株式会社朝日ネットが提供する格安SIM!

ASAHIネットのオススメ ポイント

  • 株式会社朝日ネットが提供する格安SIM!
  • 大手プロバイダによる安定の信頼感!
  • シンプルな料金体系で初心者にもわかりやすい!
カードサイズ
  • 標準
  • マイクロ
  • ナノ
最安料金プラン

900円

初期手数料

3,240円

送料

0円

お届け目安

最短3日

支払い方法

・クレジットカード

メニュー

端末一覧

スマートフォンスマートフォン

ASAHIネットの主な仕様

  • 利用不可能 ・・・利用不可能
  • 追加料金必要 ・・・追加料金必要
  • 利用可能 ・・・利用可能
  • プラン変更

    プラン変更はお申し込みの翌月1日より適用

  • データ量の追加

    500MBあたり500円(税抜)

  • データ量の繰越し

    余ったデータ通信基本容量は、繰り越すことが可能

  • 専用アプリ

    利用できません

  • 高速通信のON/OFF

    利用できません

  • 公衆無線LANサービス

    月額362円

オプションサービス

オプションサービス名 内容 料金
サポートサービス 365日受付を行っており、10:00〜17:00まで対応可能 0円/月
データ移行サービス - -
端末交換オプション - -
セキュリティオプション マカフィー® マルチアクセス 月額500円
端末交換+セキュリティセット - -
MMSメールサービス - -
ネットワーク暗証番号変更 - -
パケットギフト - -
IP電話 3分8円
国際ローミングサービス - -
動画配信サービス - -

ASAHIネットの詳細

はじめに

ASAHIネットLTEとは

asahi-top

ASAHIネットLTEとは、インターネット接続運営会社「ASAHINET」が運営する、NTTdocomoの回線を利用したデータ通信、音声通話サービスです。
音声通話はdocomo・au・ソフトバンクからMNP(電話番号はそのままでキャリア変更)をすることが可能です。
東証一部へ上場し、2015年オリコン日本顧客満足度ランキングのプロバイダー部門(関東)総合第1位のプロバイダーで「通信のプロフェッショナル」なので、安心して利用できる会社といえるでしょう。

回線はdocomo回線を使用し、「Xi(LTE 4G)」エリアと「FOMA(3G)」エリアに対応しています。

メリット

・1日単位でデータ管理できるプランもある!
・固定IPアドレスの取得が可能
・docomo回線の使用で安心して利用できる
・データの繰り越しができる
・データ通信プランは契約期間の縛りがない!
・VoLTEの利用が可能

デメリット

・無料通話プランはなし
・店舗での販売はしていない
・海外利用ができない

こんな人におススメ

docomoユーザーに!

ASAHIネットLTEは、通話手段はLINEを使用しているというdocomoユーザーにおススメです。
docomoの回線を使っているので、今までと同じようにデータ通信の利用ができ、LINEで通話料をカットすることで、データ容量が月7GBの契約でも月額1,980円とお得になります。
更に日常的にWi-Fiを使っていてLTE通信はあまり利用しない、通信環境が整っている方は3GB月額980円のプランでも満足できるでしょう。
docomoの端末を利用している方は端末のSIMロック解除を行わずそのまま使えるので、新たな機種代金が発生することなくお得に利用できます。

ASAHIネット契約者に!

インターネットのプロバイダはASAHIネットを利用しているという方は、月額利用料金から50円~200円の割引が適応されるので、更に料金を抑えることができます。

ASAHIネットLTEの口コミ・評判

速度も朝昼晩関係なく安定し、データ容量の制限も以前は3日間で100MBまでだったのですが、現在は解消され使いやすいと評判です。

他ではあまり例がない、固定IPアドレスの取得ができるため、法人利用者にも好評のようです。

docomoの回線を使っている格安スマホならASAHIネットがおススメですが、契約数が増えすぎて速度が落ちると困るので、あまり人に教えたくない…という声もあるようにユーザーが本当に使えると思っているSIMフリーサービスだといえるでしょう。

