300以上のプランから、格安SIM・格安スマホを徹底比較

あなたにぴったりのスマホやSIMカードがきっと見つかる!

最新SIM・スマホ情報

  • wait-woman-150
    約600通りのデザインが楽しめる!NuAns Neo[Reloaded]
  • oyako-sakura150
    ZenFone 3 Laserなら大切な瞬間を撮り逃がしません
  • men-headphone-150
    まだ携帯2台持ち?ZenFone 3なら2台持ちから解放されます
  • hand-sumaho-150
    Android One S2は高さ1.2mから落としても大丈夫!
  • kitchen-woman-150
    Android One S1は水深1mの水槽に沈めても大丈夫!

他のSIM・スマホ情報はこちら >

目次

そもそも格安スマホ・格安SIMとは?基礎的内容を徹底解説! 格安スマホのメリット・デメリットを知ろう! 格安スマホに移行する時のポイント 生活スタイル別オススメ格安SIMをご紹介!

そもそも格安スマホ・格安SIMとは?基礎的内容を徹底解説

スマホ代は安く抑えたいけれど、格安スマホにすることで本当に安くなるのか、安くなることで何かデメリットはないのか、そのような不安や懸念をお持ちの方のために、格安スマホ・格安SIMについて徹底解説していきます。

格安スマホとは?

格安スマホとは、その名の通り「安く利用することのできる」スマホ端末とSIMカードのセットのことです。au・docomo・SoftBankといった従来の大手キャリアでスマホを利用する場合の月額料金は平均で6,500円ほどと言われていますが、格安スマホの場合1,000円台〜2,000円台で毎月の費用を抑えることもできます。 実に1/3ほどまでに節約できてしまうのです。

格安SIMとは?

格安SIMとは、こちらもその名の通り「安く利用することのできる」SIMカードのことを言います。「SIMカード」という言葉をはじめて聞いたという方も多くいらっしゃるでしょう。SIMカードは、携帯電話やスマートフォンが通信を行う上で必要なID情報等が書き込まれているICカードのことです。大手キャリアでスマートフォンをご利用中の方はあまり意識したことがないかもしれませんが、今ご利用中の端末にもSIMカードが購入時にセットされ、その情報を元に今通信や通話をできているわけなのです。

大手キャリアにおいては、端末とSIMカードは基本的にセットで販売されていましたが、「格安SIM」では、端末とSIMカードを別々で購入することもできます。各メーカーのサイトから端末を購入し、SIMカードは格安SIMの事業社である楽天モバイルやMineoから購入。そして、届いた端末に自分でSIMカードを挿入して利用開始、という新たな利用方法が出てきているのです。

格安スマホが「格安」にできている理由

格安スマホが「格安」にできている理由

しかし、スマホの月々の支払いが3分の1ほどまで安くなってしまうなんて、何か裏があるのでは?そのように考える方もいらっしゃるでしょう。何故ここまで安くできるのか、その仕組みについて解説していきます。

格安スマホにおいて安くなるのは、端末料金よりも月々の通信料金のほうに主な理由があります。では、なぜ通信料金が安くなるのか?理由は3つあります。

① 通信回線を借り受けており費用を削減できている

第一に、格安SIM提供会社(MVNO)はdocomoやauといった大手キャリアから通信回線を借り受けており、莫大な初期投資や維持費用を負担せずに運営できているためです。2016年10月現在、auから回線を借り受けているのは、UQ mobilemineoIIJmioの3社、SoftBankの回線を利用しているのがY!mobile1社、その他については docomo 回線により運営されています(mineoIIJmioについては、auとdocomoで各プランを提供)。

② 販売コストを抑えられている

第二に、大手キャリアに比べ販売コストが比較的少なく抑えられているためです。格安SIMの場合、基本的にはインターネット上での販売が主で低コストとなっているケースがほとんどです。一方で大手キャリアの場合、テレビ広告を中心としたプロモーションから店舗での販売まで莫大な費用がかかっています。

③ サポートの簡略化

第三に、格安SIMの場合にはサポートが全てオンラインで完結しているケースが多く、店舗での人件費や固定費が抑えられているためです。スマホが故障してしまったときや通信の調子がわるいといったトラブル時、大手キャリアでスマホを利用中の場合には、auショップやdocomoショップといった店舗にて担当の方とお話して解決していたかもしれません。格安SIMの場合には、基本的に端末のトラブルはメーカーに直接お問い合わせをし、通信関連のトラブルでは各SIMカード提供会社のオンラインサイトよりお問い合わせをする形になります。

MVNO(エムブイエヌオー)とは?

