通話付き 1,500円 1,600円~
SMS利用料 150円 140円
通話料金 30秒20円
アプリ使用で10円
30秒20円
アプリ使用で10円

IIJmioはSMS利用料が若干低かったですが、3GBの契約ではデータ専用、音声通話付きプランの両方でDMM mobileが安いという結果となりました。

10GBのシェアプラン比較(※すべて税別)

DMM mobile IIJmio
データ専用 2,190円 2,560円
音声通話付き 2,890円 3,260円
SIMカードの追加 3枚まで 追加料金で4枚以上可

家族でデータをシェアできるシェアプランの料金も、DMM mobileがお得です。
大家族で利用する場合は、SIMカードの追加が可能なIIJmioが利用しやすいでしょう。

サービス比較(※すべて税別)

DMM mobile IIJmio
支払方法 クレジットカードのみ クレジットカードのみ
データ容量の繰り越し
ルーター販売
法人利用 ×
海外利用
音声通話半額アプリ ○30秒につき10円 ○30秒につき10円
低速度対策 ○バースト機能 ○バースト機能
テザリング
iPhone利用
無料通話サービス ×

DMM mobileにはかけ放題プランがありません。

IIJmioは月額600円から「1回の通話につき3分無料」の無料通話プランがあります。3分を超えると30秒あたり10円の料金が発生するシステムです。
IIJmioの無料通話プラン600円をDMM mobileで計算すると、「DMMトークアプリ」の利用で60分間の通話料金と同額となります。

家族や友人への通話はLINEなどの無料通話アプリを利用すると料金が発生しないので、店舗など固定電話への通話が多い方以外は、無料通話の利用でかえって損をしてしまうかもしれません。
ここは、自分の通話利用状況によって上手に選択しましょう。

比べてみたところ、サービス内容にほとんど変わりはありませんでした。
法人名義で利用されたい方はIIJmioでの契約となります。

DMM mobileと契約する前に、ここだけは注意しよう

LINE使用時の注意

LINEを始めるには認証が必要です。
SMS利用プランの方はすぐにLINEを開始することができます。

また、MNPで大手キャリア携帯(docomo、au、ソフトバンク)からDMM mobileへ移行される方は、MNPの申請前にFacebookとLINEを連携させておくことで、SMSの登録なしでLINEの利用ができます。

LINE電話から着信を受けるには、音声通話付きプランを契約する必要があります(発信はデータ通信SIMでも利用可)。

テザリングもOK

DMM mobileはテザリングの利用が可能な端末があります。
動作確認も済んでいますので、テザリングも利用したい方は対応端末一覧から確認後に端末を用意されることをオススメします。

Wi-Fiスポット利用、BBモバイルポイント・Wi2に対応

DMM mobile-Wi-Fi

DMM mobile-Wi2

DMM Wi-Fi by エコネクトとは公衆無線LANの「BBモバイルポイント」と「Wi2」が月額362円(税別)で使い放題となるプランです。
専用アプリを利用すれば、全国63,000カ所のWi-Fiスポットへ自動で接続してくれるのでとても便利なプランです。
更にパソコン(Windows・Mac)からも利用できるのでテザリングの手間も省けます。

iPhoneでの使用方法

DMM mobile-iPhone

DMM mobileはiPhoneの使用も可能です。利用可能なiPhoneを動作確認端末一覧からご確認ください。
実際にSIMが手元に届いたら、自分でAPN構成プロファイルの設定(初期設定)を行います。

設定方法は次の通りです。

①端末からDMM mobileのサイトへアクセスし、APN構成プロファイルをダウンロードします。

②プロファイル画面の「インストール」を選択し、そのあと完了を選択します。

③端末トップ画面から設定を選択

④一般からモバイルデータ通信をタップ

⑤モバイルデータ通信から「LTE回線を使用」の選択をします

以上でiPhoneの初期設定は完了です。

海外利用も可能!

DMM mobileは海外からの発着信が可能です、特別な設定は必要ありません。
海外からの利用上限は50,000円、国内からの海外へかける国際電話の利用上限は20,000円です。

VoLTEも対応!

DMM mobileは端末によってVoLTE(LTE回線利用の音声通話)利用が可能です。
音声通話にVoLTEを利用したい方は端末一覧から確認できます。

法人利用

DMM mobileは法人利用の受付を行っておりません。

DMM mobileに関するトラブルシューティング

SIMカードが作動しない

SIMカードが認識されない時や通信できなくなった場合は、端末の「機内モード」か「Wi-Fi設定」がオンになっていないか確認します(オンの場合はオフ設定へ戻します)。

それでも通信が再開されない場合は次の手順を試します。
①電源をオフにする。
②SIMカードを抜き柔らかい布でほこりを取ります。
③SIMカードを端末へ戻し、電源をオンにします。

それでも作動しない場合は、APN設定を削除し、改めてAPN設定を行います。(設定方法はこちらから)

それでも問題が改善されない場合は、更に次の動作を行ってください。

①現在の設定とは別に、新規にAPN設定を作成後、端末の再起動を行う。
②「データ通信」がオフになっている場合は、オンに変更する。

ページトップ