ASAHIネットLTEの申込方法、名義変更、解約の方法

申し込み方法

asahi-tel

ASAHIネットLTEの申し込みはオンラインか、電話で行います。
本人確認書類(免許証・保険証など)とクレジットカードを準備すると手続きがスムーズに行えます。

電話での新規申し込みの場合は、アナウンスに従い申し込みを行います。

オンライン経由で申し込む場合は、ASAHIネットLTE公式サイトの「かんたん!新規申し込み」のボタンを押して手続きをすすめます。
料金プラン、固定IPアドレスの申し込み、オプションサービスの選択や@asahinet.jpのドメインを使ったメールアドレスの設定も同時に行います。

申し込み後、地域や搬送状況にもよりますが、端末は最短3日で届きます(MNPを利用した場合は、MNP転入手続き完了後の3日後)。

入会時の注意

MNP使用時の注意
MNP予約番号には有効期限があり、ASAHIネットLTEは残日数が10日以上でないと申し込みが行えませんので注意が必要です。
また、次の事業者からはMNPの転入も転出も行えませんので気を付けてください。

・OCNモバイルONE
・Master'sONE
・ぷららモバイル
・Nifmo
・GTN MOBILE
・Sun-Netモバイル
・MORAモバイル
・MUSASHI MOBILE

同一住所の複数名義での申し込み
同一住所での複数の申し込みは同一の利用者と判断され、申し込みを断られる場合があります。
その場合は期間をおいて申し込みを行うようにしてください。

端末のセット販売はなし

以前、ASAHIネットLTEには端末やルーターのセット販売がありましたが、現在は行っておらず、今後再開する予定はないとのことなので、自分で端末の準備をする必要があります。

ASAHIネットLTEのサイトからAmazonを通して購入も可能です。

名義変更はできる?

ASAHIネットLTEは1人に付き1台のみの契約なので、契約者の名義変更は行えません。
ASAHIネットLTEを使用したいという方が家族にいる場合、MNPでASAHIネットLTEへキャリア変更をする前の元のキャリアで名義変更を行うか、新しく契約をする必要があります。

機種変更の仕方

機種変更は、docomoのSIMフリー端末であれば、新しく手続きをすることなくSIMを入れ替えるだけで行えます。
ASAHIネットLTEはdocomo回線を使用しているため、auやソフトバンクの端末はSIMのロックを解除する必要があり、動作保障も行っておりません。
そのため、docomo端末を使用することをおススメします。

また、SIMにはサイズがありますので、機種変更をする際はそちらにも注意が必要です。
すでに端末の購入をしてしまったという場合は、ASAHIネットLTEのカスタマーサポートからSIMのサイズ変更を3,000円(税抜)で行うことができます。

解約方法

解約はASAHIネットLTEの公式会員サイトから行います。
退会時解約月の月額費用の日割り計算は行いませんので、使用月の料金は全額支払いとなります。

退会時の注意

当月解約したい場合は、その月の15日までに受付を済ませると、当月末に解約されます。
SIMカードは返却する必要があります。紛失してしまうと3,000円の支払いが発生することがあります。

機種代金は?

通信端末をASAHIネットLTEから購入し、機種代金を分割で支払っている最中に解約した場合、翌月に一括で請求されます。

ASAHIネットLTEのプラン・料金や対応機種を徹底解説

料金プランが豊富に

ASAHIネットのSIMプランは以前は128Kのプランのみでしたが、現在はプランも選べ、データ容量の追加もできるようになり、より使いやすくなりました。

ASAHIネットSIMの月額料金(税抜)
プラン名 音声通話プラン 通話なしのデータ通信のみ
3GBプラン 1,600円 980円
7GBプラン 2,680円 1,980円
110MB(1日)プラン 1,600円 900円
128Kプラン 748円

※別途初期費用3,000円、SMSサービス利用は月額120円かかります。

家族や友人の連絡はほとんどLINEを利用し、自宅や会社はWi-Fi環境が整っているという方には3GBプランでも充分に使用できるでしょう。
同じく、連絡手段はLINEだけど動画も見たいという方は、LTE回線で動画が約30時間視聴できる7GBプランがおススメです。