MVNO(エムブイエヌオー)とは「Mobile Virtual Network Operator」の略で、携帯電話回線を大手キャリアから借り受け、独自のサービスを加えて通信サービスを提供している会社のことです。もっと簡単にいえば、格安SIMを提供している会社のことを言います。英字4文字で慣れるまではとっつきにくさもありますが、格安SIMのニュースなどでは自然と使われているワードなので、覚えておいて損はないでしょう。

格安スマホのメリット・デメリットを知ろう!

格安スマホ・格安SIMの基礎的なところを知った上で、次に、格安スマホのメリット・デメリットについて見ていきましょう。さらに、それを踏まえた上で格安スマホが向いている方の特徴についても解説していきます。

格安スマホのメリット

まずは格安スマホのメリットについて見ていきましょう。

① 料金が安い
① 料金が安い

まず最初のメリットとしては、なんといっても「料金の安さ」でしょう。これが最大のメリットと言えるかもしれません。大手キャリアの場合と比較すると、50%〜20%ほどまで月の料金を抑えることができます。自分の利用スタイルに合った格安SIMとプランを選ぶことで、節約してしまいましょう。

② docomoやauと同じエリアで使用可能
② docomoやauと同じエリアで使用可能

格安スマホでも、通信の利用可能エリアはdocomoやauといった大手通信キャリアと変わりません。格安スマホではその安さゆえに通信エリアについて不安に思う方もいらっしゃるかもしれませんが、MVNO各社は大手キャリアの通信回線を借り受けてサービスを提供しているので、通信エリアについては心配する必要がありません。

③ 契約期間の縛りがない・短い
③ 契約期間の縛りがない・短い

大手キャリアでは「2年縛り」とも呼ばれる契約期間の縛りがあり、そのタイミング以外で解約をすると1万円前後の手数料が発生してしまいます。2年単位の継続利用で縛られてしまうのは不便ですよね。一方、格安スマホの場合には、最低利用期間というように一定期間を過ぎればあとはいつでも解約可能であったり、そもそもの期間が6ヶ月や1年と短かったりします。そのため、自分の利用状況によって利用するMVNOを変えてみるのもよいでしょう。

格安スマホのデメリット

では次に、気になる格安スマホのデメリットについて見ていきましょう。

① 対面サポートが少ない
① 対面サポートが少ない

格安SIMの事業社は店舗でのサポートを行っていないケースが多いので、窓口での対人サポートがないと困るという方は注意が必要です。ただ、電話やチャットサービスでのサポートは行っている場合がほとんどなので、そちらを利用しましょう。また、Y!mobileなど、店舗を持ち店舗内サポートを提供している事業社もあるので、店舗サポートは残しつつ格安SIMを利用するということも可能です。

② キャリアのメールアドレスが利用できなくなる
② キャリアのメールアドレスが利用できなくなる

携帯キャリアが発行している「…@docomo.ne.jp」や「...@ezweb.ne.jp」といったメールアドレスが使用できなくなります。Gmail等の無料EメールサービスやLINE等のメッセージングサービスを代わりに使うようにしましょう

③ 無料通話に対応しているプランが少ない
③ 無料通話に対応しているプランが少ない

格安SIMのプランでは、無料通話が充実しているプランは多くありません。多くのプランで共通して「20円/30秒」という一律料金設定になっています。通話をかなり頻繁に利用するという方は、通話時間次第では高額の請求になってしまう可能性もあります。一方で、通話向きのプランやオプションもあります。例えば、楽天モバイルでは「楽天でんわ」アプリを利用することで、「10円/30秒」と半額にできます。また、Y!mobileでは10分間×300回(最大50時間/月)の無料通話分が料金に含まれています。

大手キャリアに比べ格安スマホで得する人の特徴

では、上記のメリット・デメリットを踏まえ、「格安スマホ」で得する人の特徴について考えてみましょう。格安スマホは、基本的にスマホ料金を安くしたいという全ての人にとってメリットがあります。通信エリアはそのままで月々の利用料金が安くなるため、利用者からすれば嬉しいかぎりですね。

大手キャリアに比べ格安スマホで得する人の特徴

逆に、得をしない人としては、デメリットの3点目でも触れましたが、通話量が多い方が挙げられます。大手キャリアの場合には、かけ放題プランが用意されておりそのプランの場合にいは通話をいくらにしても値段は変わりません。一方、格安SIMのプランの場合でいうと、「20円/30秒」の料金設定のプランがほとんどです。ただ、最近では、利用者の声を反映してか、無料通話のオプションやアプリも充実するようになってきました。無料通話を提供しているMVNOについてはこちらをご覧ください。

格安スマホに移行する時のポイント

格安スマホへの移行を実際に考えたときに、知っておきたいことをまとめてみました。スマホ端末はどうやって選ぶのか、SIMカードはどのように選ぶのか。MNPやSIMロック解除は聞いたことはあるけれどよく分からない。そのような方向けに徹底解説していきます。

スマホ端末の選び方

まずはスマホ端末の選び方からです。格安スマホの端末の選択肢は非常に幅広いです。基本的には世の中の全てのSIMフリー端末から選ぶことができます。今まではキャリアが扱っている端末の中から選んでいたと思いますが、格安スマホの場合その制限はありません。自分のお気に入りのスマホ端末を選びましょう。(格安スマホ端末一覧はこちら

とはいえ、世の中の全端末と言われても逆に候補が多すぎて困ってしまうという方は、各MVNOのサイトに掲載されている端末から選ぶといいでしょう。MVNOのサイトに掲載されているスマホ端末であれば、そのMVNOの格安SIMでの動作は保障されていますし、ある程度メジャーな機種が揃っているため品質的にも信頼できるものとなっています。

SIMカードの選び方

端末につづいて、SIMカードの選び方について解説していきます。
格安SIMを選ぶにあたって意識すべき点は大きく2点あります。

① 音声SIMなのかデータSIMなのか

SIMカードには、音声通話がついている『音声SIM』と、音声通話がついていないデータ通信のみの「データSIM」の2種類があります。基本的に、一台目のスマホとして使う場合には「音声SIM」での利用になると思いますが、「安いプランを探していたらデータSIMを買ってしまった」という失敗例もあるので、今検討しているプランが「音声SIM」なのか「データSIM」なのかはきちんと意識しておくようにしましょう。

② データ量は何GB必要?

毎月何GBのデータ容量を使っているか把握している場合には、その容量にあった格安SIMプランを選びましょう。今すぐには分からない方も、各キャリアのオンラインサービス内で月々どれくらいの容量を使っているのかは確認できるので、正確な数字を知りたい方はぜひ確認してみてください。

参考までに、1GB でできることをまとめています。

You Tube 再生 ウェブページ閲覧 LINE メール
8時間 4,000回 500,000回 60,000通

一般的には3GBのプランを選ぶ方が多い傾向にあります。
容量については、契約途中で変更できるMVNOも多くあるので、変更できるか確認した上で、まずは大きめの容量で登録してみるというのもありでしょう。

MNPで電話番号はそのままで

格安スマホに移行しても、電話番号はそのまま使い続けることができます。その仕組みを「MNP(Mobile Number Portability)」といいます。これは、大手キャリア間で契約を変更する際にも使われているのでご存知の方も多いかもしれません。MNPはキャリアやMVNOを変更する際に必要となっています。

実際の利用イメージ

1. 現在契約中のキャリアやMVNOから「MNP予約番号」を取得する

基本的にはインターネット上で完結します。大手キャリアの場合には店舗内でも発行することができます。

2. MVNOサイトで申込時に「MNP予約番号」を入力

新たに契約するMVNO会社のサイトから新しいSIMに申し込みをする際に、フォームで「MNP予約番号」を聞かれるので、説明に応じて入力します。

3. 端末にセットしMNP移行完了!

新たに契約したSIMカードを端末にセットすれば完了です。MNP移管が完了すると、自動的に今までのプランは解約となります。

最低契約期間に着目

格安SIM購入の際に、ぜひ目をつけて頂きたいのが「最低契約期間」です。データSIMの場合には、そもそも最低契約期間がないものが多く、いつでも契約を解除できるため気軽に契約ができます。一方、通話SIMの場合には大抵の場合「最低契約期間」が定められています。その期間はMVNOによって異なり、短いところで6ヶ月や1年ほどとなっています。

今と同じ端末を使うにはSIMロック解除が必要?