データ使用量が1日110MBまで使用できるプランは、通信料が気になるお子様などにおススメです。
110MBでできることは次の通りです。
・動画の視聴30分(約70MB)
・ゲームアプリ40分(約15MB)
・メッセージアプリでのやりとり(100往復で0.5MB)
以上のことを行ったとしても、合計で90MBなので、データの残量に少し余裕があります。
更に、消費せず残ったデータ容量は翌月に繰り越せるので、データを無駄なく使用することができます。

では128Kbpsはどのくらいの速度でデータ通信ができるのでしょうか。
使用感は次の通りです。
・ツイッターなどの文字の表示は問題なし
・画像の読み込みは時間がかかる
・頻繁に通信を行うシステムのアプリゲームなどは動作に支障がでることも
・Youtubeなど、動画の視聴は難しい
ですが、視聴環境にWi-Fiがつながっている方は、月額748円(税抜)でデータ通信ができるので、こちらのプランがお得かもしれません。

通話料金とSMSの通信料は?

通話料金は30秒につき20円となっています。無料通話プランはありません。
SMSの利用は、月額120円に加え送信料金が追加されます。
料金の目安は、国内への送信が1回3円(1~70文字)~30円(670文字)で、受信は無料です。
海外への送信は1回50円(1~70文字)~500円(670文字)でこちらも受信は無料です。海外へのSMS送信は少し割高になってしまいますので、Facebookなどのアプリを使用した方がいいかもしれません。

音声通話プランの最低利用期間

au、ソフトバンクなどの大手携帯キャリアスマートフォンは2年
利用契約は2年ごとに自動更新されます。更新月以外に解約すると違約金として8,000円の支払いが発生してしまいますので、解約する時期に注意が必要です。

SIMフリースマートフォン、NTTドコモスマートフォン、ASAHIネットLTE取り扱いスマートフォンは1年
利用契約後1年間は解約ができませんが、1年を経過すると好きなタイミングで解約でき、違約金も発生しません。

ASAHIネット利用者なら割引も!

ASAHIモバイル WiMAX2+、ASAHIモバイル WiMAX、新超割モバイルプランを利用している方なら、月額料から200円の割引、ハイスピードモバイルプランを契約している方なら月額料金から100円の割引があります。
光回線契約の方(AsahiNet 光、ASAHIネット光withフレッツ)は月額料金から50円の割引です。

オプションサービス

セキュリティ対策のカスペルスキー
「カスペルスキー マルチプラットフォーム セキュリティ」は、危険なWebサイトへのアクセスを防止したり、ネット決済時の情報を守るなど、端末を安全に使うためのセキュリティを担保してくれます。
利用料金は月額利用料480円(税抜)で追加できます。

asahi-カスペルスキー

データ無制限バックアップ
画像や電話帳など端末内のデータを自動でバックアップしてくれるので、必要なデータを間違えて削除してしまったとしても、すぐに復元できるので安心です。月額利用料金は500円(税抜)です。

asahi-バックアップ

対応機種一覧

iPhone4S
iPhone5c
iPhone 6
iPhone 6s Plus
GALAXY S SC-02B
GALAXY S II LTE SC-03D
GALAXY S4 SC-04E
AQUOS PHONE SH-12C
AQUOS PHONE SH-01D
Xperia SO-01B
Xperia acro SO-02C
EGZA Phone T-01C
REGZA Phone T-01D など

対応機種の詳細はコチラ

容量の追加も可能

ASAHIネットはデータ通信容量のチャージ(追加)が可能です。
チャージは、サイトの会員専用ページより行うことができます。

3GBプラン・7GBプランは、チャージ1回につき500MBで500円(税抜)となります。
1日110MBのプランは、500円(税抜)でデータ通信量が1日使い放題となります。

支払方法は個人契約か法人契約かで変わる

個人契約の場合

個人で契約する場合、支払い方法は契約者の本人名義クレジットカードでの支払いのみです。

使用可能なクレジットカード
VISA,UC,DC,JCB,三菱UFJニコス,AMEX,ダイナース,JACCS,マスターカード,SAISONカード

法人で契約する場合

法人で契約する場合の支払方法は次の中から選べます。

口座振替 法人口座から引き落とし(三菱UFJニコスが代行して代金収納を行う)
郵便振替 ASAHIネットの郵便局口座へ振り込み(手数料はASAHIネットが負担)
銀行口座振り込み ASAHIネットの銀行口座へ振り込み(手数料は自己負担)