今と同じ端末を使うにはSIMロック解除が必要?

大手キャリアで今使っている端末をそのまま使って、SIMカードだけ格安SIMに入れ替えたいという方は、SIMロックの解除が必要となります。そもそもSIMロックとは何かというと、端末側の設定で、ある回線のみを使えるようにロックをかけることをいいます。たとえば、auのスマホであればau回線しか使えないようにロックが掛けられています。

SIMロックがかかったスマホ端末をそのまま使うためには、
①SIMロックを解除する
②そのままで使えるSIMカードを選ぶ
の2種類の方法があります。

①のSIMロックを解除するに関しては、各キャリアの窓口あるいはオンラインにてSIMロック解除の依頼をすることになります。窓口の場合には、SIMロック解除の手数料がかかるので、オンラインでの手続きがオススメです。

②の「そのままで使えるSIMカードを選ぶ」に関しては、今の通信キャリアとMNPするMVNOが借り受けている回線が同じであれば、そのままロック解除をせずとも利用可能であることを活用する方法です。たとえば、docomo回線を今使っている方であれば、UQ mobileとY!mobile以外は全て docomo 回線を扱っているため、SIMロック解除の必要はなさそうですね。

生活スタイル別オススメ格安SIMをご紹介!

ここまでは、格安スマホや格安SIMの全体に関わる話をしてきました。ここからは、実際にどのようなMVNOやプランがあるのか、見ていきましょう。生活のスタイル別にオススメの格安SIMをまとめました。

電話は使わない、とにかく安くしたい

電話は使わないから、とにかく安くしたいという方には、各MVNOのデータSIMプランの中から自分の容量にあったプランを選ぶといいでしょう。安さで選ぶのであれば、「業界最安値」をうたうDMM mobileや、安さを売りにしている楽天モバイル・Mineoがオススメです。

電話も頻繁に使うので、通話代も安く済ませたい

電話も頻繁に使う方には、無料通話付きのプランや通話料が安くなるオプション付きのプランがオススメです。無料通話といえばまず出て来るのは「Y!mobile」でしょう。10分×300回の月で最大50時間も無料通話分がついてきます。Y!mobileの場合は、オプションという形ではなく、全プランにデフォルトでこの無料通話がついています。通話をよくするけど格安SIMに乗り換えて安くしたいという方にはピッタリでしょう。

また、その他にも、楽天モバイルの「楽天でんわ」やフリーテルの「通話料いきなり半額」では、専用のアプリ経由で通話をすることによって、通常「20円/30秒」の電話料金が半額の「10円/30秒」となるのでお得です。また、楽天モバイルでは「5分かけ放題オプション」、フリーテルでは「5分間かけ放題」という名前のオプションがあり、それぞれ定額で5分以内の国内通話が無料となります。

さらに、DTI SIMでも「でんわかけ放題」というオプションがあります。DTIの「でんわかけ放題」では、5分間以内の国内通話が全て無料となっており、楽天モバイルフリーテルと同様のサービスを提供しています。このように、各MVNOでは通話を多くする方向けのプランやオプションを充実化させているので、今後の動向にも注目です。

安くしたいが通信速度が遅くなってしまうのは困る

安くしたいが通信速度が遅くなってしまうのは困る

格安SIMでは、通信エリアはdocomoやauのエリアと同じ範囲で使えますが、帯域の制限の影響で、一部のSIMカードではスピードが出にくい時間帯があります。たとえば、利用データ量が一気に増える平日お昼の時間帯などでは顕著にその影響が出てきます。

安くはしたいけれど通信速度が遅くなってしまうのは困るという方には、Y!mobileUQ mobileの2社が圧倒的にオススメです。なぜこの2社なのかというと、Y!mobileはSoftBankのサブブランド、UQmobileはauのサブブランドという立場にあるため、回線を借り受けているのではなく、SoftBankやauのキャリアで使える帯域全てを使うことができるのです。そのため、回線を借り受けて限定された帯域でサービスを提供している他MVNOとは、実速度の点において圧倒的な差があるというわけなのです。