※引き落とし日は翌月27日。
料金の発生期間は毎月1日から、月末までとなっており、日割り計算は行っていませんので注意してください。

データが余ったら翌月へ繰り越し可能

月末にデータ容量が余った場合、特別な手続きをすることなく自動的に翌月へ繰り越され、使用することができます
データ容量の確認はASAHIネット会員ページから行えます。

3GB・7GBプランの場合は余ったデータ容量が翌月へ繰り越され、翌月末まで利用できます。
1日110MBプランの場合は、1日ごとの計算ですので、繰り越されたデータ容量は翌日24時まで使用できます

プランを変更した場合、変更前の余ったデータ容量もきちんと翌月に繰り越されるので、プラン変更にあたってデータ通信量で損をすることはありません。

通信制限はある?

当月のデータ量が契約容量を超過した場合、当月末まで通信速度が送受信時最大200kbpsになります。
1日110MBプランについては、1日あたりのデータ量が契約容量を超過した場合、当日中は200kbpsとなります。

ASAHIネットLTEの通信速度について

上り下りの最大速度

上りの速度とは…上りとは、スマートフォンからインターネットへデータを転送することをいいます。ASAHIネットではLTE回線を使用した場合の最大速度は50Mbpsで、3G回線だと5.7MbpsとなりADSLと同じくらいの速さで利用できます。

下りの速度とは…下りとは、インターネットからスマートフォンへデータを転送することです。
LTE回線は262.5Mbpsでソフトバンクの4GLTE使用時と同じスピードとなります。
3G回線だと5.7Mbpsです。

実際の通信速度は、利用しているスマートフォン、通信機器の性能、ネットワークの利用状況によって変わるので、定期的に端末の再起動を行い、動作の緩慢を防ぐといいでしょう。

ASAHIネットLTEが提供する独自サービス

メールアドレスは自分で作成

docomoやau、ソフトバンクのメールアドレスを引き継ぐことはできませんが、GmailやYahoo!メール、HotmailとASAHIネット(@asahinet.jp)のメールアドレスが利用できます
登録は入会時に行います。

ASAHIネット会員ページでできること

ASAHIネットの会員ページからは、契約内容の変更手続き・メールアドレスの登録変更・利用明細の確認・データ容量の確認・退会手続きができます。

ASAHIネットLTEの独自サービス

固定IPアドレスの取得が可能

ASAHIネットLTEなら月額800円で固定IPアドレスが取得可能で、契約初月は無料で使用することができます。

固定IPアドレスでできること
固定IPアドレスとはインターネット上の住所のことです。
この住所を取得することで、自宅にWebカメラを設置し、留守の間外出先から自宅の様子を見ることができるので防犯対策やペットの様子を覗いたりもできます。
また、自宅でWebサーバーを構築したり、ホームページを作成することができます。

ASAHIネットLTEと他社サービスを比較!

同じdocomo回線の「NifMo」と比較

格安スマホで同じdocomo回線を利用している「NifMo」と比較してみましょう。

データの繰り越しや海外利用のサービスにあまり差がない

ASAHIネットLTEやNifMoは、どちらもデータの繰り越しが可能です。
海外で音声の通話をする「国際ローミング」の対応はどちらもできないのでこちらはあまり差がありませんでした。

データ通信の料金プランは?
ASAHIネットLTE NifMo
3GB 980円(税抜) 900円(税抜)
5GB 1,600円(税抜)
7GB 1,980円(税抜)

3GBならNifMoがやや低めの設定でしたが、5GB以上だとASAHIネットLTEがお得です。
契約のデータ容量数が違いますが、ASAHIネットLTEは1GB約280円、NifMoだと1GBあたり約320円なのでASAHIネットLTEがお得な料金設定となりました。

更にASAHIネットは、お子様へスマートフォンを持たせても安心できる「1日110MBプラン」があるので、料金プランが選びやすくなっています。

容量追加料金もASAHIネットLTEがお得

ASAHIネットLTEとNifMoはどちらも500MBからデータ容量の追加が可能です。
料金はASAHIネットLTEが500円、NifMoが900円ですので、ASAHIネットLTEがお得となりました。

ASAHIネットLTEと契約する前に、ここだけは注意しよう

LINEも使用が可能

ASAHIネットLTEはLINEはもちろん、Facebookやtwitterなどのアプリも使用が可能です。

LINEはLINE GAMEなども携帯キャリア(docomo、au、ソフトバンク)と同じように使用できますが、年齢認証や友達のID検索と名前検索が利用できません。ふるふるやQRコードを使っての友達追加は可能です。

テザリング

ASAHIネットLTEのSIMではテザリングを行うことができません。
個人のブログなどでテザリングができると記載されている場合もありますが、テザリング機能はなく、動作保障も行っておりません。

公衆無線LAN(Wi-Fi)「Wi2(ワイツー)」の料金をまとめて支払うことが可能

asahi-無線LAN

「Wi2 300」は全国最大規模のエリアを網羅している公衆無線LAN(Wi-Fi)サービスです。公共交通機関、カフェ(スターバックスなど)で、インターネットに接続できるサービスです。
ASAHIネットLTEは、Wi2の月額定額プラン料金をまとめて支払うことができます。

iPhoneも使用可能

iPhoneの利用を開始するには初期設定を行うことが必要です。
最初にiOSのバージョン(※)を確認し、iPhoneからASAHIネット公式サイトへアクセスして行います。

iPhone初期設定方法

①ASAHIネット公式サイトからiPhone(iOS7以降)のAPN構成プロファイル設定方法のページへアクセスする

②料金プラン、iOSのバージョンから該当するプロファイルをタップしダウンロードする

③ダウンロード後に自動で開くプロファイルの画面からインストールをタップする

④警告画面のインストールを選択する

⑤設定変更の画面が表示されたらインストールを選択する

インストール完了の画面になると、無事終了です。右上の完了の文字をタップして画面を閉じてください。

※iPhoneのOS確認方法
iPhoneの設定ページを開く→一般をタップ→情報のページを開くとバージョンが確認できます。

海外利用は不可

ASAHIネットは国際ローミング(海外での使用)ができません。

NTTドコモが提携している国際電話サービスを利用して国際電話をかけることは可能です。
国際電話の利用には月額20,000円までの利用限度額が設定されているので、電話をかけすぎてしまう心配はありません。

VoLTEの利用ができる

VoLTEとは、LTE回線を利用した音声通話システムのことです。
今まではLTEから3Gネットワークに切り替えて音声通話を行っていましたが、VoLTEを利用することでその必要がなく、よりクリアな音声で通話できるようになりました。
ASAHIネットLTEの音声通話SIMもVoLTEの利用が可能なので、よりよい音声品質で通話ができます。

データSIMは法人利用が可能!

ASAHIネットはデータ通信用のSIMなら法人契約が可能です。多彩な支払方法(決済項参照)があり、利用しやすいのも特徴です。

asahi-法人

法人申込みページへのアクセス方法は、まずASAHIネット公式サイトから右上の法人のお客様を選択し、LTEdocomoの「詳細はこちら」を選択します。

asahi-法人向け申し込み

次に法人名などを入力し、代表者の連絡先を登録します。
支払方法に口座振替を選択した場合は、後日書類で口座引き落としの登録を行い完了です。

ASAHIネットLTEに関するトラブルシューティング

接続が不安定になったら・・・

データ通信が切断したりつながらなくなった場合は以下の方法をお試しください。

①APNの設定が正しく行われているか確認する
②端末のモバイルデータ通信が「ON」になっているか確認する
③端末の機内モードが「OFF」になっているか確認する(ONならOFFへ切り替える)
④端末の電源を切り、SIMカードを一度抜きとり、再度挿してから起動する
⑤ドコモの公式サイトで、通信障害が発生していないか確認する

以上のことを行っても正常に作動しない場合はカスタマーサポートへ連絡します。

ASAHIネットLTE技術サポート
0120-577-126
携帯・IP電話から 03-6631-0858
年中無休10:00 - 17:00

ページトップ