ちなみに、格安SIMのスペック情報には大抵「下り最高速度」の記載がありますが、この値はあくまでも「理論値」であり実際の速度とは全く関係がないので、騙されないようにしましょう。覚えておいて頂きたいのは、通信速度に妥協したくないという方は、Y!mobileUQ mobileのいずれかがオススメということです。

ソーシャルメディアの利用割合が大きい

ソーシャルメディアの利用割合が大きい

スマホを利用している中で、twitterやFacebook、LINEなどのソーシャルメディアを多く使う方も若年層を中心に増えているのではないでしょうか。そのような方にオススメな格安SIMを2つご紹介します。

まずはフリーテルです。フリーテルでは、「メッセンジャーアプリデータ通信量0円サービス」を提供しています。このサービスは、LINEトーク、WhatsApp、WeChatの3種類のメッセンジャーアプリのデータ通信量が無料で利用できるという太っ腹な内容となっています。メッセンジャーアプリは日々の生活に欠かせないものなので、その利用が0円というのは嬉しいですね。

次にLINEモバイルです。LINEモバイルでは「カウントフリー」という名前で、対象のアプリの通信量が0円になるプラン内容となっています。具体的には、月額500円〜の「LINEフリープラン」ではLINEのデータ通信量が無料となり、月額1,110円〜の「コミュニケーションフリープラン」では、LINEに加えTwitterやFacebookのデータ通信量も無料となっています。

メッセンジャーアプリやソーシャルメディアアプリの利用割合に多い方は、ぜひこれらのプランを有効にご活用ください。

データを大量に使うので容量無制限のプランを知りたい!

通信データを大量に使うという方には、容量無制限のプランがオススメです。格安SIM事業社の中には、データ容量無制限プランを提供している事業社も数多くありますので、こちらでご紹介していきます。

まずはUQ mobileの「データ無制限プラン」です。UQ mobileのデータ無制限プランでは、500kbpsと中程度の速度となるがデータを無制限に使うことができます。ただし、直近3日間で1GB を超えた場合には通信速度が制限される場合があるので注意は必要です。データを無制限に使うことができ、月額1,980円〜(税抜)で使えるということで、コストパフォーマンスもよいプランといえるでしょう。

次にDTI SIMをご紹介しましょう。DTI SIMの「ネット使い放題」プランでは、月額2,200円(税抜)で最大速度225Mbpsのデータ通信を無制限に利用できます。3日間での制限もないため、本当の意味で「使い放題」といえるプランです。ただ、実速度としての評判が良いわけではないので、実際にどれくらいの速度がでるのかは購入した際には留意したいポイントです。

続いてU-mobileの「U-mobile PREMIUM」。こちらのプランでは、月額2,480円(税抜)で最大下り375Mbpsの高速通信が使い放題となっています。本プランでは、回線自体はIIJの提供する回線を利用しているといます。実速度のテストでも安定した結果を残しているIIJの提供ということで、通信速度についても安心のプランといえるでしょう。

端末もセットでお得に購入したい!

端末もセットでお得に購入したい!
大手キャリアから乗り換えるという方の中には、スマホ端末もセットで購入したいという方も多いことでしょう。docomo回線ご利用中であればdocomo回線のMVNOを使用する、au回線ご利用であればau回線のMVNOを利用することで、現在ご利用中の端末をそのまま使うことも可能です。ただ、格安SIMに乗り換えるのを機に、端末も新たに購入するというのよいでしょう。

各MVNOでは、多くの場合、分割払いには対応しているので、初期費用の心配はないでしょう。企業ごとでいうと、Y!mobile(ワイモバイル)では、端末セット購入時に「月額割引」という割引が適用され、月額1,000円〜2,000円ほども端末代が安くなります。また、楽天モバイルのコミコミプランでは、端末代込で初年度は1,880円(2年目は2,980円)(いずれも税抜)という破格のプランも用意されています。

スマホ端末セットも一緒にお得に購入したいという方は、ぜひ楽天モバイルY!mobileをチェックしてみてください。

2週間以内によく見られているスマホセットプラン

2週間以内によく見られているSIMカードのみのプラン

2週間以内によく見られているスマホ端末

格安SIM特集

お得なキャンペーン情報

ページトップ